電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

新訳でハインライン『夏への扉』を読む

2013年04月04日 06時04分16秒 | -外国文学
某図書館で、ハインラインの『夏への扉』を見つけました。私が最初に読んだのは福島正実訳のハヤカワ文庫でしたが、今回手にしたのは、小尾芙佐さんによる新訳で、2009年に早川書房から刊行された新書サイズの本です。中高年世代としては、活字も比較的大きく、読みやすいのがありがたい。あまりにも有名なSFだけに、あらすじは簡単にとどめますが、再読、再々読でも面白さは減じることがありません。

主人公ダン(ダニエル・ブーン・デイヴィス)が発明した家庭用お掃除ロボットが大ヒットし、会社は景気がいい。でも、親友マイルズと、愛する(と思っていた)女性ベル・ダーキンの二人の裏切りにより、ダンはほぼすべての権利を失ってしまいます。失意のうちに、冷凍睡眠によって30年後の世界に旅立つ契約をしますが、あの二人がなぜこんな仕打ちをしたのか、その理由を知りたいし、出発前に抗議をしておきたい。というわけで出かけたところで判明した真実は苦く、盟友というべきオス猫ピートは逃げ出し、心を通わせた可愛い少女リッキーと別れて、不本意な形で冷凍睡眠に入ります。

どうやら、30年後は核戦争後の世界のようですが、アメリカとロサンジェルスは生き残っているようです。ダンは未来の世界でどのように生きていくのか、ピートやリッキーのその後はどうなるのか、ワクワク・ドキドキ、というお話です。



1970年ごろに流行った「未来学」なるものでは、地球温暖化もリーマン・ショックも予測はできなかったけれども、お掃除ロボットは「ルンバ」という名前で商品化されました。でも、どうみても本書に登場する「おそうじガール」のほうが進んでいるように思えます。
2000年からもう四半世紀が過ぎましたが、スカートの丈が多少変わったくらいで、衣服もベルトも基本的にまだ1970年代のままです。とてもハインラインが空想したようには進んでいません。技術を見る目はあっても、ベル・ダーキンのような悪女を見る目はないダンは、技術者の典型として描かれているようですが、リッキーのような可愛い少女は技術者に憧れたりするのでしょうか?いささか疑問は残りますが、この名作の価値をそこねるようなものではありません。猫が登場し活躍するという点でもポイントは高いのですが、それはさておいて、文句なしのおもしろさです。

『本(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 寝床のわきの本棚に再読の効... | トップ | 適切な医学知識を持つこと »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お薦め本 (こに)
2013-04-06 10:56:16
本国での人気はイマイチらしいですが、実に日本人好みの作品ですよね。
何度読んでも満足出来ます。
こに さん、 (narkejp)
2013-04-06 20:20:26
コメントありがとうございます。私もお気に入りのSF作品です。こうしてみると、情報のデジタルな処理の部分ではずいぶん進歩したと思いますが、基本的な衣食住の部分では、1970年頃からあまり変化が感じられません。人間は、こうした基本的な部分では、変化を好まないのかもしれません。久々の再読も、なかなか楽しかったです。
新訳 (きし)
2013-04-09 00:18:08
気になったのですが、以前の表紙のイメージに愛着があって、手が出なかった1冊です。
扉の向こうを覗いている猫の後姿の表紙、印象深いのですよね。
きし さん、 (narkejp)
2013-04-09 06:18:03
コメントありがとうございます。新訳本、福島正実訳の文庫本に比べて活字が大きめで、その意味ではだいぶ助かりました。表紙の件、ほんとに印象的でしたね。あれは、どなたの絵だったのでしょうか。我が家のアホ猫たちも、冬の間中、カーテンの隙間から夏への扉を探していたようです(^o^)/

コメントを投稿

-外国文学」カテゴリの最新記事

トラックバック

ロバート・A・ハインライン「夏への扉」 (読書と映画とガーデニング)
福島正実訳 ハヤカワ文庫 2008年9月15日 62刷 336頁 エンジニアとしては優秀なんだけれど経営者としてはからきし駄目なダン 1970年コールドスリープに入り30年後に目覚める 2000年タイムマシーンを使い再び1970年に戻る そこで再びコールドスリープに入り30年後へ SF....