東浦町議会議員成瀬たかこ活動ブログ

みんなでつくろう!東浦のみらい
まちかどからみなさんにお話しさせていただく5日間に。

新聞発表に思う

2011-02-27 | 日記
所用で息子の中学校へ出向きました。
土曜日のグラウンドには部活の生徒たちがひしめき、
野球、サッカー、ハンドボール、陸上など、
複雑に交差しながらの練習です。
見慣れた風景とはいえ、生徒数に比して狭すぎるグラウンド。
今日も事故がないようにと祈らずにはいられませんでした。





さて、本題。

朝刊にでましたね。
来年1月「東浦市」誕生、は知多版のトップ記事。
移行時期と新市名は検討委員会全会一致。

市制にむけて、 長期間にわたって調査や調整を続けてきた町の職員の方々にとっては、
やっとここまで漕ぎつけた、とホッとされているされていることでしょう。
当初平成22年春ごろ実施予定だった住民説明会・住民意向調査が
実際は平成23年1月になったりと
思わぬところで計画がずれ込み、ハラハラする事態もあったかもしれませんね。
でも、とにかくここまで来た。
・・・そうか。
タウンミーティングとアンケートのあとの運びが、どうも性急すぎる感じがしたのは、
動かせない、動かしたくないゴールがそこにあったからなのかしら???

知らないうちに乗っけられていたベルトコンベアーの着いた先にあるものが
輝ける未来であらんことを。
わたしは今46歳ですが、生きている間に答えは少しでも見えるでしょうか・・・。
子どもたちやそのまた子どもたちへ 胸をはって引き継げる「東浦市」にできるでしょうか。
ひとりひとりが考えて 行動しなければ、とあらためて思いました。
コメント

ベルトコンベアーに乗って

2011-02-25 | 日記
昨日の中日新聞朝刊県内版に
国勢調査速報が載っていました。
東浦町は5万人を80人超えたと。
あわせて 住民アンケートの回答集計もさらっと付け加えてありました。
「市になるの賛成!」と答えたのは83%。
「名前は『東浦市』がいい!」は87%。
わたしは 13%の「『東浦市』でなくても・・・」と答えた人の理由に興味があります。
アンケートではあらかじめ「東浦市が適当である」と前置きされていて、
他の選択肢を思いつかせないような問い方でした。
「新市の名前は何がいいですか?」とでも聞いてくれたらいいようなものを。
アンケートの集計が楽なように答えさせたかったのでしょうか。

今日25日召集の市制施行名称等検討委員会は、この結果をどうとらえ、
どう検討を進めたのでしょうか。
そして 蚊帳の外におかれた町民たちは、
ベルトコンベアーに乗って、市にむかってあれよあれよと運ばれていくのでしょうか。

住民アンケートの詳しい集計結果公表はいつでしょう。
検討委員会の議事録が公表されるのはいつでしょう。
町のホームページからは しばらく目が離せません。
コメント

行政サービスコーナー って?

2011-02-21 | 日記
イオン東浦に 東浦町行政サービスコーナー があります。

各種届け用紙が手に入ったり、証明書を発行してくれたり、現金で税金を払えたりします。

国保や固定資産税の納付ではわたしも利用しています。



先月のことです。

わたしも うっかりだったんですけど、

「市制移行に関する住民アンケート」を受け取ってもらえると思い込み、

記入してはりきって持って行きました。

郵送でも可ですが、ギリギリで郵送だと締め切りに間に合わなくなりそうでした。

そこで 勤め先に近いこともあり、ここに持ってきたわけです。

そしたら なんと、「ここでは 受け付けていません。」とのこと。

はぁ?そんなはずは・・・とカウンターの人と一緒に 提出先一覧を見直しました。

確かに、「行政サービスコーナー」は 入っていませんでした。

なんということ!

「住民の声を広く聞くためのアンケート」だったら、受け取る窓口は多いほうがいいんじゃないの?

家から一番近いのが公民館の人もいれば、「ついでに」出したい人にはイオン東浦とか最適なのでは?

行政サービスコーナーの存在って なんですか?

税金は受け取るけど、住民の声は受け取らない、

これが 東浦町の行政「サービス」コーナー の仕事だとしたら、残念です。

 
コメント

焦る気持ちとウラハラに・・・

2011-02-20 | 日記
やはりシロウトは哀しい― というお話です。

政治団体届は県の選管に一発で受理され、やれやれなのですが・・・

ブログ・ホームページは なんとか立ち上げました。

でも できるだけ多くの人にこの流れを伝えるためには 十分ではありません。

選挙の前、今ぐらいの時期になると「後援会のご案内」といった類の配り物が

手渡されたり、郵便受けに入っていたりしますよね。

わたしも早く作って配りたい!

でも 伝えたいことをちゃんと伝えようとすればするほど

理屈っぽくなったり、キツイ表現になってしまったり。

作っては直し、作っては直し、そして時間が経つほどに選択肢はどんどん狭くなっていく。

えいやっ、と印刷してバラまいてしまえばいいのでしょうが、

下手をすれば 応援してくれている人に迷惑がかかるようなことになってはいけないし、

読み手にヘンに誤解されるような表現は困るし。

ああ シロウトは哀しい。



コメント

ホームページができました。

2011-02-15 | 日記
こちらのブログと同じ名前です。
わたしのプロフィールや提案を載せてあり、リーフレットの内容とリンクしています。
これからさらに よりよい、充実したものにしていきます。
ご意見・ご感想などいただけたらうれしいです。
(ダメだしも 歓迎!)

こちらから。
コメント