電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

デュマ『モンテクリスト伯』を読む(14)~ダングラールの場合と復讐者の幸福

2007年01月12日 21時11分38秒 | -外国文学
エドモン・ダンテスを14年間土牢に閉じ込めた四人のうち、カドルッスは刺されて死に、フェルナンはピストル自殺、ヴィルフォールは発狂しますが、残る一人、ダングラールはどうなったのか。もとはといえばこの男の恨みと嫉妬心がすべての発端です。しかし、ヴィルフォールの妻と子も毒死した凄惨な様子を見て、自分の復讐が一線を越えたのではないかと疑うにいたったモンテ・クリスト伯は、ダングラールをどうしようというのか。それは、吝嗇な守銭奴から命を奪うのではなく、命より大切な金を奪う、というやり方でした。

破産して逃亡したダングラールが、ローマのトムスン・アンド・フレンチ商会に現れたのを知り、モンテ・クリスト伯に忠誠を誓う山賊の首領ルイジ・ヴァンパは、ダングラールを捕えます。が、何も要求せず、何の強要もしない。地下墓室にとらえたままただ放置するだけでした。
空腹に耐え切れなくなったダングラールは食事を要求します。その値段は、メニューにかかわらず1食十万フラン。はじめに505万フランを持っていたダングラールも、財産がどんどん減っていくのを見て、戦慄します。金の亡者らしく、財産を守ろうと絶食しますが、生死の境でダンテスの父が餓死する様子を思い出し、額を壁に打ち付けておののきます。モンテ・クリスト伯は、少なくともダングラールが死ぬほど苦しんだことを知り、最後の一人は命を助けます。

だが、復讐したはずのモンテ・クリスト伯自身もまた、苦しんでいたのでした。自分の復讐を実現するために、多くの人を不幸にする罪をおかし、自分自身が人間らしさを失ってしまったのではないか。モンテ・クリスト島の洞窟に招待されたマクシミリヤン・モレルが、死んだはずのヴァランティーヌに再会する幸福に酔っていたとき、モンテ・クリスト伯の罪の意識も少しやわらぎます。ひたむきに愛情を寄せる若く美しいエデと、失った人生をもう一度やり直すことができるのではないか?
遠ざかる船から、モンテ・クリスト伯がマクシミリヤンとヴァランティーヌに対して贈る最後の言葉は、「待て、そして希望を持て!」(松下和則・彩子訳)でした。



かたや40歳くらいのモンテ・クリスト伯と、まだ20代前半と思われるエデと、倍も年の離れた二人が本当に幸福になれるものなのか、大きな疑問も残りますが、長い長い物語も、ようやく終結。当ブログ記事も、連載の回数は全14回でした。楽しかった!この作品を、充分に満喫しました。やっぱり名作といわれるだけのことはあります。何度読み返してもあきない面白さです。毎回ちがう発見があります。たぶん、数年たつとまた読みたくなるのでしょうが、そこは再生機器を必要としない本のよさです。私の目が小さなポイントの文字を追うことができる限りは、たぶん同じように楽しむことができることでしょう(^o^)/

【追記】
全14回の記事にリンクを追加しました。
(1), (2), (3), (4), (5), (6), (7), (8), (9), (10), (11), (12), (13)
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 新カテゴリー「外国文学」を... | トップ | 冠婚葬祭の常識はだれに聞け... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ついに読了ですね (のぞみ)
2007-01-12 22:35:16
伯爵から唯一赦しを得られたダングラール、幾人の敵の中でも元凶とも言っていいぐらいの彼がなぜ赦されたのかというのはとても興味深いところでした。
再読による発見はいろいろな箇所に及ぶだろうと思いますが、ここも読む時期や環境によって相当解釈が分かれそうだなと思っています。本当にボリュームいっぱいの本ですよね。この本のおかげでこちらのブログを知ることもできましたし。
なにはともあれ、読了おつかれさまです!
おめでとうございます~。 (きし)
2007-01-13 00:52:58
narkejpさんの記事ですっかり読んだ気持ちになってしまっております。
本好きとしてそれでいいのか?という真っ当な疑問から目を背けて、私はこれからnarkejpさんにおススメいただいた「海の祭礼」にかかります。
のぞみさん、 (narkejp)
2007-01-13 11:19:59
コメントありがとうございます。たしかに、ダングラールはどうして赦されたのでしょうね。おそらく、本命は最後に復讐する予定だったのでしょうが、読者の反響を無視することができなくなったのではないでしょうか。特にヴィルフォールの妻の毒殺を教唆するくだりなどから、復讐とはいえあまりに残酷ではないか、という声が大きくなり、最大の敵を赦す、という宗教的な解決(妥協?)を図ったのではないか、というのが私の推理です。また、エデの人気もあり、ハッピーエンドの解決にするために、殺人教唆者が美しい娘と結ばれるという矛盾を避ける必要が生じた、ともいえます。そう考えると、他の三人に比べてあっけない結末も理解できます。
きし さん (narkejp)
2007-01-13 11:26:28
コメントありがとうございます。そんな、わたしの記事で読んだ気になどならないで、どうぞ一度手にとってみてください(^_^)/
『海の祭礼』も、読み終えましたらぜひ感想などお聞かせください。きしさんのコメントを読むのが楽しみです。

コメントを投稿

-外国文学」カテゴリの最新記事