栗山求/望田潤監修「パーフェクト種牡馬辞典2022-2023」

第27回秋華賞回顧~坂井瑠星、ローズキングダムのように

2022-10-17 14:05:11 | 血統予想

阪神11R秋華賞
◎9.スターズオンアース
○10.アートハウス
▲8.ナミュール
△16.プレサージュリフト
×7.スタニングローズ
ここ5年の秋華賞レース上がり3Fは、21年36.5(良)、20年36.4(稍)、19年36.4(稍)、18年35.2(良)、17年37.0(重)。勝ち馬の4角順位は4,5,5,12,9。コーナー4つの内回り2000で道中の動きが激しくなり、上がりがかかり持続力も問われる差しケイバになりやすい。今年も阪神での施行となるが、開催2週目の芝内2000という条件は同じで、行く馬は何頭かいるし、似たような質のレースになるのではないかと思う。
スターズオンアースはスローの桜花賞を抜け出したが、オークスが更に強かったように血統どおりの中距離馬。2000で持続戦になれば長く脚を使える強みが活きる。問題は内回りで東京のように差せるかだが、リボー系のクロスの影響で肩は立っていて、それほどストライドを伸ばして走るほうではないし対応できるとみた。石橋脩が中山のインに突っ込んで、切り返しながら差したフェアリーSを思い起こす手だろう。
ナミュールは昨秋からずっと馬体維持に苦心してきたが、それでこの成績だからフィジカルな能力は世代ナンバーワン。チューリップや赤松を見ても間隔を開けたほうが爆発できるタイプだろう。休み明けの今回、調教後の馬体重は+30キロで見た目は全く太くない。ただあの爆発力を生んでいるダイナミックなフォームは内回り向きとは言いがたい。そこを武史がどう乗るか。▲とした。
スタニングローズは配合どおりローズキングダムにクロフネをトッピングしたような持続力に富む中距離馬で、まさにオークス2着血統といえるのだが、これも阪神内回りでは少しパフォーマンスダウンでは。アンドヴァラナウトのような3着のイメージ。
アートハウスはオークスでは消したが、阪神内2000ならスタニングより上だと春から書いている。ヴィクトワールピサ肌も優秀だとほめてきた。ウインマリリンのように立ち回るだろう。
プレサージュリフトは牝系は短いところだが、無駄肉のない体質と4輪駆動の走りはハービンジャー×ディープの中距離馬らしいイメージ。女ヒンドゥタイムズと呼びたい。捲る脚はありそうでこれも連下。
ウォーターナビレラは1800で立ち回るタイプだと書いてきたし、ここまで人気急落なら狙いたくなるが、クイーンSがいかにも出来がないという大敗だったし、直近の馬体や追い切りをみても絶好調とはいえないのでは。

----------

例によってNETKEIBAの全頭解説から1~3着を

スタニングローズ
バンゴールの全妹でロサグラウカやフォースラインの3/4妹。母ローザブランカはJRA3勝。母母ローズバドはオークスと秋華賞とエリ女で2着。おなじみのバラ一族で、叔父ローズキングダムとは父キングカメハメハも同じ3/4同血の間柄でMill Reefのクロスも同じ。この一族らしいMill Reef的な持続力ある末脚が武器で、鋭くというよりはシッカリした脚どりで駆け抜ける。阪神だと外回りがベターだろうが、好位差しならここも崩れはない。(距離◎スピード○底力◎コース○)



ナミュール
ヴェスターヴァルトの半妹で、マルシュロレーヌやバーデンヴァイラーの姪。母サンブルエミューズはフェアリーS3着。3代母キョウエイマーチは桜花賞馬でトライアンフマーチなどの母。「重厚で緩い父×フィジカルなマイラーの母」の配合が絶妙にハマり、世代屈指のエンジンを誇るが、426キロの細身でマイラーというにはムチムチ感が足りない。オークスもさすがの爆発力は見せたし、この休養で馬体が充実してくるようなら楽しみが増す。(距離◎スピード◎底力◎コース○)



スターズオンアース
ソウルスターリングやシェーングランツの姪で、母母スタセリタは仏オークスやヴェルメイユ賞など欧米の芝中距離G1を勝ちまくった。父ドゥラメンテは二冠馬でタイトルホルダーなどの父。母父Smart Strikeはストロングリターンなどの母父。マイル重賞で2着を重ねてきたが堂々の中距離血統で、ドゥラメンテ産駒らしく春クラシックを迎えてグンと成長し二冠を制した。外回り向きにも思えるので、ここでルメールがどう差すかが見もの。(距離◎スピード○底力◎コース○)



予想コメントにも書いたように、秋華賞はペースが緩みにくいので上がりがかかりやすく、しかし今年は前後半が59.7-58.9で上がり34.8というレースラップで、最近では59.9-58.7で上がり34.4の16年に次ぐ後傾戦といえるかと

予想コメントや血統解説にも書いたように、4強の内回りコーナー加速能力はアートハウス>スターズオンアース=スタニングローズ>ナミュールとみていて、気鋭の坂井瑠星としては川田の直後がとれれば、4角でうなりながら先頭に立つアートハウスの直後を追走できればレースプランとしては完ぺきで、実際そのとおりに運べたと思います

ナミュールはスタートを斜めに出たスタニングローズのあおりをうけ、スターズオンアースは躓いて出て後方のイン、福永エリカヴィータと戸崎プレサージュリフトがその外に示し合わせたかのように張り付いて、この時点でルメールは外に出すのを半ば諦めていたかもしれません

こうなると4角先頭のアートハウスが勝つのではと誰もが思ったでしょうが、あと200mから脚色が鈍り、ローズSほどの出来がなかったのか、ローズSや忘れな草賞ほどスローにはならなかったので脚を使ってしまったのか

アートハウスは2戦目のエリカ賞(自信の◎でした)でも59.7-60.0のレースラップを番手で追いかけて直線失速しており、こうしてみると上がり3~4F特化のレースで俊敏に加速するタイプなのでしょう

ちなみに今年よりスローだった前記16年秋華賞において、川田を背に好位から上がり33.8で抜け出し、ヴィブロスの2着に食い下がったのが外ならぬパールコード、アートハウスの母ちゃんなのです

人気4頭のなかで最も内回り向きのアートが失速したので、あまり内回り向きではない3頭の争いとなり、最も前のポジションにいたスタニングローズが絶妙のタイミングで抜け出して、鞍上の坂井瑠星は嬉しいG1初制覇

まだ7年目なのに戦略や知力で乗るイメージが強い瑠星にとっては、レースプランどおりに運べてのG1制覇で喜びも格別やったでしょう

4角ではこりゃスターズオンアースは掲示板もないなとナミュールの捲りに目を移そうとしましたが、腹を決めたルメールの凄み、フレンチの鉄人の馬群捌きの妙技、それでもタガノフィナーレを捌くときに切り返してはいて、さすが二冠牝馬というすごいレース

でもあれは、予想コメントにも書いたように、石橋脩がインに突っ込んで切り返しながら2着に差したフェアリーSが伏線としてあったと思うし、ナミュールよりはああいうことができる馬ではあります

パドックは+20キロのナミュールが素晴らしいと書いておきましたが、ヴィートマルシェの孫らしいすごいエンジンの持ち主で、フィジカルや爆発力では世代ナンバーワンだとも書いてきました

しかしその爆発力を生んでいる豪快なアクションは明らかに大箱向きで、外回りでも馬群に入るとチューリップ賞のように詰まってしまうぐらいで、そんな馬ですからフルゲート内回りでは外々を回すしかなく、スピードに乗った4角では膨れていました

今回も爆発力ナンバーワンを証明する惜しい2着やったと思いますが、爆発力ナンバーワンでも一冠もとれないとはケイバって難しいです

スタニングローズは有名な“バラ一族”の出で、母母ローズバドはオークスと秋華賞とエリ女で2着、ノリポツンでストライドを伸ばして追い込んでくるが大一番では2着ばかり



当時の橋口厩舎にはLyphardの血を引く差し追い込み馬が多くて、Lyphardで差すから2着ばかりなんやと毎回書いていたのが懐かしいですが、ローズバドの息子ローズキングダム(父キングカメハメハ)はJCを好位差しで勝ちました

Lyphardの粘着力とMill Reefの斬れを兼備するバラ一族、スタニングローズは父キングカメハメハですからローズキングダムと3/4同血ですが、母父クロフネのフィジカルが加わって、牝ながらローキンよりも一回り大きく、瑠星や川田の手綱で力強い先行脚質に完成し、ローズバドのように差すのではなくローズキングダムのように好位抜け出しで秋華賞を制したのです





クロフネは圧倒的なフィリーサイアーだけに母父としてもかなり優秀ですが、母父としても大レースを勝つのは牝馬ばかりで(表下参照)、同じくフィリーサイアーのスペシャルウィークがシーザリオを通じて父系でも血を拡散しているように、母父クロフネの大物牡馬の登場が待たれますね

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「一口好配合ピック」インゼルから計3頭ピック

2022-10-17 01:11:44 | 共有クラブ

おかげさまで今年も好評をいただいている「一口馬主好配合馬ピックアップ(2022~23)」ですが、インゼルサラブレッドクラブから栗山が2頭、望田が2頭、ダブルピックが1頭で計3頭ピックしました

現在キャロットから18頭、シルクから18頭、ジーワンから16頭、東サラから14頭、ユニオンから7頭、ウインから4頭、京サラから4頭、インゼルから3頭、ターファイトから3頭、ラフィアンから3頭、グリーンから2頭、DMMから2頭、YGGから2頭、ライオンから2頭、ノルマンディーから1頭、ロードから1頭、ワラウカドから1頭ピックしています
http://miesque.com/c00085.html

あとは望田のロードですが、20日までにはピックしたいと思っていますのでよろしくお願いします

コメント (1)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする