0010110 ハートの贈りもの―2018―黄金時代06年 

2018-光あふれるニューアースを共同創造し、さらにアセンションを目指します。ワンネスを体現していきます。

メキシコ政府がETの存在を決定的に認知;マヤの古代文書

2013-12-04 09:26:25 | ディスクロージャー






「ET研究の聖杯探しの旅は終わった!」

と、言われるほど重要な文書を、メキシコ政府が公開しました。彼らが80年間秘密にしていたマヤの古代文書です。

By Shepard Ambellas | November 30, 2013 | 2:22pm EDT
In what will soon be considered as the Holy Grail of extraterrestrial research, the Mexican government has released ancient documents proving the existence of E.T.’s once and for all.


明らかに、マヤ文明とETのコンタクト、地球人の本当のルーツについて書かれています。

メキシコ政府が公式声明を出したわけではありませんが、彼らはこれでディスクロージャーを始めたということでしょう。

ところで、過去に地球に来ていたETというと、アヌンナキの系統を思い浮かべ、地球に害しか及ぼさなかったように勘違いしている方がおられるかもしれませんが、何百万年という昔から、地球には無数の宇宙の種族が訪れ、それぞれ文明を築いたり、足跡を残しています。

一言で古代文明といっても、時期もそのルーツも様々で、入れ替わり立ち替わり、シリウス、プレアデス、オリオンを始めとする多くのET種族が地球に「介入」してきたのです。

アヌンナキなど、最近の歴史のほんの一部に過ぎません。

そのような地球への「介入」、それがもたらした功罪に対する宇宙的な反省があったからこそ、地球はここ数千年間、自力で進化を遂げるように放任されてきました。

私たちの想像もつかない、長い長い、素晴らしい、多彩で、驚愕の出来事にあふれた歴史を、地球は持っています。

それをこれから、私たちは知ることに(思い出すことに)なります。




ジャンル:
ウェブログ
トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 驚愕!ついにこの時がやって... | トップ | 次の記事へ »
最近の画像もっと見る

ディスクロージャー」カテゴリの最新記事

トラックバック

お勧め記事12月5日 (楽しいアセンション・次元上昇 ~5次元への旅~)
もうひとつの地球(2) 「特定秘密保護法案」本日可決か? 精神世界と科学が本来の統合へ向かう時代へ入った 「星が消えて海が壊れる」:アメリカ周辺のヒトデの大量死の状態は「分解して溶けて消えていく」という未知の奇妙なものだった メキシコ政府がETの存在を...