10/6~8の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2018-10-10 09:05:24 | POG

『ディープインパクト好配合リスト(2015)』で望田潤と栗山求がダブル推奨したサトノダイヤモンド(牡5歳)が月曜京都11Rの京都大賞典(G2・芝2400m)を勝ちました。

◎サトノダイヤモンド(牡・母マルペンサ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2013106101/
母マルペンサはR.V.マンシリャ大賞典(亜G1・芝2000m)勝ち馬で、Halo 4×3、Northern Dancer 4×4、Natalma 4・5×5、血統表の3/4で Almahmoud の血を何重にもクロスしている。自身は Halo≒Sir Ivor 3・5×4・5。母父 Orpen は名マイラー Lure の代表産駒でモルニ賞(仏G1・芝1200m)勝ち。中距離で奥行きがあるかとなると疑問もあるが、速攻系マイラーとして有望でPOG向きだ。(望田)

★サトノダイヤモンド(牡・母マルペンサ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2013106101/
セレクトセール当歳で落札価格2億3000万円。母マルペンサはアルゼンチン産で、コパデプラタ大賞(亜G1・芝2000m)、クリアドレス大賞(亜G1・ダ2000m)、ヒルベルトレレナ大賞(亜G1・ダ2000m)を制覇。Northern Dancer 4×4の片方が Danzig を経ているという好パターン。母の父 Orpen はデインヒルと配合構成が似ており、その父 Lure は Bertolini(ジェンティルドンナの母の父)と同じ Danzig×Alydar という組み合わせ。初子だけに手探りの部分もあるが、まともなら走ってくる。(栗山)

『ディープインパクト好配合リスト(2018)』で栗山求が推奨したグランアレグリア(牝2歳)が土曜東京11RのサウジアラビアロイヤルC(G3・芝1600m)を勝ちました。

グランアレグリア(牝・母タピッツフライ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104532/
サンデーサラブレッドクラブで募集価格7000万円。母タピッツフライは北米で24戦7勝。ジャストアゲームS(米G1・芝8F)、ファーストレディS(米G1・芝8F)などを制した芝の一流馬で、2012年のファシグティプトンノベンバーセールでノーザンファームが185万ドルで落札した。来日後、2年連続不受胎のあと、3年目の種付けでようやく受胎したのが本馬。「ディープインパクト×Tapit」は、デビューした5頭中3頭が勝ち上がり、クイーンC(G3)3着のアルーシャ、現1000万下のエイプリルミストなどが出ており悪くない。母のNijinsky4×4も好ましく、瞬発力に特長のあるPerfect Pigeon 牝系に属しているのもいい。芝向きの中距離タイプ。(栗山)

土曜東京9R本栖湖特別 ヘリファルテ(ディープ・栗山)
日曜東京9R鷹巣山特別 レッドヴェイロン(一口・望田)

--------

ディープインパクト×TapitはJRAに6頭が出走し4頭が勝ち馬、全8勝の内訳は東京芝1600が2、あとは東京芝1400、新潟芝内1400、中山芝1600、函館芝1800、新潟芝外2000、東京芝2400が各1、Sir Gaylord≒Secretariat的柔ストライドで走る大箱向きの馬が出やすい配合とはいえるでしょう



Tapitは2014~16年の北米リーディングサイアーですが、三冠レースでは圧倒的にベルモントSに強いようにダートをナスキロ的ストライドで走る血です

だから日本だと東京ダートに最も向いた血といえるのですが、牝馬の場合はラビットラン、アルーシャ、サラスなど、その柔らかさで芝を走る馬も多いんですよね

ちなみにTapitの血を引く牡はJRAで芝6勝ダ54勝(芝の勝ち鞍は新馬・未勝利・500万で上級なし)、牝は芝14勝ダ10勝でグランアレグリアとラビットランとアルーシャが重賞で馬券になってます

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 月曜のボツ予想~今年もデフ... | トップ | 競馬道OnLine「BLOOD穴ライズ... »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (たろう)
2018-10-13 01:16:53
グランアレグリアの母タピッツフライは、ミディオーサの母ミスエーニョと配合がいくらか似ているように思います。
父がTapitとPulpitで、ともにNijinskyとSecretariatのクロスがあり、Burghclereとニアリーな血を持っています(タピッツフライはAureole、ミスエーニョはUrbinella)。
牝馬のBurghclereのニアリークロスは、馬格の面で微妙ということでしたが、ミディオーサは牡馬なみにサイズがありますし、グランアレグリアは春先から馬体重が大幅に増え続けているので、ともにニアリークロスの恩恵を受けられそうですね。

コメントを投稿

POG」カテゴリの最新記事