バイクのブログ・YSP大分

YSP大分、過去のツーリング記事だけ再掲載しました。

”ロードレース応援ツーリング”ピット/グリッドにも行ってきた!(ヤマハ・YSP大分)

2018-09-03 06:59:00 | ツーリング

9月2日の日曜日、暑い日が続く中、比較的涼しい朝となったこの日、

”ロードレース応援ツーリング”を開催しました!

空にも青空が見え、久々に会場までバイクで気持ちよく走れた一日でした。

今回、当店が”応援団長店”ということもあり、チケット総数で40、

ツーリング参加20名とたくさんのご参加をいただきました。

もちろんYSP全体ではおよそ300名以上の大応援団。ありがとうございます!

 

とにかく今年は、ツーリングと言えば雨などにたたられてばかり。

しかもその上、夏は暑くて暑くて・・・

バイクに乗るにしても「健康上どうなの?」と思うような猛暑でしたが、

やっとこんな気持ちの良い季節が巡ってきてくれたんですね。

風も涼しいし、気持ちいい~。対向してくるツーリングライダーも

うれしいことにたくさん”ヤエ-”を返してくれます!

 

 ところが、昨日のオートポリスではこれでもかといわんばかりの悪天候。

JSB1000の”決勝レース1”が開催される予定が、

タイミング悪く降るひどい雨で、なんと中止になってしまいました。

日曜の天気も、事前の天気予報は微妙なところだったのですが、

行いのよい人がいるのか?晴れ男の誰かの力なのか?・・わかりませんが、

2日目は運のよいことに、これ以上ない”快晴”でのレースとなってくれました。

 

 さて話は戻ります。当店は今回、”応援団長店”として

ヤマハファクトリーを公式に応援するお店として選ばれました。

これは”YSP”のお店限定での持ち回り、

念のためですが、その他のヤマハのお店、ではできないんですよね。

それにしても、それが回ってくることもめったになく、YSP大分にして約10年ぶり。

前回は、今は世界が認める”ナカスガサーン”こと中須賀克行選手が

はじめてヤマハに乗った年で、まだまだ初々しさが抜けないころだったんです。

応援団の特典として”ピット見学”を20名のYSP大分のお客さまにいただきました。

当店は参加者多いので、20名という数はリミットいっぱいですね。

なんせ今季は絶好調の”ヤマハファクトリーレーシング”

そのピットなんて、最重要機密のかたまりのようなもの。

そんなところ、はいっちゃいけません!普通は。

そこそこ長くJSB1000を見ていますが、私ももちろんありません。

そこを「ツアー」と称して見学できる、”なかなかない”なんてレベルじゃないのです。

   

パドック側から中に案内されます。YZF-R1のカウルを外した車両が中に2台、

この後行われるピットウォークのお客様用に展示してあるのが2台、

それぞれ#21 "中須賀車" と#5 "野佐根車"です。

一見普通のR1のようにも見えるのですが、よくみるとあちこちに、

いちいち”カーボン”らしき素材を使ってるのが見えますね。

徹底して軽量化していて、「R1」のようでいて、すでに「R1」ではないかのよう。

うおお・・これは、金かかってんなぁ・・・。

 

 ひとつ奥に入ったピット裏には

”タイヤ置き場”があります。・・といってもただ置いてあるのではなく

それぞれ”ウォーマー”をかけて温度を管理し、すぐ使えるようにしているんだそうです。

まぁ車体についているタイヤをウォーマーであたためているのはよく見ると思いますが、

天候急変にもそなえてか、レインタイヤ含め、これだけの本数を準備しているとのこと。

さすがは”ファクトリーチーム”ですね。

 

ライダーが休憩したり、ミーティングしたりするテントもあります。

ちなみにスクーター、電動自転車は、ライダーがブリーフィングや記者会見、

たまに、トイレ(笑)に行くときにもつかうのだそうですね。

 写真は撮っちゃダメ!って、撮った後で怒られたのですが、

ピット裏にはパソコンが4~5台置いてあるスペースがあり、

それぞれデーターを分析。ここが常勝ヤマハファクトリーの頭脳にあたります。

 

 そんな”ファクトリー仕様YZF-R1”は、おおよその馬力は210馬力、

これは他のメーカーのバイクもさほど変わらないのだとか。

ちなみに使っているガソリンも、そこらで売ってる普通のハイオクなんだそうです。

燃費については、こんなハイスペックなバイクにもかかわらず

”リッター7~8キロ”も行くのだとか。ほう、意外と燃費もいいんですね。

鈴鹿8耐などの強さも、このあたりが秘密なのかもしれません。

 

 そしてお昼からはいよいよ本番レース。

そのスタートにあたって応援団長は"グリッド"で「旗持ち」を仰せつかります。

もちろん走行会で走ったり、ピットウォークから覗くくらいは経験ありますけど

本番レースでのこんなお役目ははじめて!勝手がわからず緊張します。

関係者の方からのご指導をいただきながらなんとか立ってる状況です。

ちなみにこの旗は、シャフトが釣竿的でどうやらカーボン素材のよう、

なので、大きさのわりに案外軽いのですね。

しかも私がいるグリッドは一番前の一番左・・。

そう、つまり「ポールポジション」っていうヤツです。

そこに居る中須賀選手の前には、もう第一コーナーが見えるだけ。

ひえええ・・。しかも、ふと後ろを振り向くと、

そっちにもかなりすごい人たちがずらりならんでいるんですが、

・・にもかかわらず「ここが俺の居場所だ」といわんばかり、堂々とした中須賀選手です。

 

 さてレ-ス開始!スタートこそ中須賀選手はやや遅れたように見えましたが、

序盤から野佐根選手に次ぐ3番手をキ-プします。

スタート前にグリットで、ヤマハ吉川監督と”路面温度”の話をしていたようなので、

タイヤ消耗をおさえるための温存の戦略なのかもしれませんね。

その後、野佐根1位、中須賀2位となり、ヤマハワンツーでしばらく走りますが

やがて中須賀選手がはかったようにトップに浮上・・!

 

 その後、そのままの順位でゴール。ヤマハ完璧なワンツーフィニッシュです!

確かに調子のよい中須賀、野佐根両選手なら、十分考えられた結果ですが、

わざわざ会場にまで足を運んだファンのみなさんあってこその活躍でしょう。

応援する側からしても、その選手が優勝するなんて、これ以上ない結果。

だって、他にもたくさんの有力選手がいるんですよ!

私も今回、応援団長という立場にて、本当に貴重な経験ができました!

 

・・・レースはそんな理想的な終わり方だったのですが

 帰路、三愛レストハウスで一部の方たちとお別れした後に

最近経験したことのない”ものすごい豪雨”の中を走る羽目になりました。

完全にずぶぬれになってしまいましたが、ここまで濡れるとむしろ気持ちいいかも。

参加者の方は、はたしていかがだったでしょうか。

雨はともかく、無事に帰りついたようで、それが何よりです。

ツーリングの楽しさを再確認した今回、

仕事がバイクだと、バイクから離れたい欲求も出てしまうのですが

それを乗り越えて、またバイクで走りたくなってしまいました。

YSPのツーリングイベントとしてまた企画しますので、

その際はぜひ、ご参加ください!どうもお疲れ様でした。

 

 

 

★YSPの””は、YAMAHAの”Y” YSPはヤマハの”正規専門店”です。

★YSP大分はガラスコーティングCR-1の正規店です

 ★Googleマップ YSP大分までの道案内(左上の出発地を入力)

 ★FM大分 毎週月曜日PM12:10~「今日もバイク日和」放送中
※ 前回分はこちらからラジコ・タイムフリーでお聞きになれます。

★YSP大分(yspoita) on Twitter


★急な整備、メンテナンスのお支払いも安心。YSP大分ならクレジットカ-ドがご利用いただけます。


YSP大分公式ホームページ
http://www.ysp-oita.com/

この記事についてブログを書く
« 前の記事へ | トップ | 次の記事へ »

ツーリング」カテゴリの最新記事