東浦町議会議員成瀬たかこ活動ブログ

東浦町議会の16分の1を発信しています。

町制70周年とコラボ!【第8回おだい市&東浦セミナー】

2018-04-13 | 日記

まだ於大まつりも終わっていませんが…、
5月のイベントの告知です。

第8回おだい市&東浦セミナー 開催
5月19日(土)10時~16時
東浦町勤労福祉会館


A4版チラシはボランティアセンターなないろに設置してありますので、ご自由にお持ちください。

画像がつぶれて読みづらくなってしまいました(^^ゞ

 

今回は、町制70周年記念事業のひとつとして認定をいただきました!!

facebookページ「おだい市&東浦セミナー」でも情報発信しています。

みなさまのお越しをお待ちいたしております!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

すべての人に居場所と出番のある社会を【更生保護女性会総会】

2018-04-10 | 日記

平成30年度更生保護女性会総会が多くの会員のみなさん、保護司・協力企業のみなさんが参加して開催されました。



議事がすべて終了した後、29年度まで会長を6年務められた平林満江さんから、ご自身が取り組まれている子ども食堂はるたまの活動報告がありました。

開かれるまでの準備のご苦労もわたしは今日初めてお聞きしました。
月一の回を重ねるごとに繰り広げられる微笑ましい光景の数々に、地域のみなさんの居場所として大切な存在となってきていることが伝わってきます。
はるたまでは、まだ入園まえの小さいお子さんからおじいちゃんおばあちゃんまで、自然に触れあえて何かしらの出番があります。
この「はるたまイラスト」は高校生が描いてくださったものだそうです。


総会会場の文化センター横の明徳寺川の河原では、21日土曜日開催の於大まつりに備えて草刈りと清掃が行われていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新年度!コミュニティ総会。

2018-04-08 | 日記

地元生路コミュニティの年次総会に参列し、
ごあいさつさせていただきました。

生路地区在住の町議会議員は、原田悦子議員、長屋知里議員とわたしで3人おりますが、今日は私が代表でご挨拶をさせていただきます。
生路コミュニティ平成30年度総会 開催おめでとうございます。
普段は私自身もコミュニティの部会の一員として準備から、後片付けまで行事に参加させていただいています。
こうして来賓として高い所にいるのはなんだか落ち着かないものです。
年度初めのまだまだお忙しい中こうしてこのようにたくさんのみなさんが時間のやりくりをして参加していただいていることをありがたく感じています。
みなさんの中にはコミ活動を積極的に楽しんで見える方もあれば、番がまわってきたから、役があたったから仕方なく1年努めようという方ももちろん見えると思います。
たまたま同じ地域に住まいをかまえ、顔をあわせることになった、これも何かのご縁です。
わたしたちの暮らしは、地域なくしては成り立ちません。この生路をこれからも住みよい、あたたかい地域にして子どもや孫たちに引き継いでいきたいですよね。
そのために何かしらの役に立てるなら光栄だとわたしは思いますし、みなさんにもそのことを感じながら楽しく1年間ご一緒できたらなあと思います。
長屋議員は企画広報部会、原田議員は環境厚生部会、成瀬は保健体育部会でお手伝いさせていただきます。
生路のますますの発展と、みなさんとみなさんのご家族のご健康とご多幸をお祈りして、ごあいさつにかえさせていただきます。

 
生路コミュニティはちょうど30周年を迎えたところです。

町内の各コミュニティで、町議の関わり方はそれぞれあります。
わたしの住む生路は、5つある部会のどれかに一人づつ参加することになっていて、
来賓として出席することになる行事でのあいさつは3人の輪番制で、今年のコミュニティ総会はわたしの番だったというわけ。

おまけとして、
東浦町議会議員は議長入れて16人。
生路地区は人口が一番少ないコミュニティです。
人口当たりの議員数でいくと最も多い計算になります。
そしてその3人ともが女性(所属は保守系第一会派、幸福実現党クラブ、無会派)というのも、おもしろいと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「閉ざされた議会」に向かって

2018-01-24 | 日記
「開かれた議会」ってよく耳にするけど「開かれた議会」って、何?
「開く」ものと言われて真っ先に連想するのは、何?
わたしは、ドア。



ドアが開いていると、

ドアの向こうが見える。
ドアの向こうの音が聞こえる。
ドアの向こうの空気が渡ってくる。
ドアの向こうに行ける。


ドアが閉じていると、
ドアの向こうは見えないし聞こえないし行けれない。
何が起こっていてもこちらにはわからない。


簡単なこと(^ ^)

「開かれた議会」っていうのは
議会の外にいる住民から
見える
聞こえる
何をやっているかわかる
議会ってことじゃない?



じゃあ、東浦町議会はどう?っていう話。

見える?聞こえる?
(平日の昼間、議会がやってる時に役場に行ったら見えるよ。聞こえるよ。)
何をやってるの?
(議会が終わったら翌々月に「議会だより」が出るよ。)
東浦町議会のドアは
「開いている」と言っても、隙間程度。

住民は、もっと見たい、聴きたい、知りたい、そっちに近づきたいと思って
もっとドアを広く開けてくださいな、と意思表示した。

議会は「わかった。もっと開ける。」と言った。
でも住民の側から見ていると、実際にはなかなか開かない…。

住民は、「開けてくれる、って言ったよね?どうしたの?」

議会は「開けるよ。開けるけど、ドアを開けるよりもみなさんから求められていることがあるからそっち先で、そのついでにドアも開ける。」

住民「この前は、他のことは頼んでない。頼んでないことを先にやるの?」

議会「住民が何を求めているかは、議会に届いた住民からの直接の声じゃなくて、議会が決めることだよ。」

住民「何それ?」

議会「何か問題でも?」




そうそう、ドアが開いていると、向こうからこっちも見える、聞こえるよね。
行けるだけじゃなくて、向こうから来ることも。
隙間ほどしか開いていないドアは、住民が入れないだけじゃなくて
議会も住民の方に出ていけないってこと。
議会は、住民の方に出て行かなくていいと思ってるのかな?
出て行こうという気があれば、議会の方からドアを広く開けるのは簡単なはず。
何ならドアの数を増やすことだってできるのに。
それを開けないってことは、その気がないってことだ。


住民はいつまでドアの前でおとなしく待っていられるか。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自分たちで決めたことは、守ろう。【議会のあり方検討特別委員会第5回】

2018-01-15 | 日記

新年一つ目の記事がこんな内容で残念なのですが、今日は「議会のあり方検討特別委員会」の5回目の会議でした。
9月定例会で設置されたこの特別委員会ですが、5回目に至って未だ今後の進め方が決められないでいます。
わたしが一番心を痛めているのは、6月定例会で採択した「開かれた議会をめざす請願」で住民から求められた議会の映像配信がこの特別委員会においては手つかずのまま置かれていることです。
あり方検討特別委員会設置の議決にあたり、本会議質疑で「この特別委員会の最優先取り組み事項とする」ことを確認しています。
そのうえで、特別委員会を設置することを議決したのではなかったのか。
請願採択から半年を経過して、映像配信をどういう形で行うかの話し合いはまとまらないというか、どこの場で話し合うかが決まらず足踏みしている状態です。
特別委員会設置から5回も会議を重ねて、「最優先で取り組む」はずだった議会の映像配信についての議論は全くと言っていいほど進んでいません。
請願の採択も、特別委員会設置しての最優先取り組み事項も、本会議での議決がこんなにも軽いものだったとは、驚きを隠せません。
こんなことでいいわけはないと思うのですが、特別委員会の委員長はじめ、委員の大部分がこの状態に危機感を抱いていない…。
「議事機関としてのあり方を調査研究する」ことを目的として特別委員会の設置を本会議で議決したのは、他でもない議事機関であるわたしたち「議会」。
自分たちで決めたことを守れなくて「議事機関」とはよく言えたものです。
請願の採択も、委員会設置も、本会議で議決したということは、「住民に対して約束した」ということでしょう?違いますか?
自分たちで決めたことを、実行できなくても平気な東浦町議会。
新年早々、残念で、悔しくて、情けなくて、なにより町民みなさんに申し訳なくて。
涙も出ません…。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加