電網郊外散歩道

本と音楽を片手に、電網郊外を散歩。時々は実際に散歩を楽しみます。

パブリック・ドメインになって初めて知った録音〜フランチェスカッティによるメンデルスゾーン「ヴァイオリン協奏曲」を聴く

2019年03月07日 06時01分05秒 | -協奏曲
当方、若い頃から、ジョージ・セル指揮クリーヴランド管弦楽団の正規録音は、LPやCDで、できるだけ集めるようにして来ました。近年は、著作隣接権保護期間が満了し、多くがパブリック・ドメインの仲間入りを果たしましたので、販売店からの「廃盤」「品切」「再発予定なし」という回答を待たずとも、ネット上で堂々と入手できるようになり、喜んでいます。

ところで、先日「クラシック音楽へのおさそい〜Blue Sky Label〜」のデータベースで「Szell」を検索したリストを眺めているうちに、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲が含まれていることに気づきました。ヴァイオリンをジノ・フランチェスカッティが演奏する1961年のステレオ録音です。

はて、こんな録音、何度も何度も眺めている1970年の CBS-SONY のレコードカタログでも記憶がありません。どれどれ……




うーむ、見つけてしまいました。ジョージ・セルの録音のところにはなくて、フランチェスカッティのところに、シッパース指揮ニューヨーク・フィルとのチャイコフスキーとのカップリングで掲載されていたのです。SONC-10062、実に49年ぶりの発見です。

そういえば、いわゆる「メン・チャイ」カップリングの人気始めは、1950年代のフランチェスカッティのモノラル旧盤だったらしい。その再録音の片方が、なんとセル指揮クリーヴランド管とだった、ということなのでしょう。

YouTube にもありました。
Mendelssohn Violin Concerto Zino Francescatti The Columbia Symphony Orchestra, George Szell


美音のヴァイオリニストとしてのフランチェスカッティの魅力と、1960年代初頭のジョージ・セル指揮クリーヴランド管のストイックな強さの魅力とが、不思議な説得力を持っています。メンデルスゾーンの別な面、恵まれた環境に育ったひよわなボンボンではなくて、たぐいまれな素質を持ちながら抑圧されることへの強い抵抗感や意思を持つ存在としての面に触れるようです。

コメント (2)