電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

佐伯泰英『朧夜ノ桜~居眠り磐音江戸双紙(24)』を読む

2009年06月30日 05時34分57秒 | -佐伯泰英
博多道草から江戸に戻り、佐々木玲圓の養子として尚武館道場を継いだ磐音、さてその続きは。佐伯泰英著『居眠り磐音江戸双紙』シリーズ第24巻、『朧夜ノ桜』です。

第1章「白梅屋敷の花嫁」。時は小正月過ぎ、所は江戸の外れの麻布広尾村の白梅屋敷、江戸幕府御典医の桂川国端に、鳥取藩重臣のおてんば娘桜子さんが嫁入りします。むろん、磐音とおこんも、花嫁行列の到着を今や遅しと待っていますが、物語が無難に通り過ぎるわけがありません。案の定、浪人組による金の無心と、おこんの伝法な啖呵、そして磐音の登場です。もう、娯楽時代劇の王道ですね。祝いの宴にて、磐音・おこんの祝言にわしも加えろと、桂川家三代の談合です。山形の白鶴太夫こと奈緒の消息もチラリ。
第2章「偽銀遣い」。次々と訪れる道場破り。こんどは橘右馬介という老武芸者でした。背後にある老中の影を感じ、磐音は読売屋に情報を提供します。磐音とおこんの祝儀弁当の段取りやら僞銀でひともうけを企む上方衆の登場と南町奉行所への協力やら、色々伏線をいっぱい仕込んだ章というところでしょうか。
第3章「小さ刀吉包」。おこんが今津屋を出て速水家に養女に入る日、磐音と由藏が付き添い、小吉の棹で屋根船ということになりました。今津屋の人々はもちろん、本所深川の人たちもおおぜい見送ります。いいシーンです。いっぽう、三味線職人の鶴吉がもたらした情報は、たいへん重要なものです。遠州相良での三味線造りの修行中に、隠居所でふと耳にした坂崎磐音の名前。一介の浪人の暗殺のために、西国の武芸者五名が集められ、尚武館道場破りの形で磐音を倒す計画なのだそうです。もちろんその背後には、徳川家の世嗣家基を排除しかいらいの擁立を企む田沼意次父子がおります。まず一人目は、久米仁王蓬来。
第4章「三味芳六代目」。磐音クン、さっそく情報を読売屋に提供します。江戸のジャーナリストの気概は立派です。こんどは磐音は関前藩江戸屋敷に出向き、中居半蔵に金子の借用を申し込みます。鶴吉の店を出す資金にとの算段でした。吉原の四郎兵衛の協力もあり、三味芳六代目の暖簾が上がりそうです。
第5章「尚武館の嫁」。関前での仮祝言(*)では、ややしっとりと描かれた磐音とおこんの婚礼ですが、本章はなんだかがさがさと色々なものを詰め込み過ぎて、周囲の人々の情や善意の印象がいっこうに高まりません。おまけに祝宴のあと、花嫁と寝所に引っ込んでからの来訪者との血腥い闘争シーンなど、いささか興が醒める思いです。祝言だけでの作劇は難しいのかもしれませんが、平岩弓枝さんの『御宿かわせみ』シリーズ第10巻所収の「源三郎祝言」(*2)や、第15巻所収の「祝言」(*3)など、それぞれの作者の工夫が読み取れ、興味深いものです。

(*):佐伯泰英『鯖雲ノ城~居眠り磐音江戸双紙(21)』を読む~電網郊外散歩道
(*2):平岩弓枝『御宿かわせみ10・閻魔まいり』~電網郊外散歩道より
(*3):平岩弓枝『御宿かわせみ15・恋文心中』~電網郊外散歩道

テレビドラマ「陽炎の辻3』ほうは、これから関前への旅が実現するようで、もしかすると関前で仮祝言ではなく、だんなの実家で本祝言にしてしまうのかもしれません。そのためにも、おこんさんには軽挙妄動を慎んでもらわねば(^o^)/
ジャンル:
おもしろい
コメント (6)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« 藤沢周平作品と食べ物の登場回数 | トップ | 爆睡9時間~疲れがたまったか... »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (キョースケ)
2009-07-04 17:09:17
こんにちは。ようやぁーーくたどり着けた本祝言の血生臭いオチは、いくらなんでもおこんさんが可哀想すぎると思いました。一生の記念なのに…。
あの後、祝い客が興醒めしてしまったまま、なし崩しに祝宴がお開きになったんだろうなーなんて思うと、いっそうおこんさんが哀れに…。
関前で仮祝言をしておいてよかったかもしれません。
ハッ。もしやこのために仮祝言のエピソードがいれられたのでしょうか。考え過ぎか(^^;
キョースケ さん、 (narkejp)
2009-07-04 20:03:57
コメントありがとうございます。
>ようやぁーーくたどり着けた本祝言の血生臭いオチ
まあ、作者はスペインの闘牛に魅せられた方ですので、血と死と虚無の世界を描くのは得意なのかもしれません。当方のような人畜無害の価値観は眼中にないかもしれず(^o^)/
そういえば、第一巻は壮絶な始まり方でしたからね~(^_^;)>poripori
Unknown (なつ)
2009-07-05 08:42:49
今津屋お佐紀さまの婚礼とか他の方の場面はとても丁寧に描いていたのに、主人公の婚礼は案外あっさりでしたね。

関前でやったからいいのかな(笑)

実は密かに桂川さんのファンだったので桜子さまと結ばれて残念な気持ちも(苦笑)柳次郎さんもお有さまがいるし・・・

どんどん楽しみが・・(どこを楽しみにしてるんだか)
なつ さん、 (narkejp)
2009-07-05 21:13:27
コメントありがとうございます。作者は、婚礼の場面をしっとりと描くようなのは、あまり好きではないのかもしれませんね。
桂川国端さんと桜子さんのコンビは、なかなか良い組み合わせとは思いますが、ほぼ同じ境遇だった品川柳次郎クンとお有さんとの組み合わせほどスムーズにはいかないのでは。
原作で、霧子の運命が今後どうなるのか、実は興味深いです。
Unknown (なほまる)
2009-07-06 08:53:59
こんにちは

図書館で予約している「照葉ノ露」が全然こないので、
現在足踏み状態になっています(汗

結婚式の形は、落ち着くところに落ち着いたという気持ちはありましたが、
ちょっと地味婚すぎると思うのは女子だから? と思ってました。
やっぱりちょっと「それはないよなー」と思いますよね。
確かに「かわせみ」の方は本当にしっとりしてました。
作者の男女もあって仕方ないのかもしれないですけどね。
なほまる さん、 (narkejp)
2009-07-06 20:33:04
コメントありがとうございます。原作本は人気があるようで、当地の図書館でも予約待ちは大変だそうです。やはり、テレビドラマの影響は大きいようですね。時代小説・時代劇における「比較祝言学」(^o^)、しっとりとした表現の点で平岩弓枝さんの方がまさり、血と死と虚無の表現の点で佐伯泰英氏がまさる、という感じでしょうか。そういえば、藤沢周平作品で祝言を印象的に描いたものというと何があるだろう?などと考えるのも楽しいものですね。

コメントを投稿

-佐伯泰英」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

佐伯泰英: 居眠り磐音江戸双紙24: 朧夜ノ桜 (時代小説県歴史小説村)
【覚書】★★★★★★★★☆☆ シリーズ第二十四弾 桂川甫周国瑞と織田桜子の祝言から始まり、磐音とおこんの祝言に終わる。十九巻、二十巻くらいから、ここに来るまでが長かった。 ともあれ、これで晴れて夫婦...
「朧夜ノ桜 居眠り磐音江戸双紙24」 佐伯泰英 (なほまる日記(離れ))
朧夜ノ桜―居眠り磐音江戸双紙〈24〉 (双葉文庫)posted with amazlet at 08.12.01佐伯 泰英 双葉社 680売り上げランキング: 43998Amazon.co.jp で詳細を見る 磐音とおこんがとうとうここで結婚します。 他にも友人の御典医が結婚式をあげ、正月早々というのもあって...