孫の代でも代表産駒を叩き出すディープ×Storm Cat

2020-03-17 10:17:26 | 配合論

配合大喜利で決定したビッグアーサー×ベッキーですが、無事に牝が産まれました(・∀・)



シャインパーミットもビッグアーサーの牝を出産、これは繋ぎがゆるゆるだそうで、ナスペリオン的に芝に振った配合なのでまあイメージは描けます(・∀・)

そういえばベルベットローブは今新冠橋本牧場にいるんですが、シャインガーネットのファルコンS快勝につき、今年オルフェーヴルを配するべきか悩みだしたようです(笑)ちなみに去年はドレフォンいきました

オルフェーヴル、というかステイゴールドとGone Westもまあまあニックスですからね、Gone WestはMixed Marriageいじらないと味がないです

--------

前エントリで書こうかと思ったんですが、ちょいと大きなテーマになりそうなので別腹でということで

ラウダシオンは栗のピック馬ですが、現時点のリアルインパクトの代表産駒で、母系にUnbridled's SongとStorm Catが入るという点で、この二つのニックスがディープインパクト孫世代でも有力だと証明したことになります(ビアンフェの母母もUnbridled's Songの全妹)





ワールドエースの現時点の代表産駒はオータムレッドですが、これは母ティッカーコードがStorm Cat≒Chapel of Dreamsの3/4同血クロス2×4です

そしてディープブリランテの代表産駒はモズベッロとセダブリランテスとラプタスの重賞勝ち3頭ですが、このうちモズベッロとラプタスの母系にもStorm Catの血が入るんですよね





すでにStorm Catを取り込んでいるキズナを除けば、ディープインパクト系種牡馬は概ね、Storm Catとのニックスで代表産駒を輩出しているということになります

トーセンラーの代表産駒アイラブテーラーもStorm Catの血は引きませんが、Habitat経由のSir GaylordクロスでHabitatらしい前駆のいい走りで、ディープ×Storm Cat的な柔の方向に振った配合とはいえます

Storm Catとのニックスが最も成功しているリアルインパクト(JRAに4頭が出走しラウダシオンなど3頭が勝ち馬)は、トキオリアリティーの息子らしくディープ系らしからぬ締まりの強い体質を産駒にも伝えています

いつも書くように、サラブレッドの配合とはいろんな意味において揺り戻しの繰り返しですから、Storm Catを使わず“剛”の方向に振れたディープ系種牡馬ほど、Storm Catを使って“柔”に振り戻すのが効果的である、ということがリアルインパクトやディープブリランテやワールドエースなどの産駒においては言えるのではないかと

ではディープインパクト×Storm Catで成功したキズナの場合はというと、今のところStorm Catの血を増幅した配合が成功しているような印象ですが、ディープインパクトのもう一つの有名なニックス、デインヒルとの配合もなかなか高確率で走ってるんですよね



時節柄ディープ系種牡馬やディープ肌の配合にあれこれ頭をひねることが多いんですが、直仔でどっちに振れて、孫でどっちに振り戻すべきかというね、そんな視点でいくとある程度方向性が程度定まってくるのではないかと思いますね


コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 3/14,15の血統屋コンテンツ推... | トップ | 金曜のボツ予想~配合は機動力型 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (MJ)
2020-03-17 18:51:31
人間のベッキーも同じ日に産んだかも?
Unknown (カズヤ)
2020-03-17 20:49:13
片岡×ベッキーの仔だと母父に英国の血って感じですかね
Unknown (MJ)
2020-03-17 21:37:00
今年はジャイアンツ系ブリックスアンドモルタルを付けようかと生産者は悪ノリしてます
Unknown (Unknown)
2020-03-18 10:46:20
お忙しさも一段落でしょうか。ストレートな血統論を摂取して体が喜んでいます。
シャインパーミットはカナロアが合いそうですが種付け料がいかんせんネックですな。
Unknown (ぴよぴよ)
2020-03-18 11:54:47
すみません、単純な疑問なのですが、
配合を考える時に、当然この配合なら走りそうやなーとは考えると思うのですが、この配合で牝馬なら繁殖として期待できるなーというのも考えたりするものなのでしょうか?
Unknown (MJ)
2020-03-18 13:39:53
そうですね、生産者さんはもちろんですが、繁殖をお持ちになる馬主さんも増えてきましたから、最初にそこはミーティングしますよ

コメントを投稿

配合論」カテゴリの最新記事