志情(しなさき)の海へ

琉球弧の潮風に吹かれこの地を掘ると世界と繋がるに違いない。世界は劇場、この島も心も劇場!貴方も私も劇場の主人公!

是枝裕和監督はリアリストなんですね!「細野晴臣 daisy holiday!」 ゲスト:是枝裕和 トーク部分

2018年06月13日 10時52分44秒 | 映画

思うに、素材は現実にあったことなんですね!フィクションではないのですね!

「細野晴臣 daisy holiday!」 ゲスト:是枝裕和 トーク部分

https://www.youtube.com/watch?v=RUCH30ZDgHY

あとで拝聴しますが、監督は現実の現象を映像化しているのですね。つまりフィクションで飛ばしているわけではなく、現実を見据えるとシュールになるというより、象徴的に浮き彫りにしている手法は凄いですね。何でもない日常にある軋み、隙間、関係性の問題がメタファーでもなく、ひとつの物語に収斂している感じなのですね。

疎外された家族をとおして社会の芯が見えてくるのですね。根はリアリズムなんですね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« →人間の個としての尊厳と収奪... | トップ | 新基地建設のために頑張る沖... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事