電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

スピードスプレーヤが壊れ、古すぎて修理不能のため廃車に

2016年04月10日 06時02分18秒 | 週末農業・定年農業
亡父が70代の半ば頃に購入し、だましだまし使っていた中古のスピードスプレーヤが、ついに壊れました。型式があまりに古くて補修部品もすでにないというよりも、壊れた箇所がエンジンブロックのひび割れという致命的なものでした。仕方なく廃車にしましたが、さて今後の果樹園の維持管理はどうすればよいだろう。

中古のスプレーヤがないか、農協に頼んでメーカーにも聞いてもらいましたが、数百万円もするようなものしかなくて、週末農業で今後何年使えるかを考えると、ちょいと手が出ません。安い出物があれば報せてほしいと依頼して、とりあえずスプレーヤの更新は諦めました。さて、ではどうするか。



週末農業を始めた頃に、スプレーヤとともに動力噴霧器の使い方を習っていましたので、これを整備して使ってみることにしました。バッテリーはすっかりだめになっていましたが、古い燃料を新しいガソリンに入れ替え、手動でエンジンをかけてみるとなんとか始動しました。フュエルフィルター部の燃料もれが見られましたので、これも農協で新しいものに交換してもらい、軽トラックにプラスチック製のタンクとともに積み込み、ハーベストオイルでカイガラムシの消毒を行いました。スピードスプレーヤでの作業と比べると、次のような点が違います。

  • スピードスプレーヤのほうが散布作業が短時間で終わり、能率的。朝だけで終えることもできる。
  • 必要な薬剤の量は、スプレーヤのほうが多いが、スピードスプレーヤは進行方向に対して後方で散布するため、運転者にかかる薬液が少ない。
  • 動力噴霧器のほうが、同じ面積の散布に要する時間が何倍もかかる。朝だけでは終わらず、半日はかかる。
  • 動力噴霧器による手散布のほうが、必要な薬剤の量が少なくてすむが、風上から噴霧するものの、急な風向きの変化で薬液が作業者に降りかかることが避けられない。
  • 50メートル以上もある長いホースを引っ張りながら果樹園内をあちこち移動して作業しなければならず、けっこう腕力が必要である。

ふーむ。今後は、新しく防除衣と防除マスクを慎重に選び、ちゃんと休みを取って作業をして、終わったらシャワーを浴び、風呂に入ってゆっくり休養するということが必要のようです。

やれやれ、今年一年、まずはこれでやってみて、それで考えることにしましょう。


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 母屋のリフォームの進捗状況... | トップ | 私の好きな五重奏曲 »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
スピードスプレーヤ (pfaelzerwein)
2016-04-13 14:40:03
可成り大きな自走式のものと思いますが、こうしたものは農協さんとかその他の組合などで貸し出しなどはないのでしょうか?
pfaelzerwein さん、 (narkejp)
2016-04-13 19:54:53
コメントありがとうございます。当地では、農業委員会が農作業の賃金や機械利用料金の協定標準を定めており、スピードスプレーヤ防除の場合、薬剤は委託者負担で、純粋に機械利用料金が100L当たり1,100円だそうです。我が家の例を見ると、1回につき500L×2箇所ですので、11,000円かかります。年に9回の防除を依頼すれば、約10万円です。
もっとも、これは依頼を受けて実施してくれる人がいるという前提ですが、農協はこうした機械を所有せず、貸出はしていません。また、大部分が兼業農家ですので、週末農業で手一杯で頼まれてもできないと断られる可能性が高いです(^o^;)>poripori
結局は、各自が自力でなんとかしなければいけないのですね。
スピードスプレーヤ (tk21.koma)
2016-04-15 09:02:32
いつも楽しく拝見しております。掲題の件、知り合いの方が同様に故障した際にネットで中古品を見つけて調達されたそうです。青森から長野までの輸送費も含めて約60万だったとか。
tk21.koma さん、 (narkejp)
2016-04-15 21:12:11
コメント&情報をありがとうございます。運が良ければ、そういうこともあるのですね。農協でも探してくれているそうですが、もうすぐ桃やサクランボの開花期になりますので、灰星病対策の防除が必要です。とりあえず動力噴霧機で対応していく予定でいます。いやいや、その前に、この春の歓送迎会シーズンが早く終わってくれないものかと願っています(^o^;)>

コメントを投稿

週末農業・定年農業」カテゴリの最新記事