電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

山形交響楽団第277回定期演奏会でメンデルスゾーン、シューマン、ブラームスを聴く(2)

2019年05月13日 20時04分23秒 | -オーケストラ
昨日の記事の続きです。
休憩の後は、ブラームスのピアノ協奏曲第1番です。例によって、楽器編成は 8-7-5-5-3 の弦楽五部に、Fl(2),Ob(2),Cl(2),Fg(2),Hrn(4),Tp(2),Timp. というものです。第1楽章:マエストーソ。ゆっくりめのテンポで、底流にしっかりリズムが刻まれますが、どちらかといえばレガートな美しさを重視したものでしょうか。それにしてもピアノが素晴らしい! 横山幸雄さんのピアノに触発されたのか、オーケストラも、例えばピアノソロから木管に移るところのオーボエの見事さは内心思わずブラボーでしたし、ピアノが休んでいる間のオーケストラの優しい響きは、山響の美質を感じました。第2楽章:アダージョも、ゆったりしたテンポでしみじみと聴かせます。沈潜するピアノが、荒れた気持ちを鎮めていくようです。そして第3楽章:ロンド、アレグロ・ノン・トロッポ。ん?もしかしたらトランペットはナチュラル・タイプを使用していたのでしょうか。音楽が再び決然と動き出します。ピアノが、ほんとに見事! これに応える山響も、堂々たるものです。青年ブラームスというよりは、自信に満ち、充実した大人のブラームスというべきでしょうか。



ところで、シューマンが生きた19世紀前半〜中頃、ロマン派の時代というのは、実は楽器の進歩が著しかった時代なのかもしれません。産業革命が進み、鋼鉄のフレームを持つピアノが誕生しますし、金管楽器のバルブシステムなども進歩します。山響が本演奏会で採用している楽器も、そうした楽器の時代的な変化を反映させているのかもしれません。今回の演奏会でいえば、ブラームスのピアノの低弦の響きが、モーツァルトやハイドンの時代のピアノとはかけ離れたものと感じますし、リストが登場するヴィルトゥオーゾの時代を象徴するかのような力強さ・迫力があります。溶鉱炉が高温の銑鉄を吐き出し、蒸気の力で鋼鉄の機関車が走る時代にふさわしく、ピアノもまた低弦の圧倒的な響きを聴かせるようになったのでしょう。


コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 山形交響楽団第277回定期演奏... | トップ | 荒らしていた畑を復活させる »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ブラボー!! (ジェイン)
2019-05-14 07:37:30
おなじプログラムを日曜日に聴きました。際立って美しい管の音色に素晴らしいソリストによるブラームスのピアノコンチェルト50分。その前日、桐の響という桐朋学園のOBによるメントリ30分もお聴きしました。それが両曲ともほんの数分にしか感じないのです。そしてもっと聴いていたいとの欲求もあります。それは卓越した技術と耳と心に染み入る至福の音楽の所以であると思いました。
山響の皆さまアーティストの皆さまに拍手喝采をお贈りしたいです。
ジェイン さん、 (narkejp)
2019-05-14 19:59:21
コメントありがとうございます。ブラームスのピアノ協奏曲第1番、良かったですね〜。前日はメンデルスゾーンのピアノ三重奏曲ですか。季節もよろしく、まことにロマン派な日々ですねっ!
「メントリ」と言えば最近凝っている料理ではカレーを作るにもじゃがいもや人参をきちんと面取りしております(^o^)/
おかげで、夫に対する妻の評価も、最近はうなぎのぼりですよ。また作ってねという無言の要請が限外に隠れておりますが(^o^)/

コメントを投稿

-オーケストラ」カテゴリの最新記事