電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

山響モーツァルト定期第20回で演奏会形式の「フィガロの結婚」他を聴く

2013年10月09日 06時02分39秒 | -オーケストラ
風邪で寝込んだために、少々間があいてしまいましたが、山形交響楽団によるモーツァルト定期「アマデウスへの旅」第20回で、交響曲第32番と演奏会形式の「フィガロの結婚」(ハイライト)のレポートです。記憶が曖昧だったり誤りを含んだりというのは、たぶん風邪による発熱のせいで、脳ミソが少々変性したせいでしょう(^o^;)>poripori

私は土曜出勤でしたので、山形テルサホールで妻と待ち合わせをしました。最初は駐車場側で待っていたのですが、待ち人はなかなか来らず、偶然に うに さんとお会いして、山形産業技術短期大学校の校歌作曲のお話などをうかがいました。その後、妻に電話して、待ち合わせ場所を入口側に変更し、ようやく合流。プチ「君の名は」現象です。

さて、一曲目は、交響曲第32番。10分弱の小さな交響曲で、楽譜には珍しくppやffの指定などもあり、ほんとにモーツァルトの曲?という疑問もあるのだとか。
楽器の配置は、ステージ向かって左から、第1ヴァイオリン(9)、チェロ(6)、ヴィオラ(6)、第2ヴァイオリン(8)の対向配置、ただし、コントラバス(3)は、正面奥ではなくて、今回は左手後方に位置します。これは、おそらく合唱団の配置の関係でしょう。管楽器は、正面奥にフルート(2)、オーボエ(2)、その後方にホルン(2)、クラリネット(2)、ファゴット(2)、その右手にトランペット(2)とティンパニ、というものです。

休憩の後、演奏会形式の「フィガロの結婚」(ハイライト)です。このオペラは、映像付きのヴィデオディスクで観ても、「楽しいけれどいささか長い」作品です。それをコンパクトに楽しく演奏しようという意図と見ました。

思わずワクワクするような「フィガロの結婚」序曲は、活き活きとした山響の音、そして澄んだ響きをよく表すものでした。
続いて登場する語り手は、純白のドレスを着た山形放送の青山友紀アナウンサー。これが実に「フィガロ」の語りの雰囲気にぴったりです。語りの中で、飯森さんが突然後ろを振り向いて、フィガロの気分で「倍返しだ!」と叫んだり、青山さんが「じぇじぇじぇ!」とびっくりしたりと、今年の流行を巧みに取り入れて、オペラ・ブッファ(喜歌劇)らしいコミカルさを出しておりました。
曲や場面の中では、ケルビーノ役の村松稔之さんのカウンター・テナーにびっくりです。通常はメゾソプラノで歌われるかと思いますが、「恋とはどんなものかしら」なども、たしかに少年のイメージで、これなら成長してドン・ジョヴァンニになってもおかしくなさそうです(^o^)/
森雅史さんのフィガロと萩原潤さんの伯爵、中川恵美里さんのスザンナと安藤赴美子さんの伯爵夫人との二重唱など、ほんとに素晴らしかった。中川さんの清新なスザンナはたいへん印象的でした。合唱の中から出てきて歌った、村娘役の真下祐子さんらの地元陣も、良かった~。そして、いつもながら合唱の見事なこと!ほんとに楽しみました。

ファン交流会での出演者スナップです。





体調はあまり良くなかったけれど、せっかくの楽しい演奏会の後ですので、夕食を食べていきましょうということで、会場のすぐ近くのリストランテで食事をして帰りました。




そうしたら、翌朝から発熱!最高で37.8℃でしたので、普通の風邪だと思いましたが、とにかくひたすら寝て……

ようやく復活しました(^o^)/


コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 今日は山響モーツァルト定期... | トップ | ブルゴーニュ万年筆を落っこ... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お大事に (sankichi1689)
2013-10-09 06:57:05
体調を崩されたかなと心配しておりました。お大事になさってください。

楽しい演奏会ですね。「倍返し」はこのようなところでも使われるのですね(笑)出演者の衣装の華やいだ雰囲気、とてもいいですね。

お食事の写真を朝から見て、少々おなかが空きました。
お元気になられたのですね! (うに)
2013-10-09 07:58:36
風邪を引かれたとのこと…良くなられて良かったです。あんなところで余計な立ち話をしてしまってすみませんでした。
演奏会はホントに楽しかったですね。ソリストそれぞれ聴き応えのある演奏ばかりで。演奏も良かったんですが、フィガロのぶたれ具合もとっても素敵だとおもいました(^^)
sankichi1689 さん、 (narkejp)
2013-10-09 19:41:31
コメントありがとうございます。なんとか回復して出勤出来るようになりました。
演奏会形式の「フィガロの結婚」ハイライト、良かったですよ~。山響の団員の皆さんも、このモーツァルト定期だけは女性の方々がカラフルなドレスで演奏しますので、とても華やいだ雰囲気になります。いつもの黒づくめの定期演奏会とはまた一味違うので、少々くたびれた中高年オジサンはよけいに楽しく感じます(^o^)/
うに さん、 (narkejp)
2013-10-09 20:09:25
コメントありがとうございます。いえいえ、楽しくお話できて、良かったです。プリンターのインクやレーザープリンタのトナーなどは何年くらいの耐久性があるのだろう?など、ホントはもっとお話したかったところですけれど(^o^)/
まあそちらは専門家におまかせして(^o^)/
演奏会はほんとに楽しくて良かったですね。フィガロのぶたれ具合ですか。いや~、そこですか~(^o^;)/

コメントを投稿

-オーケストラ」カテゴリの最新記事