一期一会

α7RⅡで写真を撮っています。また、オーディオや車のことにも触れていこうと思います。

ソニー 85mmF1.8 ファーストインプレッション その2

2017-11-26 12:42:58 | 日記
 すみません、仕事が多忙なため、かなり空いてしまいました。85mmF1.8のインプレ、画質編です。
 人によってはかなり気になると思う解像度ですが、十分に解像します。絞り開放値を無理していないためか、絞り開放から比較的安定して解像します。ただ、当然、絞っていくと性能的には良くなっていきます。撮っていく中で、「おっ」と実感できます。
 ボケですが、嫌みのない、素直なボケだと思います。ただ、口径食がレモン型になるのは、価格とサイズを考えるとやむを得ないかなと思います。そこまで高いレベルを求めるのであれば、それなりの価格のレンズを求めないと・・・とは考えます。
 GMのような究極の写りや、Batisのような独特の空気感(?)のような写りはしませんが、ローパスレスのα7RⅡのすっきりとした描写傾向と併せ、とても清々しい写りになることが多いです。個人的な感想として、ちょっとすっきりし過ぎになることもあるので、少しα7Ⅱが懐かしくなることもあります(笑)。今後、α7RⅡの設定を変えて、85mmを付けた際の好みの描写を見つけていこうと思います。

 絞りF2ですが、やはり前後のぼけ具合は大きいです。


 ボケは、嫌みのない、すっきりとした感じです。
コメント

ソニー 85mmF1.8 ファーストインプレッション その1

2017-11-05 12:40:05 | 日記
 遅くなりましたが、以前購入した、ソニーの85mmF1.8のファーストインプレッションをしたいと思います。今日は使用感についてです。
 以前、このレンズを購入した旨ご報告しましたが、個人的な撮影の仕方として、AFである程度合わせて、DMFで追い込むという仕方をしています。ミノルタのαー7(フィルムカメラ)の頃から、このやり方でAFを合わせてきています。それはデジタルカメラになって、より一層慎重にフォーカスを合わせることが求められるようになっても変わりません。
 今回、85mmを使ってみて、一応DMFを使いますが、それほど調整する必要はないかと思っています。それだけ、ソニーのα7シリーズのAFの性能が上がってきているということだと思います。ただ、当然、細かい所に合わせようとするときには、DMFを使って慎重に合わせています。
 以前のBatisを手放す理由となったフォーカスリングですが、非常に使い易いです。単焦点レンズとして理想的な位置にフォーカスリングが来ているので、DMFも楽しく行えます。そういう意味で、買い替えは成功だったと思っています。
 絞り開放値をF1.8に抑えているので、F1.4のレンズに比べてサイズ的には小さく済んでいて、持ち運ぶ際には鞄の中に入れやすく、助かっています。50mmF1.8とは違い、外装が金属なので、それなりに所有欲も満たされます。
 
 次回は、描写について触れたいと思います。

 歩道橋の幕にAFで合わせています。DMFで調整する必要がありませんでした。


 3つのライトの真ん中にDMFで合わせています。さすがにこのような被写体だと、微調整が必要です。
コメント

磐梯ゴールドライン

2017-11-03 16:24:09 | 日記
 磐梯吾妻スカイラインを走り抜け、レークラインを走った後、会津の方に抜けようと考えました。そこで通ったのが、磐梯ゴールドライン。過去、走ったかもしれないけれど、記憶になし。もしかすると今回初めてかも…と思いながら運転していくと、思いのほか綺麗な紅葉が。磐梯吾妻スカイラインではよく見えなかった紅葉を、ゴールドラインで楽しむことが出来ました。
 しかし、猪苗代湖に近づくと、再びの濃霧。この日は霧に泣かされっぱなしでした。ちなみに、初めて、アクセラのカメラが機能停止しました。霧のためにシステムが正常機能しない恐れがあるためだと思います。

 想定していなかった分、その紅葉の綺麗さに驚きました。
コメント