ベリアーニ牝系とAphrodite≒Eight Thirty≒War Relic

2013-06-17 21:34:06 | 配合論

ちょうどパドトロワが函館SSを勝ったので、ベリアーニの牝系についても簡単に触れておきます

ベリアーニの3代母AphroditeはPilate×My PLay(Man o'War全弟)でRock SandとFairy Goldのクロスなので、Eight Thirty≒War Relic≒Good Exampleとはニアリーな関係

http://db.netkeiba.com/horse/ped/000a00625a/

Pilate
Aphrodite
│ ┌Fair Play
│┌My Play
└△└Mahubah

Pilate
Eight Thirty
│  ┌Fair Play
└△┌Man o'War
 └△└Mahubah

この牝系からは下記のように6頭の重賞勝ち馬が出ていますが、フジキセキ(In RealityとEight Thirty)、スウェプトオーヴァーボード(Damascus→Speed Boat)、ブライアンズタイム(Eight Thirty)、エアジハード(ロイヤルスキー経由でIntent→War Relic)と、そのうち4頭の父がEight Thirty≒War Relicの血を持っていたのは偶然ではないでしょう

ベリアーニ(Nureyev)
スターバレリーナ(Risen Star)ローズS
│├グランパドトゥ(フジキセキ)中日新聞杯
││└パドトロワ(スウェプトオーヴァーボード)重賞3勝
│├アンドゥオール(ブライアンズタイム)重賞2勝
│└ステレオタイプ(サンデーサイレンス)
│ └ロゴタイプ(ローエングリン)皐月賞ほか
└アグネスミネルバ(トニービン)
 └アグネスラズベリ(エアジハード)函館SS

パドトロワの場合は、War Relic=Speed Boat≒Eight Thirty≒Aphroditeの薄い継続クロスになっているわけですね~

クロペリオン三人娘の“最後のひと手間”Good Example≒Eight Thirty≒War Relic
http://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/4be4bf2c13cf0caf629780d5abfe1c92

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« クロペリオン三人娘の“最後の... | トップ | 「望田潤の2歳勝ち馬評価」先... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この4つの種牡馬 (やっぱり君)
2013-06-17 22:27:26
どの種牡馬もノーザンテーストと出会った時にパワー寄りにシフトする傾向のある種牡馬のような印象を持ちましたが何か関連があるのでしょうか。
(例によって勘違いでしたらお許しください。)
今の件 (やっぱり君)
2013-06-17 22:39:02
もちろん”NTでパワーシフト”は全般的には大なり小なりどこでも発生する傾向だとは思いますが「特に気になった」という意味です・・・すみません。
Unknown (MJ)
2013-06-17 22:42:03
ノーザンテースト自体がパワーをシッカリ伝える血ですから…としか言いようがないです(^ ^;)
ありがとうございます。 (やっぱり君)
2013-06-18 14:28:19
お手数をおかけしました。
ところで今サラブレの特集記事を読み返しているところです。

コメントを投稿

配合論」カテゴリの最新記事