電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

夏川草介『神様のカルテ3』を読む

2012年12月21日 06時04分05秒 | 読書
小学館から刊行されている、夏川草介著『神様のカルテ3』を読みました。この人気シリーズのストーリーを簡単に要約してしまうのは、味も素っ気もなくなるだけでなく、未読の読書家には楽しみも半減かと思いますので、できるだけボケた書き方で、感想を綴ることといたします(^o^)/

もとより不自由の大地に理不尽の柱を立てて、憂鬱と圧迫の屋根をかけたものが、人生という掘立小屋である。わずか三十年の営みでは、まだまだ住み慣れた住居にはなりえないのだろう。せめて不惑に至るころには、この重苦しい屋根くらいは、風通しのよいものに掛け替えたいものである。(p.45)

こんな文章は、いかにも夏目漱石フリークのものと思いますが、栗原先生と榛名さんとの間には、

愛することに疲れたみたい/嫌いになったわけじゃない

などという歌は入り込む余地はないようですね、今のところ(^o^)/

「心を射抜かれたまま一歩も前に進めない」「男運の悪い」美人看護師の東西さん、高校時代の音楽の先生との思いがけない邂逅に、雨中の祈りを捧げます。居酒屋九兵衛で栗原先生に愚痴ったことで、なんとか復活したみたい。ヨカッタヨカッタ。彼女は可哀想だけれど、まずはヨカッタ(^o^)/
しかし、金魚屋に元音楽教師と、アル中の患者が次々に登場します。それが、強烈な小幡奈美先生がからむ波乱の幕開けの伏線となっているところなども、うまいものです。リンゴの丸かじりは、私も時々やっていますので、それほど奇矯な行動だとは思わないのですが、たしかに畑では自然な行為も、医局では不自然に見えるのかもしれません(^o^)/

本書のハイライトは、やはり小幡奈美先生の登場と強烈な言動、そしてその背後にある、夫を救えなかった無念と悔恨でしょう。後をなぞるように誤診をしてしまう栗原先生は、島内老人との信頼感のおかげでセーフでしたが、実際のところは薄氷を踏むような状況でした。

最初にかかったお医者さんに「様子を見ましょう」と言われたけれども納得せず、別のお医者さんで診てもらったら、胆嚢にガンが見つかった例を知っています。医学の限界における誤りならば仕方がないけれど、限界のはるか手前で見逃されるのでは、泣くに泣けない。セカンド・オピニオンの重要性もあります。大学の医局に戻る栗原先生の今後の展開が楽しみです。

『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 四輪駆動を過信するドライバーは | トップ | パソコンを更新する際のバッ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
優秀な人間の集まり (こに)
2012-12-31 10:41:42
物の考え方、生き方、意志の強さ、個性豊かな面々が集う本庄病院、信濃大学医局には今後も期待大ですね。
でも、彼らもスーパーマンではない一人の人間だということ、ですね。
こに さん、 (narkejp)
2012-12-31 21:16:03
コメント、トラックバックをありがとうございます。ただいま、N響の「第九」を聴いておりました。今年は、『神様のカルテ』シリーズがなかなか面白く、楽しめました。ところで、『神様のカルテ』って、お医者さんが神様を診察して作成したカルテ?それとも神様が人間を診察して作成するはずのカルテ?どうなんでしょうね。それを考えると、夜も眠れない(^o^)/
神カル (ジェイン)
2013-01-01 00:22:12
あけましておめでとうございます。
神様=お医者さま と考えます。そのむかし曾野綾子著「神の汚れた手」という本がございました。産婦人科医の堕胎に関するものだったような・・・汚れ→ヨゴレなのかケガレなのかで曾野氏にお電話で尋ねた覚えがございます。-もとい-お医者を神の手・ゴッドハンド...といいますね。私も神カル1・2を読みましたがイチさんとハルさんがなんとも絶妙な絡みでほのぼのいたしました。私も主人を○○さん~なぁんて呼んでみましたのよ。ウフフ 3が楽しみです。
ではnarkejpさま今年もステキなblogをよろしくお願いします。
ジェイン さん、 (narkejp)
2013-01-01 06:34:05
新年あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
コメントありがとうございます。『神様のカルテ』シリーズは、なかなかおもしろいですね。ジェインさんは、「神様=お医者様」説ですか。そうすると、自分自身が医者でもある作者は、自分をも神様になぞらえることになってしまいますね~。うーむ、私は「この小説は、神様が医師をも含めた人間たちを冷静に診立てたカルテなのだぞよ」説なのですが、さて文学好きのアホ猫ならなんと答えるのでしょうね(^o^)/

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

夏川草介「神様のカルテ3」 (読書と映画とガーデニング)
小学館 2012年8月 初版第1刷、2刷発行 382頁 信州・松本平にある本庄病院 相も変わらず殺人的な忙しさの中、病を治すこと、人の命を救うことに日々を過ごす青年医師・栗原一止 そんな一止の心の支えである掛け替えのない伴侶・榛名 二人が住まう御嶽荘の住人...