イスラエル・ハイテクベンチャーCEO兼CSの脱&非日本仲間日記

イスラエルの情報科学ハイテクベンチャー会社のCEO兼CSの脱日本&非日本仲間10名が発信する日本への警鐘!

「GPU-MPU、スパコン、AIパソコンの強力メーカーとなったnVIDIA社(時価総額14兆6000億円)を生んだのは、CSK会長兼セガ会長・大川 功氏」

2017年12月31日 | ハイテクベンチャーの高貴なる志と挑戦
「GPU-MPU、スパコン、AIパソコンの強力メーカーとなったnVIDIA社を生んだのは、CSK会長兼セガ会長・大川 功氏」Bushido:巨大なゲーム機市場に、ユニークなグラフィックスエンジンを売り込むことがnVIDIAも願いであった。CSK会長兼セガ会長の大川氏とDML常務研究開発本部長の大崎博士の支援と指導で、超特急でセガの新型ゲーム機ドリームキャスト向けにNVシリーズグラフィックス(NV1 . . . 本文を読む

「OLPCの真相:”Thinking On Web,One For A Kid”」

2016年01月02日 | ハイテクベンチャーの高貴なる志と挑戦
「OLPCの真相:”Thinking On Web,One For A Kid”」narmuqym, anti-globalism:1年前に、「OLPC(100ドルPC)の最初の発案者は誰か?:大崎勝彦博士のアイディアは流転する(大崎勝彦博士==>大川功氏&藤本敬三氏&相川宏徳氏==>ネグロポンテ教授==>==>)」と題して筆者は大崎博士の意外な仕事の一面を紹介したが、続き . . . 本文を読む

「畏友・大崎勝彦博士を訪ねて(1):オフィス」

2015年04月06日 | ハイテクベンチャーの高貴なる志と挑戦
「畏友・大崎勝彦博士を訪ねて(1):オフィス」旅するベテラン:畏友の大崎博士を筆者は何度も訪ねている。他の仲間達も日本に寄り道してしばしばやって来る。何時も、筆者は大崎博士のオフィスで長い話を交わす。筆者には楽しい知的に刺激的な時間であり空間である。筆者は反対だったが、大崎博士は、「ネットの愚盲・痴鈍・薄野呂の輩」どもに何でも見せてやれ。特に裏切った忘恩の俗悪どもらに見せてやれ、と仰るので、写真を . . . 本文を読む

「OLPC(100ドルPC)の最初の発案者は誰か?:大勝彦博士のアイディアは流転する」

2015年01月07日 | ハイテクベンチャーの高貴なる志と挑戦
「OLPC(100ドルPC)の最初の発案者は誰か?:大勝彦博士のアイディアは流転する(大勝彦博士==>大川功氏&藤本敬三氏&相川宏徳氏==>ネグロポンテ教授==>==>)」1.アイディアの生々流転narmuqym:OLPC(100ドルPC)の最初の発案者は誰か?:アイディアは流転(大勝彦博士==>大川功氏&藤本敬三氏&相川宏徳氏==>ネグロポンテ教授==>==>):後で、別人たちが『俺がやっ . . . 本文を読む

「時代を先取るある研究開発者、大崎勝彦博士の仕事の概要」

2010年01月12日 | ハイテクベンチャーの高貴なる志と挑戦
「時代を先取る研究開発者、大崎勝彦博士の仕事の概要」 本年1月10日のWebLogで紹介した、稀有な研究開発者・大崎 勝彦氏の仕事の続き。ご多分に漏れず、この事実(ワルの先輩や上司、また隣の研究室のヤツがアイディアを盗む。取引を持ちかけて大企業がベンチャーのアイディアを盗みだし、先に特許を出してしまう。架空の投資を餌にベンチャーからアイディアを盗む。事件を引き起こして中小企業に財務問題を起こ . . . 本文を読む

「大崎勝彦氏の教訓:抜群のアイディアは、ワルらに真似され・盗まれ・横取りされ・乗っ取られる」

2010年01月10日 | ハイテクベンチャーの高貴なる志と挑戦
大崎勝彦氏の教訓的事実:抜群のアイディアは、ワルらに真似され・盗まれ・横取りされ・乗っ取られ、そしてワルらは『これは俺がやった』と叫び、ワルらの懐を潤してきた。 仲間のイスラエル人(米国在住、ハーバード大教授)が、ある日本人研究者を、印象に非常に強く残っている友として紹介し、彼の偉大な業績を讃え、彼へのエールとしたいと言い出したので、和訳して掲載することとした(narmuqym)。彼の生み出 . . . 本文を読む

「愚にも付かぬ『ベンチャー創業支援』環境に、高度先端ベンチャーの興らぬ日本の末路が見える」

2009年02月21日 | ハイテクベンチャーの高貴なる志と挑戦
「愚にも付かぬ『ベンチャー創業支援』環境に、高度先端ベンチャーの興らぬ日本の末路が見える」   なにも分っていないヤツが、ベンチャー支援などということをホザく。そういうサイトを覗くと、中身はカラッポの一般的な抽象的な文言の羅列であって、何の役にも立たぬ。広く深い実業(虚業ではなく)の経験や実績の無い連中のたわ言など、無視すべし。要するに寄生虫なのだ。マッチングやファンドの紹介( . . . 本文を読む

「インドからの撤退を決めた」

2008年11月09日 | ハイテクベンチャーの高貴なる志と挑戦
「インドからの撤退を決めた」   日本のVCからの出資を受けていた米国の友人のベンチャー会社は、インドに特定分野の研究の拠点を設置するというVCからの強い意向で、その拠点を設けた。その中途から私はそのベンチャーのアドバイザーとなり、インドと関わる様になった。健康問題で日本から遠隔管理してきたが、最近、愚かな日本のVC主導によるインド政策を切捨て大転換した(私はインド進出には反対)。イスラエル . . . 本文を読む

「ドクターΩが日本を去った理由:日本でベンチャーは成功しない」

2008年02月11日 | ハイテクベンチャーの高貴なる志と挑戦
>>私がイスラエルにいる理由は、ドクターΩが日本を去ったそれとはほぼ同様です。日常のマスコミ報道や市民の行動様式に端的に出現しているように、極めて異質且つ異常な性格の価値観や世界観は、当然産業振興のあり方にも現れ、オリジナリティーに乏しく、悉くが欧米からの借り物技術であり、たとえオリジナリティー溢れるアイディアがあっても、国内で認知される事は無く、殆どが逆輸入によってしか、応用されないのが現実です . . . 本文を読む