3/14,15の血統屋コンテンツ推奨馬の結果速報

2020-03-16 09:58:32 | 共有クラブ

『一口馬主好配合馬ピックアップ(2017)』で栗山求が推奨し、『望田潤のPOG好配合馬リスト(2018)』で望田潤が推奨したサートゥルナーリア(牡4歳)が日曜中京11Rの金鯱賞(G2・芝2000m)を勝ちました。

★キャロットクラブ
父ロードカナロア
母シーザリオ(スペシャルウィーク)
牡 募集価格:1億4000万円
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104505/
エピファネイア(ジャパンC、菊花賞)の半弟、リオンディーズ(朝日杯フューチュリティS)の4分の3弟。母シーザリオはオークス(G1)やアメリカンオークス(米G1)などを制した名牝。父ロードカナロアは産駒がデビューしてまだ日が浅いものの、NureyevやFairy Kingなど、母方に Special 牝系の流れを汲むNorthern Dancer系種牡馬を抱えた活躍馬が目立ちます。母シーザリオは「サンデーサイレンス+Sadler's Wells」という構成なので配合的に注文をつけるところはありません。シーザリオが抱えるSadler's Wellsには鈍重さはなく、大レース向きの底力を与えるのでリスクは小さいでしょう。あとは1億4000万円という価格と、必ずしも丈夫とはいえない部分が見え隠れする母方の血をどう評価するかでしょう。何事もなければG1を狙えるはずです。(栗山)

サートゥルナーリア(牡・父ロードカナロア・母シーザリオ)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2016104505/
エピファネイアの半弟でリオンディーズの3/4弟。母シーザリオはオークス馬。Nureyev≒Sadler's Wells5×3を軸とした父母相似配合になるのはリオンディーズと同じ。カナロア産駒でSecretariat≒Sir Gaylordのクロスは柔い方向に振れがちだが、本馬は馬格に恵まれ非力な印象はない。まあ走ると思います。(望田)

『一口馬主好配合馬ピックアップ(2018)』と『望田潤のPOG好配合馬リスト(2019)』で望田潤が推奨したアンジェロフィリオ(牡3歳)が土曜阪神4Rの新馬戦(ダ1800m)を勝ち上がりました。

★シルクホースクラブ
父キンシャサノキセキ
母エンジェルフォール(ジャングルポケット)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105256/
牡 募集価格:2500万円
母エンジェルフォールは1戦したのみで引退も、全きょうだいにアヴェンチュラ、トールポピー、フサイチホウオー、アドヴェントスがおり、ジャングルポケット×アドマイヤサンデーは稼動すればみんな結果を出している信頼度の高い配合。その根拠はHornbeam≒Madelia(仏オークス)4×3というトニービンのツボを押さえたニアリークロスにあります。そこに相手繁殖の持ち味を活かすキンシャサノキセキが配されて、芝短距離~マイルでナスペリオン的な重厚な脚を使うタイプに出ましたね。粒ぞろいの17年産キンシャサの中でも配合実馬ともに高得点で、一言でいえばスマートカルロスのイメージ。(望田)

アンジェロフィリオ(牡・父キンシャサノキセキ・母エンジェルフォール)
http://db.netkeiba.com/horse/ped/2017105256/
母エンジェルフォールは1戦のみで引退したが、トールポピー、アヴェンチュラ、フサイチホウオーの全妹にあたる。キンシャサノキセキ×ジャングルポケットはサクセスエナジーと同じ。姉ヴェロニカグレース(父ハービンジャー)、兄アドマイヤレオ(父ノヴェリスト)も勝ち上がっており、キンシャサノキセキとの配合がモアベターだと思うので、更にワンランク上の活躍を。(望田)

土曜中京11RファルコンS2着 ラウダシオン(一口・栗山)
日曜中京8R500万下 ワイズワン(POG・望田)

--------

オジュウチョウサンはいかにもステイヤーというべき燃費の良いトボトボ走りですが、サートゥルナーリアは配合どおりリオンディーズをしなやか体質にしたような馬で、まさに全身運動でアクションが良すぎるので、こういうタイプはウオッカなんかもそうでしたが力んで走ると消耗が大きいんですよね
昨日は返し馬で勝利を確信できるほど落ち着き払ってましたが、東京の地下馬道でイレ込んでしまうのか、それとも無観客無歓声がよかったのか

エルフィンはシーザリオの孫○デアリングタクトとシーザリオの娘◎ファーストフィリオ、この一騎打ちで外に出したほうが勝つだろうと(だから枠が外のファーストを◎にした)、そして穴は▲エーポスだと書いたんですが、直線で荒れたインに寄せてってしまったのが痛かった
外に持ち出しながら追ったら2着やったと今でも思ってるんですが、あそこで狙っただけに内1400じゃ差しにくいだろうというイメージが最初からあって、それに今はああいう不利やロスはみんな見てるんで今回も5人気でしたね
でも昨日の勝ち方は、クイーンズリングやメイショウマンボが脚力で差してしまったという勝ち方に見えるし、本来は外マイル>内1400という適性やと思ってます



ジャスタウェイがNorthern Dancer≒Icecapade5×3、タドウィガがNorthern Dancer2×4、Smart StrikeだけNorthern Dancerなしの「3/4Northern Dancerクロス」、ジャスタにSpecial、Mill Reef、Outing Classとナスペリオンを重ね、配合どおり脚長でナスペリオン的な斬れで走る馬です
『パーフェクト種牡馬辞典』ジャスタウェイは私の担当なんですが、「ニジンスキーと好相性」「牝はマイル以下」と小見出しにあるように、ヴェロックスもロードマイウェイもアドマイヤジャスタも、アウィルアウェイもエーポスも母系にNijinskyが入るんですよね
あと5頭とも有力なナスペリオンが母系に入るように、ハーツクライ~ジャスタウェイのキモはやはりトニービンのナスペリオンなのだということも実感できます





エンジェルフォールはアヴェンチュラ、トールポピー、フサイチホウオーの全妹で、競走成績は1戦のみですが母として優秀なところをみせていて、数多く試みられたジャングルポケット×サンデーサイレンスのなかでこの配合が図抜けて成功したのは、Hornbeam≒Madelia4×3のニアリークロスが大きな根拠だろうと考えられます



これと似たニアリークロスにHornbeam≒Amerigoもあって、AmerigoといえばSilver Hawkの母父、アーネストリー(グラスワンダー×トニービン)やスマートオリオン(グラスワンダー×ウイニングチケット)やノーブルマーズ(ジャングルポケット×Silver Hawk)がこのニアリークロスですよね
Amerigo≒Madeliaはあまり例がないですが、ブラックホーク×ミュージッククラシック牝系がウエスタンヒートとウエスタンメルシー2頭とも走っていて面白いですな(・∀・)




コメント   この記事についてブログを書く
« 日曜のボツ予想~好位差しボ... | トップ | 孫の代でも代表産駒を叩き出... »

コメントを投稿

共有クラブ」カテゴリの最新記事