バイクのブログ・YSP大分

FM大分、毎週(月)お昼12.10~「今日もバイク日和」というバイクの話題のラジオコーナーやってます。

門司港レトロ(ヤマハ・YSP大分)

2010-04-28 07:35:50 | ツーリング
クルマやバイクでは
大分からはちょっと距離があって
いけそうでいけないちょうど微妙な距離感を感じる・・

そんな山口の「門司港レトロ」に行ってきました。

写真があるので
今日は、ちょっとそれをご紹介しましょう。


人がたくさんいますね。




この日は、「門司港アンティーク&雑貨フェア」の最終日、

知り合いの方が出展されるそうで、それを訪ねてきたのです。

門司港は、レトロでおしゃれな場所であると、
以前より、聞いていましたが、
私もいつかツーリングでいってみたい所のひとつなのですね。
高速も使って、およそ約3時間程度で到着するそうです。

今回は、会場周辺のお店をめぐるスタンプラリーもあるそうで、
おしゃれな景品もあたるそうですよ。




門司港の開港は明治22年だそうです。

北九州の工業力と結びついて大陸貿易の基地となり、
最盛期には、1ヶ月に200隻近い外港客船が入港し、
国内航路を含めて多くの乗降客でにぎわっていました。


かつて国際貿易港として栄えた門司港には、
当時の面影を偲ばせる古い街並みが残されています。

その雰囲気は、まるで横浜か神戸のような美しさだとか、
そんな古い街並みと新しい都市機能をあわせもつ「門司港レトロ」なのです。





このモダンな建物は、「旧門司三井倶楽部」

大正10年(西暦1921年)、
三井物産の社交倶楽部として門司区谷町に建築されたそうです。

立派な建物ですね~。

ここには、物理学者アインシュタイン博士も宿泊されたとかで、
部屋も、当時の状態のままに保存されているそうです。

館内には他に、門司生まれの女流作家林芙美子の資料室や
「レストラン三井倶楽部」などがあるそうです。

この建物は国の重要文化財です。




こちら、上に跳ね上がっている橋は「ブルーウィングもじ」

日本で最大級の歩行者専用のはね橋です。
門司第一船留まりに架かっており、デートスポットに最高だとか。

確かに、レトロな景観によく似合う品の良い橋ですね。

今回、時間帯があわなくて、この橋は渡れなかったそうですが、
いつか渡ってみたいものです。



「門司港アンティーク&雑貨フェア」には
いろんなお店が出ていました。

こちらは、スコット・E・スミスさんのお店
「Handmade Wood Furnitunre and Cabinets」です。

大分の挾間で大工&家具職人をなさっているカナダ人です。
アクセサリーや絵を製作されている佐和さんと共同で出店しています。

今回来たのはこちらを訪ねるためなのです。
お客さんで、とてもにぎわっていますね。




さて、グルメリポーターとしてはもちろん
お昼ごはんを食べて帰らないわけにはいきません。

・・ということで訪ねたのが
「インド料理 ナンダン」です。

インドで10年、日本で14年修業を積んだという
ガイレさんがオーナーのお店です。



「ナン」を焼いています。おいしそうに焼けていますね。





ちなみに、門司港は焼きカレーの発祥と
言われているそうです。

そんな門司ですから、もちろんナンダンにも
「本場インド式 焼きカレー」があります。

そして、こちらが「石焼きカレー」です。

チーズもかかっていて・・おいしそうですね。
食べてみたいなぁ。



会場には今回、かなり多くの
来場者があったようです。
どこも人でいっぱいでした。

ここ門司港レトロは
今回に限らずイベントが多く開催されているようです。

位置的にここ山口は九州や中国地方からも近く
多くの人が訪れ易いというのも言えるでしょう。






地図はこちら








★YSP大分・2010年のイベント・営業カレンダーです。



★大分インターから約5分 地図・アクセスはこちらから


★雄大な九州・阿蘇をバイクで走る。レンタルバイク、ご予約はこちらから



YSP大分公式ホームページ(リニューアルしました)
http://www.ysp-oita.com/

YSPメンバーズホームページ(全国版)
http://www.ysp-members.com/

「九州でレンタルバイクといえば」レンタルバイク九州ホームページ
http://www.rentalbike-kyushu.jp/