待ち合わせは本屋さんで

ようこそお越し下さり、ありがとうございます(^_^)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

森見登美彦『有頂天家族』

2007-11-16 | ま行の作家
偉大な父(下鴨総一郎)はある日あっけなく狸鍋にされ、この世を去った。

糺ノ森の遺されたのは、タカラヅカ命の母(化けると黒服の王子)と

頼りない四兄弟。

カタブツで土壇場に弱い長兄・矢一郎(虎や若旦那に化ける)

ひきこもりの次兄・矢次郎(小さな古井戸の蛙だが、元の姿に戻れない)

化け下手で未熟者の末弟の矢四郎(たまに少年に化ける)

そして、オモシロ主義の三男の矢三郎(ある時は可憐な乙女、ある時は

腐れ大学生に化ける)を中心にして物語は展開していく。


そんな彼らの前に立ちふさがるのが、犬猿の仲の狸、夷川家の阿呆兄弟の

金閣と銀閣。

他には、人間に恋をして、能力を奪われ落ちぶれた天狗・赤玉先生や

天狗を軸にし空を自由に飛び回る美女・弁天など、個性的キャラが次々に

登場します。


さて感想。


ほっほー。これがモリミーワールドかぁ。

主人公狸ですよ!!狸!!

文体は昭和の文豪チックかな…と思いきや、読んでいくうちになんじゃコレ~!!

初モリミーだったので、けっこう時間がかかってしまった。

ちょっとあたふた。まっ..読み進めると味わい深し。

しかしどう想像しても、宮崎アニメ「平成狸合戦ぽんぽこ」が浮かぶねぇ(笑)


げに恐ろしきは、金曜倶楽部。

おやおや、狸界の権力闘争勃発かっ?!

父の弟である夷川早雲との対決やいかに。


この作品、京都に住んでる人は、読んでると楽しいやろうな。

ファンタジーから一転、ラストは吉本新喜劇?!

まさに「面白きことは良きことなり!」といったところ(笑) ★★★


参考になりましたらクリックをお願い致します。
    ↓
にほんブログ村 本ブログへ

【ほんぶろ】~本ブログのリンク集


コメント (11)   この記事についてブログを書く
« 『あるスキャンダルの覚え書き』 | トップ | 『北京ヴァイオリン』 »
最近の画像もっと見る

11 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (藍色)
2007-11-17 02:03:07
naruさん、こんばんは。
多彩な登場人物が入り乱れて巻き起こる珍騒動、
楽しめました?。
やっぱり浮かぶのは宮崎アニメ「平成狸合戦ぽんぽこ」ですね~(笑)。
家族愛の物語なので、ラストは吉本新喜劇テイストかも(笑)。
まだまだ続くので、先が楽しみです。
初めてならば (BEE)
2007-11-17 11:26:59
こんにちは。
森見さんの初がこの作品ならば
それはそれは混乱したことでしょうとも(笑)
これがまた、他の作品も読んでみると
狸だろうが天狗だろうが全く
違和感を感じなくなるからフシギ(笑)
慣れとは恐ろしいものですな。
Unknown (す~さん)
2007-11-17 12:14:47
初モリミーでしたか!!
初めてだとわけ分からなかったでしょうね~(笑)
でも、どんどんその魔力、魅力にはまっていきますよ。
この作品では主人公が狸!
ここまで阿呆さらしていいのか??ってくらい
面白かったです。
ぜひぜひ他の作品も堪能してくださいね。
Unknown (しんちゃん)
2007-11-17 15:39:22
こんにちは。
この独特な言い回しが森見節です。
読み始めはびっくりしたでしょうね。
だけど慣れるとこれが味があって病みつきになる。
読みやすさでゆくと、次は「夜は短し~」かな。
「太陽の塔」を読むときは、男汁に要注意です。
Unknown (naru)
2007-11-18 19:54:33
★藍色さん こんばんは。
初モリミーでまず感じたのが、登場人物の多さかな。相関図まで書いちゃいましたよ(笑)
「ぽんぽこ」が浮かぶのは、同じ世代のせい??
トトロの猫バスもよぎりました(笑)
元許海星ってどんな狸なんだろ~。見てみたい!!
第二部も楽しみ♪

★BEEさん こんばんは。
思ったりより敷居が高く、つまずいて膝をしたたか
に打ちつけたって感じ?!(笑)←分かる?!
中盤からは慣れてきたけど。
登場人物が多かったよ~。
「夜は短し…」を読むと違和感なくなんのかな~。
なんとか今年中には読むべし…と思ってます(笑)

★す~さん こんばんは。
最初ついていくのに大変で、メモだらけになって
しまい、相関図まで書いた私です(笑)
森見さんの魔力に、はまるのかしらん(笑)
「夜は短し…」は図書館本のチャンスを逃し
はるか遠くへ~。
こりゃ早く読まないとって感じですよね。

★しんちゃん こんばんは。
独特でした。ほんまメモでまっ黒です。
この作品を読んで、ずいぶん慣れたつもりなの
ですが~。病みつきになるかしらん(笑)
皆さんが「夜を短し」を口にするので、とっとと
読むことにします。「太陽の塔」も読むつもり
なので、男汁(?!)には注意します(笑)

Unknown (mint)
2007-11-19 13:55:21
こんにちは。
初モリミーだったんですか。
う~ん、大変だったかも。
猫バスを思わせる比叡電車など、最後は何でもありって感じでしたね。
他のモリミーの作品を読んでいるうちに何が出てきても驚かなくなると思いますよ、たぶん。


Unknown (naru)
2007-11-19 18:59:22
mintさん こんばんは。
お察しのとおり、大変でした(笑)
毛玉って?!
肩がめちゃこりました~。
やはりトトロの猫バスうかびますよね。
はまるらしいのですが、とりあえず
「夜は短し…」にいってみます(笑)
Unknown (きりり)
2007-11-21 02:27:32
私は、この文体も好きなんですよ~ 
森見さんは宮崎アニメが好きらしいです 他の作品でも、似たようなモチーフとか出てきます
夜は短しに、ちょっとリンクする人とかが出てきます お楽しみに
Unknown (naru)
2007-11-21 18:50:04
きりりさん こんばんは。
初読みだったので、文体に慣れるまで
ちょっと苦戦(笑)
確かに宮崎アニメを彷彿とさせますよね。
『夜は短し』とリンクがあるのですね。わくわく。

>太陽の塔より読みやすい
むむっ。『太陽の塔』にも興味が…(笑)
Unknown (ちきちき)
2008-01-03 20:20:06
こんばんは。
お察しのとーり、京都もんにはたまらんおもろい本でしたよ。
彼らが今いるところがわかるというのはおっきいね。

あまりのあほさ加減に大喜びで読んでしまいました。

確かに初読みだときついかもしれんね…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ま行の作家」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事