9/28,29の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2019-10-01 15:58:10 | POG
『ディープインパクト好配合リスト(2019)』で栗山求が推奨したポタジェ(牡2歳)が日曜中山5Rの新馬戦(芝1800m)を勝ち上がりました。

ポタジェ(牡・母ジンジャーパンチ)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105376/
2018年のセレクトセール1歳で落札価格1億9000万円(税抜)。牝馬ながらきさらぎ賞を制したルージュバックの4分の3弟。母ジンジャーパンチはブリーダーズCディスタフ(米G1・ダ9f)をはじめG1を6勝、通算22戦12勝という成績を残し、米古牝馬チャンピオンに輝いた。父はフレンチデピュティ-クロフネを父に持つ繁殖牝馬と好結果を残しているようにDeputy Minister系と相性良好。全兄ケイブルグラム、全姉エリティエールはそれぞれ3勝、2勝と期待ほどの成績ではなかったが、本馬はセレクトセールに上場された際に見たかぎりでは文句なしの出来だった。配合は悪くないので期待できる。(栗山)

『望田潤のPOG好配合馬リスト(2019)』で推奨したラインオブダンス(牝2歳)が日曜阪神2Rの未勝利戦(芝1800m)を勝ち上がりました。

ラインオブダンス(牝・父ハーツクライ・母アドマイヤダンサー)
https://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105067/
現役3勝ストロングレヴィルの全妹で、母アドマイヤダンサーは名繁殖クリソプレーズ(マリアライト、クリソライト、リアファル、クリソベリルの母)の全姉にあたる。ハーツ×エルコンは中山牝馬Sのシュンドルボンと同じ。母はBold Reason≒Never Bendの3/4同血クロス5×3だから、牝のほうが更に走りそうな配合だ(重賞を勝ったハーツ牝駒は全て母系にBold Reason≒Never Bendを持つ)。(望田)



推奨コメントにも書きましたが、リスグラシュー、ヌーヴォレコルト、ノーワン、アドマイヤミヤビ、コレクターアイテム、シュンドルボン、ディアマイダーリン、マジックタイム、そしてこないだのウーマンズハートにいたるまで、重賞を勝ったハーツクライ牝駒は例外なく母系にNever Bend≒Bold Reason兄弟の血を引いています

ラインオブダンスと叩き合ったアジャストザルート(父ジャスタウェイ)もPOG推奨で40口の会員さんにもススメた馬ですが、どちらも正統派のハーツクライというか、まだ現状は後ろが緩くて未完成で、まあそんな2頭の叩き合いでした

2歳ハーツは豊作という前評判にたがわず、ウーマンズハートとかマイラプソディとか、サリオスとかワーケアとか、デビュー戦のパドックからお尻がプリプリしてて、マイルでビュンと反応して差し切ってしまうというね、何というかかわいくないやつらが多いですな(^ ^;)

まあアイリッシュダンスからずっと見てるオッチャンからすると、やっぱりアジャストザルートみたいなんが好きなんですよね、お~ジャスタウェイのデビュー時によう似とるわ、まだ緩いし反応鈍いけどこれからよくなるやろな~みたいなやつね

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 第53回スプリンターズS回顧~... | トップ | 『覚えておきたい世界の牝系1... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (MJ)
2019-10-01 16:13:42
テルペリ→グリム→2.4.6で応援
Unknown (MJ)
2019-10-01 16:30:53
外3で走りたかったな~
あそこ通るとしんどい

コメントを投稿

POG」カテゴリの最新記事