ディープインパクトと「ナスキロ」

2011-04-19 14:27:43 | 血統予想

NETKEIBA「プレミアサービス」「競馬総合チャンネル」では、「POGレース分析」と題して新馬未勝利戦勝ち馬の血統解説と評価をしています
今週(木曜公開)の一部を掲載します

●レッドセインツ(牡)
父ディープインパクト、母サセッティ(その父Selkirk)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2008103154/
4/16阪神・はなみずき賞(芝1800m良)1分47秒2(クビ)
 ハーツクライやダイヤモンドビコーでおなじみのMy Bupers牝系。小柄で母父Selkirk(Qエリザベス二世S)のマイラーっぽさも出た体型走法で、ここ2走は2000mで結果が出ませんでしたが、距離短縮で変わり身をみせましたね。母系にRivermanが入ってナスキロのクロスになるので外回り向きの斬れもある馬です。
B:芝ダ1400~1800

--------

ここまでディープインパクト産駒は阪神外回りの重賞特別を4勝していますが、その4頭、マルセリーナ(Mill Reef,Sir Gaylord)、レッドセインツ(Riverman)、トーセンレーヴ(Caerleon,Sir Gaylord)、リベルタス(Mill Reef)はいずれもナスキロ血脈を持っています

また京都外回りの重賞特別は3勝していますが、マルセリーナ(前出)とダノンシャーク(Caerleon,Mill Reef)はナスキロ持ちで、きさらぎ勝ちのトーセンラーだけは母系にナスキロを持っていません

ここから推し量れることは、

・ディープインパクト(の母父Alzaoの母父Sir Ivor)にCaerleonやMill ReefやSir Gaylordといったナスキロ血脈を合わせると、外回り向き、長い直線向きの柔らかな斬れ味が表現されやすい

・トーセンラーのきさらぎ勝ちはyさんへのレスにも書いたように、斬れで差したというよりは「サンデー×Lyphard×ハイインロー」らしい前受けでの勝利とみたい

ということじゃないかと

たとえばドナウブルーやスマートロビンは母系にナスキロ血脈がないので、こういう配合は外回りで追い込んでもあんまり味がなくて、やっぱり内回りで俊敏さや粘っこさを活かす脚質に出やすいでしょう

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« サンデー×Lyphardにみる“ハイ... | トップ | 持続力を信じられるか »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (ハック)
2011-04-20 13:42:30
最近、血統に興味を持ち始めた者です。
いつも望田さんのブログで、勉強をさせていただいています。

ど素人の質問で申し訳ないのですが、Nasrullahの血とPrincequilloの血は、「ナスキロ」と一括りになっていますが、なぜ互いに相性がいいのですか?
「Nasrullahの〇〇とPrincequilloの〇〇が~な関係で・・・」のように、具体的な理由があるのでしょうか?

「ナスキロ」だけじゃなく「HyperionとSon-in-Law」や「War AdmiralとLa Troienne」などが互いに相性の良い理由も知りたいです・・・なんて、わがままでスイマセン。

血統の奥深さに苦しんでいます。
でも楽しくて仕方がありません。

今後、時間がある時で構いませんので、ご教授いただけないでしょうか?
Unknown (MJ)
2011-04-20 15:04:58
「ナスキロ」や「ハイインロー」のようなニックスと呼ばれる組み合わせは、クロスやニアリークロスで説明できるものもそうでないものもあります
クロスで説明できない場合は、体質や体型的似ているとか、あるいは互いに補完的な関係が成立しやすいとか、そういうことになりますが、その組み合わせから活躍馬が多数出て、代を経てもニアリークロスや組み合わせのクロスで威力を発揮している、という事実のみからニックスとみなしている場合もありますよ
「ナスキロ」の場合は、Nasrullahの柔らかさ+Pricequilloの長手の体型=ストライド走法として成功しやすい、というふうに解釈してます
どうもありがとうございました! (ハック)
2011-04-20 23:23:15
二つの血が互いに補い合うという発想は、恥ずかしながら全然ありませんでした。

余談になっちゃいますが、ゲームがきっかけで競馬を好きになった影響で、自分はNasrullah=気性難というイメージが植えつけられてしまっています。
(^_^;)


目からウロコなことばかりでした。
丁寧な説明、本当にありがとうございます!


Unknown (烏龍)
2011-04-21 09:39:15
自分も昔、ダビスタに、はまったのが、きっかけで血統に興味を持ちました。自分が作った馬が凱旋門賞を勝った時の喜びは今でも、覚えています。結構、ゲームが、きっかけで、血統に興味持った方は多いと思います。
Unknown (MJ)
2011-04-21 10:16:46
メタボ博士もそうだったなあ…
30代半ば以降で血統やる人はダビスタがきっかけってケースは多いですよね~
Unknown (ハック)
2011-04-21 13:26:30
そういう方は多いんですね。

配合を考えて強い馬を作るのは、現実もゲームも同じことですしね。

ゲームだと、ただ作業的に血を利用するだけだったので、深くは考えていませんでしたが、現実は種牡馬ごとに配合も千差万別で、競馬場のコースによってもまた適性の差が出ますし、考えれば考えるほどのめり込んでいきそうです。

なのにいざレースが始まると、その馬の体調や展開などで、能力やコース適性通りの結果にはならないってのが、競馬の面白いところですね。

コメントを投稿

血統予想」カテゴリの最新記事