電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

葉室麟『蜩ノ記』を読む

2012年03月17日 06時01分16秒 | 読書
祥伝社から刊行された単行本で、葉室麟『蜩ノ記』を読みました。蜩という字を何と読むのかわからず、表紙の題字の下に小さく「ひぐらしのき」とあったのを見て、「ひぐらし」と読むことを知ったというのは、実は内緒です(^o^;)>poripori

内容は、豊後・羽根藩の奥祐筆・檀野庄三郎は、城内で友人と刃傷沙汰に及び、切腹は免れたものの、家老の命で向山村に幽閉中の元郡奉行・戸田秋谷の監視役として左遷されます。七年前に、前藩主の側室と不義密通を犯した罪で戸田は死罪となるべきところを、主君の命により、十年間で家譜編纂を完成させ、切腹をすることになっているのでした。

ところが、戸田の家族と一緒に生活をするうちに、戸田秋谷の清廉さと人格の立派さ、家族の信頼に触れるとともに、山間の向山村の百姓や猟師たちの暮らしを見聞きして、庄三郎は武士のあり方や自らの生き方を問い直すようになります。
まだ元服前の息子が、父に切腹を命じた家老に迫る気迫、戸田秋谷と家老との若き日の縁など、たいへん印象的な場面も多く、第146回直木賞受賞にふさわしい完成度を持つ時代小説であると感じました。



ところで、作品の構造から、思わず藤沢周平の『蝉しぐれ』等との対比をしたくなります。例えば、家老が悪役でヒロインは主君の側室ですし、彼女は家中の対立により命を狙われますが、若き日に心を寄せた忠義の武士とともに深夜の逃避行を敢行し、救われます。彼は、農村の生活を理解し、百姓たちから絶大な信頼を得ていますが、義のために切腹する運命にあり、息子は父親を信じて疑いません。牧助左衛門や文四郎の影をあちこちに見てしまうのは、たぶん『蝉しぐれ』の読みすぎかも(^o^)/

やがて死を迎えるのは誰でも同じ。明確に期限を切られていないだけでしょう。切腹という戸田秋谷の死を美化しすぎていないか、気にかかる面はありますが、たいへんおもしろく感銘を受けた作品でした。

コメント (8)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
« 星新一『明治・父・アメリカ... | トップ | 池井戸潤『空飛ぶタイヤ』(上... »

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
初めまして。 (こに)
2012-04-29 11:18:08
今、時代小説といえば藤沢周平さんですが、若い頃、山本周五郎さんを何冊か読んだ程度で、実は藤沢さんは読んだことがありません。
久々時代小説に手を出し始めたところで、葉室さんを始め、多くの優れた作家さんがいらっしゃいますので色々読めるかと思うと楽しみです。
こに さん、 (narkejp)
2012-04-29 21:21:19
はじめまして。コメントありがとうございます。『蜩の記』、なかなかおもしろかったですね。当方、カテゴリーの記事数でわかるとおり、藤沢周平の大ファンです。ファン心理で、読者が増えれば大喜びします。『蝉しぐれ』『三屋清左衛門残日録』『用心棒日月抄』『風の果て』『橋ものがたり』などなど、ぜひどうぞお楽しみください(^o^)/
ラジオドラマ (今井)
2012-05-21 13:24:15
「蜩ノ記」がラジオドラマとして放送されます。NHKFM青春アドベンチャー6月18日から全10話。
今井 さん、 (narkejp)
2012-05-21 20:48:22
コメント&お知らせありがとうございます。さっそく探してみたところ、次のURLのものが見つかりました。
http://www.nhk.or.jp/audio/prog_se_future.html
ご指摘の番組は、これですね。MDに定時録音できないか、試してみたいと思います。
映画「蜩ノ記」 (ひろ)
2013-03-29 13:22:42
昨年、読者を泣かせた「蜩ノ記」がいよいよ映画になります。主演戸田秋谷に役所広司、庄三郎に岡田准一、薫に堀北真希、織江に原田美枝子、メガホンを執るのは黒澤明の愛弟子、小泉尭史監督で4月から6月まで岩手・長野等でロケを行い9月に完成予定、公開は2014年。
ハムリン先生は西南学院大学の学生時代、俳句部と映画研究会だったそうなので脚本も厳しくチェックされていると思うので今から封切が楽しみです。
ひろ さん、 (narkejp)
2013-03-29 20:52:51
コメント&お知らせありがとうございます。『蜩ノ記』が映画になるのですか。それはインパクトのあるものになりそうですね。公開は2014年とのことですが、今から封切が楽しみです。
映画「蜩ノ記」予告編 (ひろ)
2014-07-22 11:52:16
映画「蜩ノ記」公式サイトで予告編を観ることが出来ます。
期待が持てそうです。
ひろ さん、 (narkejp)
2014-07-22 20:40:30
お知らせありがとうございます。具体的な日程は不明ですが、当地でも上映予定が組まれているようで、楽しみです。

コメントを投稿

読書」カテゴリの最新記事

トラックバック

葉室麟「蜩ノ記」 (読書と映画とガーデニング)
祥伝社2011年11月 初版第1刷発行2012年1月    第7刷発行327頁 直木賞受賞作葉室さんは、これでもう直木賞候補にならずに済む、と仰ったとか芥川賞で、くれるというなら貰っておく、という誰かさんに比べれば遥かに「大人」ですね 江戸時代後期豊後・羽根藩の奥祐...