第56回スプリンターズS回顧~ラストチャンス、父機動力と母スプリントで

2022-10-04 10:41:58 | 血統予想

中山11R スプリンターズS
◎2.ジャンダルム
○13.メイケイエール
▲9.ナムラクレア
△12.ヴェントヴォーチェ
×8.ファストフォース
中山芝は先週からCコースで、オールカマーは3連単2→1→3と内枠3頭で決まった。土曜の中山芝も特別3鞍は前残りとイン差しばかり。今年はモズスーパーフレアやビアンフェほどスピードのある逃げ馬がおらず、テイエムスパーダは53キロだとCBCのようなダッシュは見込めないし陣営は控えるケイバも示唆している。ならばファストフォースが行くだろうが、昨年のように33秒-34秒ぐらいで緩やかに流れると、ピクシーナイトとレシステンシアの前残りで、1番枠シヴァージがイン差しで3着に突っ込んできたようなシーンの再現かもしれない。
そんな21年スプリンターズSにおいて、かかり気味に外々を回って4着まで詰めてきたのがメイケイエールで、その性能の高さについては今さらここで書くまでもない。今年はさらに操縦性を増し、外好位から33.3-32.9でちぎったセントウルSのようなレースができれば、ピクシーやレシスのような骨っぽい先行馬はいないからここも突き抜けてしまうだろう。今週の追い切りは相変わらずのしなやかな走りで見とれてしまうが、ここを楽勝したらこのままずっと引退までスプリント路線かもしれない。それよりも外から差し届かず惜敗で、悔しさをヴィクトリアマイルにぶつけるようなことになったらもっと嬉しい。メイケイエールは今はもうマイルじゃないかとみんなが言いたくなるような、優雅に追走して差し届かず2着が私にとっての大団円だ。
ミッキーアイルの才媛2頭を負かすとしたら、芝1200を67秒で走破できる高速スプリンターとしての資質が必要条件で、ヴェントヴォーチェの22年春雷Sとジャンダルムの21年春雷Sにはその資質を見出せる。ヴェントヴォーチェは馬群を嫌うタートルボウル産駒でここから外差しが決まるかどうかだが、2番枠のジャンダルムはスタートさえ決まれば逃げ2頭の直後インがとれる。昨年のスプリンターズも◎にしたのだから、このバイアスこの枠順なら◎にしない道理がない。土曜の競馬を見て腹は決まった。何とかメイケイエールのスプリントG1制覇を阻止してほしいし、ジャンダルムならそれができると思っている。シュネルマイスターは1200も忙しいが中山は東京より差しにくい。34.5で追走しても32.5で上がれないのでは。

----------

日曜は京サラのツアー、月曜はミックスセール上場馬の視察、そして今夜からまた千歳に移動して、明日は一日IBBAの研修の動画撮影に立ち合うことに(内容詳細はまた後ほどお知らせします)
ライオンのピックは今日中にやりたいと思っていますが、スプリンターズ回顧と推奨馬結果はさらりと片づけようかと…

9Rサフラン賞(サンティーテソーロ逃げ切り)、10R茨城新聞杯(レッドランメルト好位イン差し)を見てのとおり、日曜の中山芝Cコースもイン有利、特にコーナーで外々を回らされた馬は全体に苦戦していました

予想コメントにも書いたように、メイケイエールは大好きな馬でセントウルぐらい走って当然やと思っていますが、あのセントウルの自身のラップが33.3-32.9で、後傾ラップで鮮やかに抜け出したレースぶりはやっぱりピュアスプリンターには見えない

このままスプリンター然としないまま華麗にスプリンターズSまで勝ってしまい、スプリントの女王という看板を背負ってこの先も短距離路線を歩むのだかと考えたら、スプリンターズぐらいアッサリ勝ってしまう才能はもちろんあるけれど、その才能を100%開花させるにはスプリンターズを勝たないほうがいいし勝ってほしくない…というね、清らかな邪念が頭をもたげてきたんですよね

出遅れたテイエムスパーダが強引にハナを奪ったので、レースラップは前後半32.7-35.1、メイケイエール自身は33.5-35.1、前傾ラップで追走したことと外々を回らされたことで、女王は直線であっけなく失速してしまいました

34.0-35.4で逃げてあっけなく沈んだキーンランドCが思い起こされましたが、こういう負け方をみるにつけ、やっぱりマイラーとしての資質の高さで1200を勝っているんやなということが実感できます

このイン有利の中山において、ストップ・ザ・メイケイの筆頭に考えられたのは、芝1200の高速戦に良績があり、スタートがふつうに決まれば逃げ馬2頭の直後のイン3がとれるスピードがあり、4角でインを捌いて抜け出せる機動力があるジャンダルムでした

El PradoとLear FanとDanzigですから機動×機動力×機動力、コーナリング×コーナリング×コーナリングというべき血統で、勝つときはいつも4角で勝ったと思わされる加速と機動力を見せていて、でもいつも◎にしているからよく知ってるんですが、1200で内枠を引いたことはこれまで一度もなかったんですよね

中山芝1200の良、イン有利なバイアスで待望の内枠、7歳秋にまさにラストチャンスをものにしたG1初勝利でしたが、グランデファームから千歳空港へ出発した直後にレースがスタートし、あのへん山多いですからバスのテレビの映像が不安定で、ジャンダルムが4角で躍動して抜け出すまさにその瞬間に映像が固まってしまった(^ ^;)



母母グレートクリスティーヌがNorthern Dancer≒Icecapade2×2、Petition4×5、Olympia5×4、Fighting Fox5×5という強力な父母相似配合でDanzigのスプリントをビリーヴに強力に伝え、父Kitten's JoyはNorthern Dancer3×5、Tom Fool≒Attica4・4×4、Hail to Reason5×4、Thong=Lt.Stevens5×4などこれまた活力旺盛な配合で、芝専門サイアーながら北米リーディングサイアーの座に君臨しました

その一方で母父にアウトサイダー血脈が強いサンデーサイレンスが入ってるのがバランスやリズムとして最高で、Kitten's Joy×グレートクリスティーヌよりもKitten's Joy×ビリーヴのほうが良い配合と言うことができるし、ビリーヴの産駒のなかでは最も配合が良いとデビュー前からほめてきました

ウインマーベルとナランフラグは外を回さず差したのが好走の因としてあげられますが、思ったより時計がかかった(1.07.8は土曜の2勝C勝浦特別よりも遅い)のもこの2頭にとってはよかったと思います

ダイアトニックも器用な小脚が使える馬で、イン有利バイアスで内枠で岩田父となればイン差し固執は十分考えられましたが、全盛時と比較するとトモが尖って張りが物足りなく映ります

ナムラクレアはメイケイエールの更に外を捲り上げて、それでも突き抜けてしまうのかという美しい躍動でしたが、内容としてはジャンダルムの次に強かったですね

例によってNETKEIBAの全頭血統解説から1~3着馬を
そういえば1~3着はいずれもRobertoもちで、グラスワンダーのころから中山のパワー勝負はRobertoとDanzigです

ジャンダルム
母ビリーヴはスプリンターズと高松宮に勝った短距離女王で、本馬の他にもフィドゥーシア、ファリダット、エリシェヴァを産んでおり母としても優秀。Lady's Secret(北米年度代表馬)、マイスタイル、サウンドキアラなども近親。古馬になって母のスプリント資質が更に表出してきて、オーシャンも春雷も1分7秒台で走破しての勝利。中山1200が合うというよりは1200の高速戦が合う。高速馬場を好位で運べれば変わり身があっても。(距離◎スピード◎底力○コース◎)



ウインマーベル
ウインジェルベーラやウインアイルビータの全弟。母コスモマーベラスは愛知杯2着で、近親にペプチドルビーなどがいる。牝祖Single BladeはガゼルH(米G1・ダ9F)勝ち馬。アイルハヴアナザー×フジキセキはアナザートゥルースやマイネルユキツバキと同じで、なかなか高確率で走っている配合だ。ベスト距離は1400っぽいが、芝1200も[3-2-3-0]で好位差しで崩れない。1200で高速決着になっての対応がカギか。一雨あるようなら食指が。(距離◎スピード○底力○コース◎)



ナランフレグ
インプレスウィナーの半弟で、母母ビューティークロスはJRA4勝(全て芝1200)。ジョージビューティやミヤママーガレットなども近親。ゴールドアリュール×ブライアンズタイムだからダ中距離血統だが、母母のスプリント資質が主に伝わったようで、見た目にRobertoとノーザンテーストが強いパワースプリンター。成長力に富む血統でもあり、着実に末脚の威力を増しての歓喜のG1制覇だった。パワー型なので坂コースで1分8秒台の決着なら差し込める。(距離◎スピード○底力○コース◎)


コメント (4)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 日曜のボツ予想もお休みです…... | トップ | 10/1,2の血統屋コンテンツ推... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2022-10-04 13:24:06
今後の活躍によってはジャンダルムとサークルオブライフの馬体の比較に期待しております
Unknown (MJ)
2022-10-04 13:35:56
サークルオブライフの母もマイラーですが、Danzigをくぐってない時点でかなり枝としては異なるとみるべきでしょうね
というぐらいグレートクリスティーヌの相似配合は強力
Unknown (Unknown)
2022-10-04 17:28:11
ジャンダルム、直線向いたシーンが母ちゃんそっくりでした。
母ちゃんは差し切られましたが、20年越しの押し切り勝ち。
素質開花は母子とも奥手気味?、種馬になってどうでしょうか?
Unknown (Unknown)
2022-10-05 14:45:39
El Prado≒マジックミラーがみたいなーでも無理かなー・・・

コメントを投稿

血統予想」カテゴリの最新記事