8/21~25の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2019-08-26 10:00:11 | 共有クラブ
『一口馬主好配合馬ピックアップ(2017)』で望田潤と栗山求がダブル推奨し、『望田潤のPOG好配合馬リスト(2018)』で望田潤が推奨したマイネルメーア(牡3歳)が水曜名古屋9Rの名古屋CCライム賞(JRA交流競走)を勝ち上がりました。

★ラフィアンターフマンクラブ
父ゴールドアリュール
母パシフィックベル(アフリート)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104224/
牡 募集価格:2800万円
母パシフィックベルはフラガラッハなどを産んでいる名繁殖スキッフルの半妹にあたり、産駒はメジロシーゴー(JRA3勝)、メジロチャンプ(JRA3勝)などコンスタントに走っています。ゴールドアリュール×アフリートはランウェイワルツやサイモントルナーレなどと同じで、Nureyevのクロスはクリソライトやシルクフォーチュンなどと同じ。全体としてもゴールドアリュールのダート馬として満点に近い配合パターンといえます。実馬も何度か見せていただきましたが、ダートのマイラーとしてオープンを狙える芯の強さを感じました。安くない募集価格ですがイチオシしたい馬です。(望田)
【10月12日追記】
母パシフィックベルはパワー型のスピード配合なので、父ゴールドアリュールといかにも合いそうな繁殖牝馬です。本馬はNureyev3×3。同じ配合からシルクフォーチュン(根岸S、プロキオンS、カペラS)が出ているので問題ないでしょう。Nureyevはゴールドアリュールと相性が良好です。母は近い世代にMr.Prospector、Northern Dancer、Shoot a Lineを併せ持っているので、ダート向きの名種牡馬サンダーガルチ(米二冠馬でバトルラインの半兄)とよく似た配合構成です。「ゴールドアリュール×サンダーガルチ」の組み合わせからは今年のユニコーンS(G3)を勝ったサンライズノヴァが出ています。どこをどう切っても好配合なので、確実に走ってくるでしょう。(栗山)

マイネルメーア(牡・父ゴールドアリュール・母パシフィックベル)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104224/
メジロシーゴー、メジロチャンプ、メガポリゴンの下。母父がMr.Prospector系でクロスがNureyev3×3というのはゴールドアリュール産駒の成功パターンだ。ガッチリ筋肉質の短距離体型で、2歳の早期からダ短距離をビュンビュン逃げてアフリート魂全開だろう。(望田)

『一口馬主好配合馬ピックアップ(2017)』で栗山求が推奨したレッドシルヴァーナ(牝3歳)が土曜小倉6Rの未勝利戦(ダ1700m)を勝ち上がりました。

★東京サラブレッドクラブ
父ロードカナロア
母シルバーフォックス(母の父クロフネ)
牝 募集価格:2600万円
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104499/
全姉に2歳未勝利戦(芝1400m)を勝ち上がったレッドシャーロットがいます。母シルバーフォックスはトリップ(ジャパンダートダービー-2着、弥生賞-2着)の全姉、2代母ビーポジティブはトゥザヴィクトリーの全妹でクイーン賞(G3・ダ1800m)の勝ち馬、という良血です。新馬戦を勝ったトゥザフロンティア(1戦1勝)とは父が同じで母同士が全姉妹なので、ほぼ4分の3同血といえる関係です。いまのところロードカナロア産駒はSpecial牝系、Hyperion血脈の強いもの、Ribot血脈、Prince Johnなど、重厚さを増す配合が成功しています。本馬はNureyev5×3でHyperion色の強い配合構成なので、成功パターンに当てはまります。芝向きのスプリンター~マイラーとしてコンスタントに稼いでくれそうです。(栗山)

『望田潤のPOG好配合馬リスト(2018)』で望田潤が推奨したマイサンシャイン(牡3歳)が土曜札幌3Rの未勝利戦(ダ1700m)を勝ち上がりました。

マイサンシャイン(牡・父ゴールドアリュール・母フラッテローザ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104832/
母はフリオーソの全妹。母系にRobertoとMr.Prospectorが入るのはコパノリッキーと同じ。Mr.ProspectorとNureyevが入るのはクリソライトと同じ。紛れもないゴルア黄金配合で、全姉ゴールドステップは未勝利に終わったが、待望の牡だから砂の大器の期待が膨らむ。帝王賞を3連覇ぐらいしても驚けない血統だ(帝王賞は期間外ですね)。(望田)

日曜新潟8R500万下 グラマラスライフ(POG・望田)

--------

マイネルメーアはサマーセール前にレイクヴィラさんちで見せてもらって、ゴールドアリュール×アフリートでAureole≒ハイハット7×5だからおそらく馬群ダメだろうけど、ゴルア黄金配合でこの出来ならば期待できるんじゃないかと言ってたんですよね
だからレイク勢と顔を合わすたびに「メーアなかなか走らんですねえ…」「もうハナに行くしかないんかなあ…」みたいなのが挨拶代わりになってましたが(^ ^;)、ここまで[1-0-1-5]でハナ切ったときは[1-0-1-0]、今後はダッシュ力に磨きをかけるか、あるいは番手でも我慢できる精神力を身につけていくか、ですかね





マイサンシャインもようやく勝ち上がりましたが、オジオコPOGでゴルア枠はこれとクリソベリルで迷って、この二択を間違わなければ連覇やったのに…と悔しがっても後の祭り(^ ^;)
まあスキッフルの牝系もフリオーソ産駒も概ね晩成なので、これからの成長には大いに期待しています

何度か書いてるネタですが、ゴールドアリュールはVaguely Nobleを引くのでスマファル師匠のように逃げると異常に頑張るような気性の産駒が多く、「ダートで逃げたときの勝率ランキング(2015年以降,出走50以上)」では第4位ですね


コメント   この記事についてブログを書く
« 日曜のボツ予想~夏場の1400... | トップ | 「一口好配合ピック」キャロ... »

コメントを投稿

共有クラブ」カテゴリの最新記事