「3歳勝ち馬評価」先週ぶんを更新&雑感

2018-04-12 12:15:09 | POG

昨夜は麻生の居酒屋「八十吉」で飲んだくれてました
ここは2回目の訪問ですが、メニューが豊富かつ凝ってて何でも美味いし、日本酒も充実してます
刺身はもちろん、かすべの燻製が美味でした(・∀・)


先ほど「望田潤の3歳勝ち馬評価」先週ぶんを2頭更新しました

バファート厩舎のJustityが3連勝でサンタアニタダービーを制覇し、Kダービーの有力馬に急浮上
私としては、Yarn=Preachの全姉妹クロスついにきたな(・∀・)という感じです





これは今春生まれるヨハネスブルグ×ツァーリーナ、昨年当ブログで大喜利やって決定した配合ですよね(・∀・)
大喜利といえば1月にやった「エリモトゥデイ大喜利」ですが、オーナー側にいくつか提案した中からマジェスティックウォリアーに決定し、既に種付け済です

配合大喜利「ディオスコリダーを超えろ!エリモトゥデイの今春の配合相手」
https://blog.goo.ne.jp/nas-quillo/e/c315b13290aa3c26e05d161ef9af5bb0



A.P.IndyとWild Againのニックス(Dama≒Missy Babaが根拠でパイロやTapizarなどが出る)も一つポイントなんですが、母母レースカムはスキャンの全妹にあたり、エリモトゥデイはDrone≒Foreseer4×3
そしてスキャンの血を引くカフジテイクやワイドバッハやメイショウマシュウが重の根岸Sを差し切るイメージで考えてみても、A.P.Indy系でSecretariatとBuckpasserのクロスを持ちベストウォーリアを出しているマジェスティックウォリアーならばそのイメージだろう、という発想です(・∀・)




◆Dubawi×Singspiel

ガンコ(ナカヤマフェスタ×Singspiel)の生産者前谷さんはSingspielをこよなく愛する男で、牧場にはSingspielの娘が何頭もいて、だからSingspiel肌に何を配すればいいのかという議論はよくしてて、
「Dubawi×Singspielって海外でも日本でも凄い走ってて、その根拠もハッキリしてるんで、一つぐらいモンテロッソいってみるのもアリなんじゃないですかね」



土曜中山5Rで勝ち上がったモンテグロッソはそのモンテロッソ×Singspielで、以下のようにDubawiとSingspielの組み合わせはJRA出走3頭全てが勝ち馬となっています



海外ではヴェルメイユ賞(仏G1・芝2400m)のLeft Hand、BCフィリーアンドメアターフ(米G1・芝9F)とマルセルブサック賞(仏G1・芝1600m)のWuheidaがDubawi×Singspielです







ニックスの根拠は単純明快で、このようにDubawiの母ZomaradahとSingspielの母父In the Wingsが3/4同血ぐらいのニアリーなんですね(しかもダーレー自慢の名繁殖Sunbitternを含む)
モンテロッソ産駒でも勝ち馬が出たということで、かなり有力なニアリーではないかと思うんですが、2歳のモンテロッソ産駒には母系にSingspielやIn the Wingsを持つ馬は見当たりませんでした…

『競馬』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 4/7,8の血統屋コンテンツ推奨... | トップ | ディープ×キンカメの当たり年... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ゴドルフィン野郎)
2018-04-12 12:23:34
Laugh AloudはG3しか勝ってませんよ
Unknown (MJ)
2018-04-12 12:47:43
ホンマですね、何を勘違いしたんやろう…訂正しましたm(_ _)m
Unknown (ゴドルフィン野郎)
2018-04-12 15:30:23
Laugh Aloudは近々復帰、GIレースに出てくると思うので勝ったときにはこの記事に追加してください!
Unknown (MJ)
2018-04-12 16:16:57
そうなんですね、この馬は母系が渋くて、Left HandやWuheidaよりも晩成じゃないかと思うので、期待しております(・∀・)

コメントを投稿

POG」カテゴリの最新記事