電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

行きつけの文具店で蛍光ペン等を購入、『Bun2』2019/8月号を入手する

2019年08月13日 06時05分33秒 | 手帳文具書斎
過日、お出かけの際に行きつけの文具店に立ち寄り、いくつかの文具を補充するとともに、いつもの『Bun2』2019年8月号をもらってきました。購入した文具等は次のとおり。

  • 三菱 蛍光ペン PROPUS 黄 カートリッジ
  • 三菱 蛍光ペン PROPUS 青
  • 三菱 ボールペン PowerTank スタンダード 青 0.7mm
  • マルマン メモパッド A罫 および 方眼罫

このところ、ノンフィクション分野の読書が続き、蛍光ペンをどんどん使ったので、とうとうインクがなくなりました。まずは蛍光インク・カートリッジの補充です。万年筆ユーザーには馴染み深い方式で、蛍光ペンの色が薄くなったらポイ!というスタイルには、「中高年もったいない症候群」患者にはどうも少しばかり抵抗がありまして(^o^;)>poripori



また、加圧式ボールペン・パワータンク(PowerTank)スタンダードの青色は、店頭ではしばらくぶりに見かけたような気がします。以前のキャップ式パワータンクの青色は脳天気な明るい青色でしたが、スタンダードの青はジェットストリームの青に通じる系統のようです。個人的にはこちらのほうが好ましいと感じます。

そうそう、マルマンのメモパッドがまた置いてありました。一時、切れていた(*1)のがまた復活したようで、単純に嬉しい(^o^)/

(*1):マルマンのメモパッドがなかった〜「電網郊外散歩道」2018年10月



ステーショナリー・フリーマガジン『Bun2』2019年08月号は、「文房具で楽しいひとときを」という特集タイトルで、

  • 黒い紙の上に描く新感覚ぬりえ
  • ライフログでシステム手帳がブームに
  • ホビー・アートの注目新アイテム

などが内容です。どちらかというと、夏休みらしくホビー・アート系の性格が強い特集と感じます。



新製品ニュースでは、ナカバヤシの「コンパクトに折りたためるオフィス・グッズ」等が、すでに退職して職場を離れているにもかかわらず、興味深いものでした。




コメント   この記事についてブログを書く
« ビゼーの歌劇「カルメン」を観る | トップ | 枕元の雑記帳用パワータンク... »

コメントを投稿

手帳文具書斎」カテゴリの最新記事