いつかはあの頂に

還暦過ぎて少し焦っている老クライマーです。いつかは昔のようにアルパインクライミングへの復帰ができたらいいねえ。

田代山と廃遊歩道

2021-11-29 | 西濃、中濃の山
加茂郡白川町の田代山に行ってきました。
田代山は山頂の南側の田代高原から巡視路を利用して簡単に周回できるのですがfloat cloudさんが面白いコース取りをされていたのでトレースさせていただきました


駐車場から左手に田代山。右の尾根尻から登ります。


最初は薄暗い竹藪まじりの斜面を適当に登ります。


すぐにしっかりしたトレイルが現れました。


どおりで最初のピークには電波塔が設置されていました。


電波塔から先も薄い踏み跡はついていました。


地形図通り尾根は全体に痩せ尾根となっています。




標石のある岩場テラス。 ここで一休み。 


岩場テラスからすぐにキレットがあります。 キレットのギャップの向こうの岩にも標石が見えます。


キレットを振り返る。 ギャップには右側から巻き降りました。


まだ岩場は続きます。


411Pに近づくと尾根は穏やかになります。


この辺りはまったりと歩きました。


地形図にある林道に出ました。


この辺りは一般登山道に合流したのか赤リボンが点在します。


山頂は植林に囲まれて眺望かなわずでした。 今日は北風が寒いです。


下山路は最初から方向間違いで途中も下りやすい場所を適当に下ってしまって結局大きく2回もトラバースする羽目となりました。


最後に下ってきた沢を見上げる。 ガラガラの浮き石が多い歩きにくい沢でした。


飛騨川沿いの道路に降り立ちました。 ここから道の駅美濃白川の横を通り41号に出ます。 そして七曲橋の手前の線路わきに本日2番目の目的地があります。


案内も何もない知らなければまったくわからない遊歩道入り口。 このボサを進みます。 


まだ道ははっきりわかりますが。


途中藪漕ぎもあります。


白いポールが出てきました。




壊れた橋げた。 慎重に進みます。


もう再整備されることはないんでしょうね。 
最後にまた藪漕ぎが少しあって駐車場まで戻りました。



コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« ジョウガ洞から大石 | トップ | 中池公園から老梅山周回 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

西濃、中濃の山」カテゴリの最新記事