志情(しなさき)の海へ

琉球弧の潮風に吹かれこの地を掘ると世界と繋がるに違いない。世界は劇場、この島も心も劇場!貴方も私も劇場の主人公!

首里方言ではなく琉球古典語と表記・発言なんですね!このブログで何度か指摘していたことですがー。

2019年01月09日 15時08分40秒 | 琉球・沖縄芸能:組踊・沖縄芝居、他

波照間永吉先生は芸大で組踊は首里方言として教えていますね。このブログで授業要綱をUPしています。王府時代ですから首里方言でありえませんね。国立劇場の研修生は首里方言として組踊の詞章をまだ学んでいるのでしょうか?

ユネスコの説明・概要もこのブログでUPしています。ようやく今頃変化が見られますね。やっとです!

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「沖縄芝居」の舞台美術、道... | トップ | 2019年は、組踊上演300年記念... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

琉球・沖縄芸能:組踊・沖縄芝居、他」カテゴリの最新記事