東浦町議会議員成瀬たかこ活動ブログ

みんなでつくろう!東浦のみらい
まちかどからみなさんにお話しさせていただく5日間に。

復職

2011-05-31 | 日記
5月21日から また仕事に行き始めました。
一旦退職しましたので、再入社です。
再就職先、再就職のタイミングをどうしようかと思っていたところ、
元同僚から「もうそろそろ体が限界です・・・」と泣きが。
元上司から「どうしますか?NOなら 求人をかけないといけないので・・・」と本音が。
退職してからの現場のことは 多少耳には入っていました。
やりり残したことは多く、もともと辞めるのは本意ではなかったですし。
待ってくれているなら、その間に戻ったほうがいいと決断しました。
夫は常に「自分で決めなさい」というスタンスなので、「そうか。」と。
17歳の娘は 結構シビアなことを言いました。
「えー?ホントにそれでいいの?
 おかあさん、イオンの仕事楽しかったかもしれないけど、
 同じくらいつらい思いもしてきたんでしょ?
 よく考えた?
 せっかく辞めたんだから、他の仕事考えるのもありかと思ったのに。
 まー、決めるのはお母さんだから、あたしが働くわけじゃないからいいけど。」
痛いところを突かれた、と思いました。
彼女は、母のわたしより正論を言い放つことがたまにあります。
(中学のときから、「セーラー服を着た35歳」と親子で笑っていました。) 
しかし、他の仕事に変わったとしても、つらいことはそこにもあるでしょうし、
働いてお金をもらうということは 楽しいだけではないことを
リアル46歳は知っています。

最後に出勤してから2ヶ月たっていました。
お世話になっていた会社は結構なスピードでものごとが進んだり変化するところなので、
2ヶ月の間にいろいろなことが変わっていました。
それでも「新入社員です」と優しくしてもらえたのは最初の3日ほど。
さっそく こき使われていろいろ任されています。
ありがたいことです。
結果が出せるとよいのですが。
コメント

ブログのタイトルについて

2011-05-18 | 日記
町議選に出ると決めたときから始めたこのブログ、
油断すると どうしてもプライベートすぎるネタに走ってしまい、
この記事たちの一体どこが「議会を変えよう!」なのだ?

議会を何とかしたい、という気持ちは今もある。
一大人として、勉強しないといけないこともたくさんあると実感している。
落選から1ヶ月余り過ぎても
ありがたいことに行く先々であたたかい言葉をかけてくださる方がいる。
それと同じくらいきびしいご意見をいただくことも。
その中には「4年後を…」というものもあれば
「議員でなくても 外からなにかできることを見つけて行こうね」というものも。
わたしの気持ちとしては
先のことは まだわからない。
とにかく今は 地に足を付けて 日々の生活をしよう。
その中で 子どもたちにまちを引き継ぐときに無責任なことにならないよう、
わたしなりの情報発信をしていければ と考えている。

近況としては こんな感じなので、
ブログのタイトルについても
他にいいものが思いつけば 変える日が来ると思う。
 
コメント

結果を整理しよう 最終回

2011-05-17 | 日記
選挙は あちこちに爪跡というか、産物というかを残しました。
これは良かった、とすぐに確信できることもあれば
長い目で見ないとよかったのかわるかったのかわからないこともあります。
良い悪いのどちらにもはいらないものもありますし。
自分に関してのことや、周りに関してのこともあり、
思いつくままに挙げてみましょう。



周りのこと


 今まで選挙に行かなかった友人が投票所に足を運んでくれた。

 子どもの友だちの中高生、有権者の卵たちが 選挙を身近にとらえてくれた。

 投開票日深夜まで友人や同僚が結果速報を気にして眠れず、翌日の仕事に支障を来したとか。

 政治活動用に買った携帯電話が長男に払い下げられ、長男ご満悦。

  



自分のこと


 新聞を以前よりじっくり読むようになった。

 5日間街宣にまわって、町内の地理や道路事情ににすこし詳しくなった。

 意外と身近なところに高校の同窓生がいることが判明した。

 小中の同級生と再会できた。

 友人との茶飲み話のネタに政治の話が加わった。
 
 苦言を呈してくれる友人や身内ほどありがたいものはないと知った。

 選挙運動中から落選後まで、あちこちで人の温かさに触れられた。

 選挙運動は、やり方次第で楽しいものになるとわかった。





そして、収支報告ですが、

各所への支払いとして手元から実際にお金が動いた件数   9 件  

支払った金額合計               202,890円  

 内訳明細については、ここでは差し控えさせていただきます。
 選挙カー(車上看板・拡声器をのぞく)にかかった費用、政治活動用の看板制作費も
 ここでは合算しましたので、選管への報告金額とは異なっております。


しかし、
他のみなさんは一体どれくらいお金をかけたのかしら…?
気になりませんか?
これ、実は 選管に行けば、誰でも閲覧する(見る)ことができるんですよ。
「候補者・運動員必携 地方選挙早わかり」に 公職選挙法192条 が引用されています。
閲覧できるのは、収支報告書の受理からむこう3年間の期間限定です。
候補者によって、お金のかけ方はさまざまだと思います。
それを見て 高いと感じるか、安いと感じるかも また。
興味のある方は、一度、役場2階の総務課へ足を運んでみてはいかが。
そのときは、是非 わたしも誘ってください。

 
 
コメント

日々是口実

2011-05-15 | 日記
もともとが怠け者ゆえ 
明日もあさってもずーっと休みだと思うと
家の中が何一つ片づかない。
あちこち散らかるのは片付ける時間がないから、
と言う言い訳は今のわたしには使えない。
わたしが働きに出る一番の理由はもちろん生活(費)のため。
でも影の理由は 家事からの逃避。
そして社会と繋がっていたい、というのも理由のひとつ。
二人の子どもの保育園・学童保育が始まってパート勤めの生活になって以来、
勤め先を変えるときもほとんど休みはとれず、
これほど長期間「仕事に出なかった」のは初めてだ。
気がつけばもう衣替えも目前、
さすがに家事も怠け続けるわけにはいかなくなってきた。
そして 再就職に向けても動き出し、
出勤指令がいつ出るかわからない身分に。
そういえば、あれもこれもしたかったはず、
俄然 焦りだす大ばか者・・・。
しばらくの間、好天が続きますように。
コメント

こんな制度ないかなー

2011-05-13 | 日記
どっかに忘れていたお金ないかなー、と
記帳忘れの通帳を記帳しにいってみたり、
引き出しの中に不審な封筒がないか探ってみたり。
食器洗い機買い替え資金のためです。

こんな補助金制度は いかがでしょう?

育児中のママや、働く主婦、自宅介護している家庭の家事負担軽減を目的とした
「高機能家事家電購入費補助制度」。
対象商品は 食器洗い乾燥機とか、乾燥機能付洗濯機、ルンバ、ほかにもあるかな?
こんなウレシイ制度があったら、人口流入加速間違いなし!
…と思うんだけどな。
コメント