イスラエル・ハイテクベンチャーCEO兼CSの脱&非日本仲間日記

イスラエルの情報科学ハイテクベンチャー会社のCEO兼CSの脱日本&非日本仲間10名が発信する日本への警鐘!

「イスラエルの地上戦・空爆・海戦により一方的に殺されるガザ・パレスチナ人(4):海上戦闘」

2014年07月31日 | イスラエル・パレスチナ問題
「イスラエルの地上戦・空爆・海戦により一方的に殺されるガザ・パレスチナ人(4):海上戦闘」Hetero : 1. パレスチナ人・ガザ地区の実態・ ガザ地区の死者1283人、負傷者7170人(7月30日)・ ガザ地区の死者 1000人超える (7月27日)・ ガザ地区一時停戦案 合意に至らず (7月26日)・ ガザ地区の死者800人超える (7月25日)・ ガザ地区の停戦へ外交努力続く (7月24日 . . . 本文を読む

「イスラエルの地上戦・空爆により一方的に殺されるガザ・パレスチナ人(3):地上戦」

2014年07月30日 | イスラエル・パレスチナ問題
「イスラエルの地上戦・空爆により一方的に殺されるガザ・パレスチナ人(3):地上戦」Hetero : 1. パレスチナ人・ガザ地区の実態・ ガザ地区の死者1283人、負傷者7170人(7月30日)・ ガザ地区の死者 1000人超える (7月27日)・ ガザ地区一時停戦案 合意に至らず (7月26日)・ ガザ地区の死者800人超える (7月25日)・ ガザ地区の停戦へ外交努力続く (7月24日)・ ガ . . . 本文を読む

「イスラエルの地上戦・空爆により一方的に殺されるガザ・パレスチナ人(2):空爆」

2014年07月29日 | イスラエル・パレスチナ問題
「イスラエルの地上戦・空爆により一方的に殺されるガザ・パレスチナ人(2):空爆」Hetero : 1. パレスチナ人・ガザ地区の実態・ ガザ地区の死者 1000人超える (7月27日)・ ガザ地区一時停戦案 合意に至らず (7月26日)・ ガザ地区の死者800人超える (7月25日)・ ガザ地区の停戦へ外交努力続く (7月24日)・ ガザ地区の戦闘 市街地にも拡大 (7月22日) ・ ガ . . . 本文を読む

「イスラエルの地上戦・空爆により殺される一方のガザ・パレスチナ人(1)」

2014年07月27日 | イスラエル・パレスチナ問題
「イスラエルの地上戦・空爆により殺される一方のガザ・パレスチナ人(1)」Hetero : 1. パレスチナ人・ガザ地区の実態・ ガザ地区の死者 1000人超える (7月27日)・ ガザ地区一時停戦案 合意に至らず (7月26日)・ ガザ地区の死者800人超える (7月25日)・ ガザ地区の停戦へ外交努力続く (7月24日)・ ガザ地区の戦闘 市街地にも拡大 (7月22日) ・ ガザ地区で . . . 本文を読む

「マレーシア航空機『撃墜』ロシア黒幕説で最も得をした男はイスラエルのネタ二ヤフだ」

2014年07月21日 | イスラエル・パレスチナ問題
narmuqym, MASADA : イカレタ政治ビジネス屋が跳梁跋扈する米国と英国の衆愚は勿論のこと、平和ボケの日本の衆愚も、マレーシア航空機777の『撃墜』ロシア黒幕説のプロパガンダにより、イスラエルの残忍な超過剰なる軍事行動によるパレスチナ人の悲惨な事実から隔離されていることは遺憾である。今日は珍しくNHKがガザの「状況」を報じていたが、生々しい死を伝える事は全く無かった。操作された情報しか . . . 本文を読む

「政治ビジネス屋の流す情報操作によって世界は不安定化する:ウクライナ問題の本質(2/2)」

2014年07月19日 | 隣人関係から対立関係へ
narmuqym, MASADA : (続き)   4. A History of The Key Events in Ukraine1917 - Central Rada (Council) set up in Kiev following collapse of Russian Empire. (Picture 1) Millions of people, such as th . . . 本文を読む

「政治ビジネス屋の流す情報操作によって世界は不安定化する:ウクライナ問題の本質(1/2)」

2014年07月19日 | 隣人関係から対立関係へ
「政治ビジネス屋の流す情報操作によって世界は不安定化する:ウクライナ問題の本質(1/2)」narmuqym, MASADA : 日本で世界の問題がどう報じられているのか、たまに日本人の仲間に聞き、そのステレオタイプさにはいつも驚く。米国の特定勢力の操作された情報のみが、対米追従の日本のマスメディア(日本人仲間はマスゴミと蔑称している)によって日本中に流され、体制側も反体制側(死語に等しい)もそれに . . . 本文を読む

「{政治的プロパガンダ=>対立=>悲劇=>悲しみと怒り=>対立激化}の連鎖」

2014年07月18日 | イスラエル・パレスチナ問題
「{政治的プロパガンダ=>対立=>悲劇=>悲しみと怒り=>対立激化=>更なる悲劇=>更なる怒り}の連鎖」narmuqym, Hetero : ガザでの悲劇の連鎖の始まりは政治的プロパガンダである。全ての紛争に共通する事実だ。邪な政治的動機で動くサタンのような者らである。テロリストのハマスに対峙するネタニヤフは妥協なき国家の論理で動いている。集団的自衛権だ、個別的自衛権だと子供のような言葉遊びをして . . . 本文を読む

「常に犠牲となる女性と子供たち:ガザで起きていること」

2014年07月16日 | イスラエル・パレスチナ問題
「常に犠牲となる女性と子供たち:ガザで起きていること」narmuqym, Hetero : どのような国家関係が構築されようとも、対立・紛争・戦争の犠牲者は無辜の女性と子供たちである。ハマスはイスラエルの存在そのものを認めず、テロ組織としての組織温存のために市民の只中に各種組織機関を置き、言わば無辜の市民を「人間の盾」としていることは公然の事実である。イスラエルはテロリストと交渉する気は全く無く、 . . . 本文を読む

「二極でも多極でもなく、多様の世界像:STAP細胞狂想曲の衆愚日本は蚊帳の外」

2014年07月15日 | イスラエル・パレスチナ問題
「二極でも多極でもなく、多様の世界像:STAP細胞狂想曲の衆愚日本は蚊帳の外」narmuqym : 子供じみた安部の外交世界観とそれを支えるSTAP細胞狂想曲の衆愚日本は蚊帳の外で、中国と米国を中心とする新世界秩序に向けて世界は動き出しているように見える。そして、したたかで老獪なロシアとドイツにフランスが準強国として並び立ち、多極化する。が、そうした覇権的なパワーゲームとは異なる方向へ、世界は動き . . . 本文を読む

「キリスト教徒の大崎勝彦氏は強い:誹謗中傷に対する聖書の警告」

2014年07月13日 | インターネットの光と闇
「キリスト教徒の大崎勝彦氏は強い:誹謗中傷に対する聖書の警告」by Hetero優秀なベンチャーであればあるほど、ネットの闇領域に誹謗中傷が溢れる。革新的であるが故に様々な評判落としの妨害がある。だから、米国のVCのなかには、ネット場でどれほど中傷されているか、即ち誹謗中傷の「評判落とし」の書き込みが多いベンチャーに出資するところも多い。何故ならは「誹謗中傷=革新性・先端性」のバロメーターだからだ . . . 本文を読む

「大崎勝彦氏への誹謗中傷、小保方晴子氏への誹謗中傷」

2014年07月12日 | インターネットの光と闇
「大崎勝彦氏への誹謗中傷、小保方晴子氏への誹謗中傷」Hetero :誹謗中傷及び内密の暴露は、特定イメージ植え付けの為の意図的且つ策略的プロパガンダである。それはインターネットにより極めて容易に行えるものとなった。悪意のある者らには、虚実は関係ない。自分のイメージを気に食わぬ(殆どが嫉みやっかみ怨みつらみ)相手にレンダリングし広めることが目的だ。基本的に旧態依然たるものであり、ヒトラーのプロパガン . . . 本文を読む

「大崎勝彦氏との会話:『許してやれ』。大崎氏はイエス様のようなお方だ」

2014年07月11日 | 聖書的視点からの世界観批評
「大崎勝彦氏との会話:『許してやれ』。大崎氏はイエス様のようなお方だ」筆者:MASADA<イエス様のようなことを仰る大崎氏>自分は、初めの頃は黙ってヤツラを追跡補足し、棲んでいる住所に街宣車を走らせ、研修道場に呼び出して糾弾し震え上がらせたが、ひょんなことから大崎氏の知るところとなり、大目玉を食らった。「それはいかん。止めろ。こんな殺伐として社会から阻害された者達のはけ口のようなものだ。彼らだけを . . . 本文を読む

「本ブログとは無関係の大崎勝彦氏への誹謗中傷:本ブログがSTAP細胞を取り上げて起きた別の誹謗中傷」

2014年07月08日 | インターネットの光と闇
「本ブログとは無関係の大崎勝彦氏への誹謗中傷:本ブログがSTAP細胞を取り上げて起きた別の誹謗中傷」MASADA & narmuqyn:ネット闇社会の病理<盟友・大勝彦氏に対する15年前からの名誉毀損・偽計業務妨害の犯罪行為>再度述べておく。盟友の大氏に関して、愚劣下劣な誹謗中傷をネット上のゴミサイトに書き散らすヤツラは15年以上も前からいた。ケレム・サイエンス合資会社と株式会社ケレム・ソリュ . . . 本文を読む

「STAP細胞、予想通りの展開となってきた。クセ玉・若山「解析』の誤り」

2014年07月05日 | エセ化・オカルト化する科学・技術と世界
「STAP細胞、予想通りの展開となってきた。クセ玉・若山「解析』の誤り」geno_computing:STAP細胞論文取り下げの文書(雑誌「ネイチャー」へ提出、中身は理研と若山氏他が書いた)を読んだ。呆れたものだ。本ブログ6月15日(「日経サイエンスの錯誤記事、号外『STAP細胞元細胞の由来 論文と矛盾』- 6月11日」)を先ず読まれたい。1.驚きの事実日本では、例えば本日の朝日新聞は次のように報 . . . 本文を読む