電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

『藤沢周平未刊行初期短篇』執筆時期の秘密

2007年04月24日 06時10分33秒 | -藤沢周平
文藝春秋社から発行された『藤沢周平未刊行初期短篇』について、先に執筆時期を「昭和37年11月から39年の8月号の月刊雑誌に発表された、藤沢周平が最初の夫人である悦子さんと暮らした時期、しかも娘が生まれ(38年2月)妻が病死する(38年10月)、まさにその時期の作品群」と紹介(*)しました。

これを書きながら、不思議に思ったことがありました。それは、業界新聞に勤務しながら、しかも妻の発病と死という過酷な時期に、なぜ小説など書く余裕があったのだろうか、という点でした。

地元紙の木曜日の夕刊に連続して特集されている藤沢周平没後10年の記念の記事に、まさにその疑問に答えた記事が掲載されました。筆者は、藤沢周平氏が入学した山形大学の同期生で、ずっと交友の深かった蒲生芳郎氏です。

蒲生氏は、平成19年4月19日付けの山形新聞夕刊で、「死にゆく妻を看取る合間に、その枕辺で」書き続けたのは、「今にも崩折れそうな精神を書くことによって支えようとする作家魂というよりは、妻の命を一日でも長かれと未認可の特効薬を買い求めながらの入院費を支えるための血の滲むような作業だったかもしれない」と書いています。

藤沢周平『半生の記』では、この間の事情は詳しくは語っていませんし、作者自身は年譜に対してもこれらの初期作品を秘匿したように見えます。妻の発病と入院、闘病生活を支えるため、お金のために作品を書き、それが空しい結果となったとき、小説を書く目標は明確に違ったものになったのではないか。妻の死によって中断された雑誌連載は、ほぼ一年間の沈黙に変わります。この沈黙の時期に、運命の不条理に憤る作家・藤沢周平への再生が行われたのかもしれません。

(*):「藤沢周平未刊行初期短編」を読む
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« スークとルージイッチコヴァ... | トップ | 早起きして聴く音楽 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
うぅ~ん… (Kazumi)
2007-04-24 21:04:08
まだ読んでいなかったのですが、そういった背景があったとは…。あまり作家さんの背景に詳しくないもので、知りませんでした。
知ってから読むのと、知らずに読むのでは印象も違うかも知れませんね。…いつ読もう…(迷)
執筆の事情 (e g u c h i)
2007-04-24 23:58:39
藤沢周平氏の初期のこういった創作過程の事情は、初めて知りました。結果としては、その後の作品の奥行きや深みを増すことになったのですね。そろそろ、再読してみようかな、と。
Kazumi さん、 (narkejp)
2007-04-25 06:12:36
今書店に並んでいる未刊行初期短編集、藤沢周平作品としては、いささか感心しないものも含まれています。切支丹ものなどは、私も通俗だと感じました。ですが、妻の死が近くなった時期に書かれた作品などは、哀切な中に祈りのようなトーンが感じられ、後の藤沢作品の主題が、萠芽として以上に、すでに誕生していると思います。
e g u c h i さん、 (narkejp)
2007-04-25 06:18:52
作家と同級生の蒲生氏との交友は、様々なエッセイ等に書かれているとおり、かなり深いものがあります。妻の死を看取るかたわら創作に打ち込む理由を、抽象的・観念的な作家魂などに押しつけやすい評論家とは異なり、同級生らしい、深くてリアルな視点だと思い、御紹介しました。藤沢作品に、若者の友情がしばしば描かれるのは、教師体験とともに、学生時代の記憶などが反映されているのかな、とも思います。
興味深い『秘密』でした (junction)
2007-04-25 16:44:50
「藤沢周平未刊行初期短編」を読むと共に読ませていただきました。
作品を読む上でその作者の背景を知ると言う事は読者にとっても受け取り方が随分違ってくるものですね。
にわか藤沢周平ファンの私としても興味深い『秘密』でした。

我が故郷あつみ温泉が舞台の作品があったなんて初めて知りました。いつか必ず読みたいと思います。
junction さん、 (narkejp)
2007-04-25 21:35:02
コメントありがとうございます。温海温泉を舞台にした作品というのは、「ひでこ節」ですね。これは、初期作品集の中でも、いいお話だなぁと思いました。
山形新聞夕刊の藤沢周平没後10年の連載特集、毎回かなりいい記事が掲載され、楽しみに読んでいます。

コメントを投稿

-藤沢周平」カテゴリの最新記事