電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

山響のモーツァルト「コシ・ファン・トゥッテ」を楽しむ

2005年08月21日 18時32分32秒 | -オペラ・声楽
尾花沢市から東根市に移動、山形交響楽団のモーツァルト、歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」公演(*)を楽しんだ。会場は、最近できた多目的複合施設内の小さなホールで、とてもオペラ公演ができるような舞台ではない。しかし、高橋寛演出はこの小さな舞台をうまく使い、コンサート形式ではなく歌芝居に近づけた。キャストはみな山形県内在住の声楽家で、フィオルディリージの佐藤美喜子とドラベッラの神保静恵は、揺れる女心をうまく表していたし、フェランドの宮下通の若々しいテノールとグリエルモの藤野祐一が、はじめは恋人を信じるものの、次第に疑い、怒る若者を演じた。ドン・アルフォンゾの我妻孝は洒脱な役にはまっていたし、本日一番の大うけは女中デスピーナ役の真下祐子だろうか。「別れても好きな人ではなくって、別れたら次の人よ!」の名セリフで笑いを取り、狂言回しの役を見事に演じていた。
指揮の佐藤寿一は、犬伏亜里をはじめとする山響を指揮し、軽快で楽しいモーツァルトの音楽を聞かせてくれた。特に、最後の四人の若者たちの和解の四重唱にデスピーナとドン・アルフォンゾがからむ音楽が素晴らしかった。実演ならではの興趣と満足感を抱き帰路についたが、車中、ふだんクラシック音楽などとは縁のない家人いわく、「あぁ、楽しかった!」

(*): 歌劇「コシ・ファン・トゥッテ」日本語上演
コメント   この記事についてブログを書く
« 尾花沢市まで「鶴子そば」を... | トップ | 桃の季節 »

コメントを投稿

-オペラ・声楽」カテゴリの最新記事