電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

使う頻度が下がったものとその理由

2018年07月07日 06時03分56秒 | 手帳文具書斎
10年前や20年前と比較して、使う頻度が著しく下がったり、全く使わなくなってしまった道具、ツールがあります。例えば、

  • 銀塩カメラとフィルム  デジカメが便利
  • カセットテープ、MD  FM放送のエアチェックをしなくなった、YouTube等が便利
  • HTMLエディタ  ブログで用が足りる
  • 三角定規、コンパス、トレーシングペーパー  仕事内容が変わり、作図や作画をしなくなった
  • TeX/LaTeX組版システム、製本テープ  報告書を作成する立場から離れた

などでしょうか。時代の変化によるものと、第一線を退くべき年齢になったことによるものと、両方があるようです。当然の変化ではありますが、長年慣れ親しんだツールだけに、一抹の寂しさもあります。

ジャンル:
我が家
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 『文具200%活用術』を読む | トップ | 「LPレコードの復興」が新聞... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (パスピエ)
2018-07-08 06:40:43
おはようございます
ご無沙汰しています

パスピエの場合、一番使わなくなったものは頭です(。・ω・。)
古くは電卓、ワープロ
暗算も漢字を書く能力も著しく退化しました
そして今はスマホで。。。

パスピエ さん、 (narkejp)
2018-07-08 09:32:31
コメントありがとうございます。パスピエさんは今はスマホで、充分に時代についていっておられる様子、当方はいまだに2011年1月購入のPHSです(^o^)/ たぶん来年あたりには、スマホに切り替えることになりそうです。
頭はね〜。使っているつもりなのですが、頓珍漢なことが増えましたね〜(^o^;)>poripori

コメントを投稿

手帳文具書斎」カテゴリの最新記事