イスラエル・ハイテクベンチャーCEO兼CSの脱&非日本仲間日記

イスラエルの情報科学ハイテクベンチャー会社のCEO兼CSの脱日本&非日本仲間10名が発信する日本への警鐘!

「小池百合子が『希望の党』?『失望の党』の間違いだろう!グローバル右翼も真っ青の無節操なカモフラージュの狐女・極右反動である!」

2017年10月02日 | 日本の異様な精神風景
「小池百合子が『希望の党』?『失望の党』の間違いだろう!グローバル右翼も真っ青の無節操なカモフラージュの狐女・極右反動である!」旅するベテラン:本ブログにはご無沙汰である。暫く前から台湾からアイルランドに滞在して、新しい研究拠点の開設に奔走している。北朝鮮問題に関して、インターネットで日本を含む国際ニュースを覗きながら、北朝鮮如きに振り回され、オタオタする情け無い日本に腹を立てている昨今であったが . . . 本文を読む

「舛添東京都知事は辞任する必要なし:何時まで愚にも付かぬ『清貧』を振りかざすのか?」

2016年06月14日 | 日本の異様な精神風景
「舛添東京都知事は辞任する必要なし:何時まで愚にも付かぬ『清貧』を振りかざすのか?」MASADA : 舛添東京都知事に対する攻撃は、STAP細胞同様に劇場型バッシングである。元来が信憑性の無いネタ話を脚色してストーリー化して下衆な世間をアッと言わせる、真っ当なジャーナリズムとは無縁な週刊誌の記事からそれは始まった。1.最初に嘘を付いた方が勝ち:舛添氏と猪瀬氏を殺した方法裁判ですら、そうである。何事 . . . 本文を読む

STAP細胞バッシング事件(『STAP捏造疑惑』の捏造)(3):『科学的{STAP}現象』とSTAP細胞の存在

2016年04月23日 | 日本の異様な精神風景
「STAP細胞バッシング事件(『STAP捏造疑惑』の捏造)(3):『科学的{STAP}現象』と『STAP細胞の存在』」Bushido, invisible-force : 我々は、米国、日本、フランス、ドイツ等の国々で、知的所有権侵害、損害賠償請求等に関わる事件の裁判を多数闘ってきた。法廷での論戦にともなう書証、即ち、証拠の取り扱いは極めて厳格である。不正に入手した証拠は、たとえそれが真正なもので . . . 本文を読む

泡沫ブログが150万PV超え:小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会に巣食うクズも来る

2016年04月19日 | 日本の異様な精神風景
「泡沫の本ブログが150万PVを超えた:覗きに来るのは、真っ当な者からヘンな輩まで実に様々で、『小保方晴子さんへの不正な報道を追及する有志の会』に巣食うクズもやって来る」MASADA : 筆者が途中から加わった本ブログ、「イスラエル・ハイテクベンチャーCEO兼CSの脱&非日本仲間日記イスラエルの情報科学ハイテクベンチャー会社のCEO兼CSの脱日本&非日本仲間10名が発信する日本への警鐘!」は、極め . . . 本文を読む

「STAP細胞バッシング事件(『STAP捏造疑惑』の捏造)(2):ES細胞の混入を偽装する」

2016年04月18日 | 日本の異様な精神風景
「STAP細胞バッシング事件(『STAP捏造疑惑』の捏造)(2):ES細胞の混入を偽装する」旅するベテラン, invisible-force : イスラエルのあるキブツを訪ねた。付属の分子生物学研究所では、イスラエル等の中東地域で、水分蒸散量が少なく、塩害にも強く、栄養価に富む農作物の分子生物学的品種改良が盛んである。並行して再生医療に関わる研究も行なわれており、先端的なベンチャーには莫大な資金が . . . 本文を読む

「STAP細胞バッシング事件(『STAP捏造疑惑』の捏造)(1):『ES細胞混入』による幕引きの嘘」

2016年04月17日 | 日本の異様な精神風景
「STAP細胞バッシング事件(『STAP捏造疑惑』の捏造):『ES細胞混入』による幕引きの嘘」旅するベテラン, invisible-force : イスラエルのあるキブツを訪ねた。付属の分子生物学研究所では、イスラエル等の中東地域で、水分蒸散量が少なく、塩害にも強く、栄養価に富む農作物の分子生物学的品種改良が盛んである。並行して再生医療に関わる研究も行なわれており、先端的なベンチャーには莫大な資金 . . . 本文を読む

日本政府=米国ポチ、日本マスメディア=日本政府の体制翼賛ポチ:古賀氏・テレビ朝日・政府を巡るウネリ

2015年04月05日 | 日本の異様な精神風景
「日本政府=米国のポチ、日本マスメディア=日本政府の体制翼賛ポチ:古賀茂明氏・テレビ朝日・政府を巡るウネリ」旅するベテラン:新革新右翼のMASADAは小気味よく、昨今の自己責任だとか自業自得だとかとホザく「ネット及び街頭の愚盲・痴鈍・薄野呂ども」を斬り捨てている。筆者は左翼学生運動時代から新右翼とは交流があり、共有できる事柄も多々あった。今でも付き合いがあり、米国の属国以下の情けない現実には大いに . . . 本文を読む

「メルケル独首相が日本で話した事:日本人よ彼女の爪の垢でも煎じて飲め!!!」

2015年03月11日 | 日本の異様な精神風景
「メルケル独首相が日本で話した事:日本人よ彼女の爪の垢でも煎じて飲め!!!」1.不思議の国ニッポンnarmuqym, MASADA:イスラエル在住のユダヤ系の筆者は、米国やヨーロッパそしてアジアでは中国とインドへは頻繁に出張するが、他の欧米ビジネスマン同様に日本へ行く事は滅多に無くなった。中国の10分の1の人口にして全くの無資源国、産業の衰退著しい日本には最早用は無いと言っては失礼だが、中国+イン . . . 本文を読む

「STAP仮説:単独実体としては決して証明されない『素粒子クオーク』仮説を学んでから論ぜよ(4)」

2015年01月02日 | 日本の異様な精神風景
「STAP仮説:単独実体としては決して証明されない『素粒子クオーク』仮説を学んでから論ぜよ(4)」invisible-force著MASADA訳:仮説の構造を無視した、STAP仮説への異常なる攻撃に見られる日本の精神性の異常には驚く。単独実体としては決して検証・証明されない「素粒子クオーク仮説」が宇宙の根幹であることを通して「仮説」とは何かを学べ。そして、仮説の実証に26年も掛かったニュートリノに . . . 本文を読む

「広島原爆投下による市民の大量虐殺(再考)」

2014年08月06日 | 日本の異様な精神風景
「広島原爆投下による市民の大量虐殺(再考)」MASADA : 米国へ「帰国」する前に広島へ行った。8月6日だ。今の日本では、「ハムの日」だそうな。「ハ(8)ム(6)」の語呂合わせから、日本ハム・ソーセージ工業協同組合が制定した記念日だそうだ。違和感を感ずるのは私だけではなかろう。特別な日なのだ。東京の中心部駅前を行き交う若者へのインタビュー。「1945年8月6日に何があったかしっていますか?」「さ . . . 本文を読む

「徴兵制を導入し、平和ボケと腐臭のするネット社会を根絶し、国家・名誉・義務の精神を涵養せん」

2014年06月30日 | 日本の異様な精神風景
「徴兵制を導入し、平和ボケと腐臭のするネット社会を根絶し、国家・名誉・義務の精神を涵養せん」集団的自衛権を巡る問題には殆ど関心は無いが、都議会でのグラドル出の女議員へのヤジ如きでネット上で騒いでいる日本人の現実を見るとき、今の相当数の日本人には単身敵陣へ突入する気概は全くないと断ずるほか無い。自身の、そして国家の尊厳と名誉を何だと心得おるのか?平和ボケもここに極まれりとでも言うべき実に嘆かわしい憂 . . . 本文を読む

「STAP細胞:喧騒の街と廃墟と化した科学の殿堂の国で、まともな評論に初めて出会った」

2014年06月12日 | 日本の異様な精神風景
「STAP細胞:喧騒の街と廃墟と化した科学の殿堂の国で、まともな評論に初めて出会った」かの地の半導体企業にて、プロセスとVLSIデバイスの研究開発に励み、組織の陣容確立と高度化を図り、技術的にも基盤を固め確固たる体制とし、これまで半導体最高峰の国際会議ISSCC、VLSI Syposium、IEDM,CICC,R Physics,J-SSC,T-EDで何本もの論文を発表し、社業と産業への貢献により . . . 本文を読む

「大小メディアによる『STAP細胞』に対する劇場型バッシングの問題点(1B)」

2014年03月15日 | 日本の異様な精神風景
「大小メディアによる『STAP細胞』に対する劇場型バッシングの問題点(1B)」6.「重大な」論点5)についての吟味理研が追加で3月5日に"Nature Protocol Exchange"へ発表した、STAP細胞作成手順には、実験結果を覆す重大な記述があるとして、STAP細胞を否定する勢いが急激に増した。その記述は以下の通りである。We have established multiple STAP . . . 本文を読む

「大小メディアによる『STAP細胞』に対する劇場型バッシングの問題点(1A)」

2014年03月15日 | 日本の異様な精神風景
「大小メディアによる『STAP細胞』に対する劇場型バッシングの問題点(1A)」昨日3月14日午後、理研理事長・野依良治という貧相なるジジイは記者会見にて、「理研の研究者の論文が信頼性を揺るがしかねない事態を引き起こしたことに対しおわびする」などとバッシング・メディアに平伏し、「論文作成過程で重大な過誤があった」とか「未熟者が」を連発して小保方晴子氏を誹謗中傷し、小保方氏始め論文執筆者らの「私達にも . . . 本文を読む

「お前ら、選挙に行け!!!投票してこい!!!」

2012年12月16日 | 日本の異様な精神風景
「お前ら、選挙に行け!!!投票してこい!!!」 総務省発表:第46回衆院選の午後2時現在の投票率は27.40%で、2009年の前回選挙に比べ7.79ポイント下回った。 そこの若い奴らよ。何やってんだ?お前ら。 年寄りの有権者に白紙委任か?それでいいのか?お前の生活自体がかかっているんだぜ。状況を良く見ろ!!! 直ぐ投票所へ行け!!! 投票してこい!!!   総務省のまとめに . . . 本文を読む