1/5,6の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2020-01-07 09:49:11 | POG

『ディープインパクト好配合リスト(2016)』で望田潤が推奨したサウンドキアラ(牝5歳)が日曜京都11Rの京都金杯(G3・芝1600m)を勝ちました。

サウンドキアラ(牝・母サウンドバリアー)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2015104322/
母サウンドバリアーはフィリーズレビュー勝ち。ビリーヴの近親で、Danzig≒Great Lady M.のニアリークロス(Northern Dancer≒IcecapadeとPetitionとOlympiaとFighting Foxが共通)4×3を持ち、短距離でDanzig的なスピードを発揮したのもビリーヴと同じ。全姉サウンドラブリーは案外スピードがないが、もっと走る馬が出て不思議ない配合だと思う。(望田)

日曜中山5R500万下 サトノフラッグ(ディープ・望田)
日曜京都11R京都金杯3着 ボンセルヴィーソ(POG・望田)
月曜京都4R障害未勝利 シングルアップ(一口・望田&栗山、POG・望田)
月曜京都10R新春S クライムメジャー(一口・栗山)

--------

バラダセールは亜オークス(亜G1・ダ2000m)や亜1000ギニー(亜G1・ダ1600m)などに勝ったアルゼンチンの3歳牝馬チャンピオンですが、血統表を見てのとおり3代母La BambucaがBambuca2×2、このBambucaはDark Ronald~Son-in-Lawのラインですね
そこに配されたのがAll Moonshine≒Hyperionの3/4同血クロス4×3を持つMariache、クルミナルやピオネロの母クルソラやレノヴァールやアーカイブの母データにも入りますが、当然Hyperion的な粘着力を伝える血です





そこに配されたConfidential Talkは父Damascusで母母Numbered AccountですからPrivate Accountと3/4同血で、これはまさに北米パワーの権化と言っていい血ですね
そこにアルゼンチンのリーディングサイアーNot for Saleが配されたのがバラダセールというわけで、このNot for SaleはSwaps4×3でHyperion6×5・5、父系がCaroなので“アルゼンチンのタマモクロス”というべき配合ですが、やはりHyperion的な粘着力に富む血といえます



バラダセール自身はSwaps4・5×6ぐらいで強いクロスは持たないので、相手種牡馬の持ち味を引き出しながらHyperion的粘着力でそれを支える繁殖というべきでしょう
特にディープインパクトやハーツクライを配するとLyphardのクロスになるので、Lyphardはハイインロー血脈と合わせるとCourt Martial的粘着力をより表現するので、レガシーワールドやブラックタイドやバブルガムフェローやディープブリランテのように前で受けて粘り強い中距離馬が出やすいだろう、ってなLyphard論を昨日は少しやってました



ようするにディープインパクト×バラダセールはディープインパクトというよりブラックタイド的な脚質になりやすいだろうということで、父ハーツクライの姉ダンサールも前で受けたらしぶとい馬ですが、中山内2000で好位からジワジワ番手上げてって直線も確かな足どりで後続を更に突き放すという昨日の勝ち方は、なかなかLyphardらしくて、ディープブリランテっぽくてよかったですね


コメント (16)   この記事についてブログを書く
« 月曜のボツ予想~スズカマン... | トップ | 土曜のボツ予想~全兄も京都... »

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2020-01-07 14:36:19
マーフィーにずっと乗ってもらえれば心強かったんですけどね
まあ目立つ癖がある馬では無さそうなので、あまり乗り手ないでしょうけど
シングルアップ (ミスターシービー2号)
2020-01-07 16:36:35
あら、1200mと間違えて又ハナへ?と思ったらスピードの違いで先手を取りそのまま押し切りました。飛越も1度だけ危なっかしい所はあったけど無難にこなし障害初勝利。(通産3勝目)ブライトクオーツとシルクの障害馬2頭になりました。
Unknown (MJ)
2020-01-07 16:59:44
レース観ながらクレバーさんと言ってたんですが、飛越が遠いし高いですよね(^ ^;)あれだと疲れると思うので、もう少し慣れて上手になってほしいです
騎手コメント(シルクHPより) (ミスターシービー2号)
2020-01-07 18:38:38
森一馬「(前略)ゲートを出てからもムキになることはなく、自然とハナに立てたぐらいでしたし、飛越そのものも安定していました。2周目の水郷の後の障害で少し遠めから飛越しましたが、その次の障害は馬自身が完歩を合わせて飛んでいたぐらいですから、学習能力の高さを感じましたよ。(中略)2戦目としては上出来のレース内容だったと思います。上のクラスで通用するにはもっとリラックスした状態で臨まないといけませんからその点を克服できるように調教で教えていきたいと思います。(後略)」
JRA賞最優秀障害騎手に選ばれた森クン、良く教えてやってや。
出資馬近況 (ミスターシービー2号)
2020-01-07 20:10:38
栗東でG練習中のMJピック馬アンジェロフィリオは4日ゲート試験に合格し5日放牧に出ました。
ディープ死すの報に慌ててMJピック馬を辞めて(失礼!)出資申込をして叶ったレクセランスの全弟はNF早来で順調、現在443キロです
Unknown (どばた)
2020-01-08 12:43:36
こんにちは
父母相似配合ですが、父も母もある程度以上競争能力が高い方がいいのでしょうか?POGでキズナの2歳をみていて、血統的には父母相似配合の馬をみつけたのですが、しかし母親が未勝利という馬で、どう判断したら良いものか迷っています。
Unknown (MJ)
2020-01-08 14:13:13
そうですね~ただ、母が競走成績がない場合でも、脚元が弱くてほとんど使えないまま未勝利で引退とか、能力は合ったけど気が悪くてレースでは力を出せずに終わったとか、そんなケースは考慮すべきでしょうけどね
Unknown (どばた)
2020-01-08 23:12:43
お返事ありがとうございます、たしかにそうですよね、能力の再現性を重く見た理論でしょうし。母親は1戦しかしていないようですし、そのきょうだいはGI馬を含め、重賞勝ち馬が複数出ているようなので、素質はあったのかもしれない、と思って今後の動向を見守ろうと思います。
Unknown (MJ)
2020-01-09 00:37:09
たとえばキセキも父母相似配合と私はとらえていますが、母ブリッツフィナーレは歩様が悪くてけっきょく未出走で繁殖入り、ただ全弟グレーターロンドンが重賞勝って種牡馬入りしたように能力はあったと思うんですよね
Unknown (どばた)
2020-01-09 06:21:40
重ねてありがとうございます、そういったヒントを元に考慮することにします

コメントを投稿

POG」カテゴリの最新記事