一期一会

α7RⅡで写真を撮っています。また、オーディオや車のことにも触れていこうと思います。

α6000+FE70ー200F4 ~スポーツ撮影用として~ 

2015-11-29 15:27:44 | 日記
 暫く空いてしまい、申し訳ありません。仕事等により、時間が取れませんでした。
 以前、Aマウントをやめる際、サブ機として、α6000を購入しました。値段的には、無印α7も買うことは可能でしたが、α6000の爆速AFという特徴に魅かれ、また、フルサイズセンサーとAPS-Cサイズセンサーの違いによる画角の違いも、α6000をサブ機として購入する理由の一つとなりました。
 この秋、姪のスポーツ観戦で、α6000とFE70-200F4を使って撮影する機会がありました。ファインダー上で被写体をずっと追いかけるため、アフタービューを切り、連写は、撮影枚数が多すぎても困るので、ミドルまでにしましたが、過去に一眼レフで撮っていた時とほぼ同じ感覚で、撮影し続けることが出来ました。噂通りα6000のAFは爆速で、すぐにフォーカスが合うので、被写体を追いかけるのは楽でした。
 ちなみに、α6000とα7ⅡのAFは、いずれも親指AFにしてあります。シャッターボタン半押しの感覚が分かり辛い両機種の場合、親指AFはかなり有効だと思います。あと、α6000とα7ⅡのAFの違いですが、α7Ⅱの方がセンサーサイズが大きい分、AFが慎重になっていると思います。見た目「合っている」というレベルになるのは、やはりちょっとだけα6000の方が早いように思います。ただ、一度合うと、α7ⅡもAFは非常に良く追従します。
 運動会レベルなら、ミラーレス一眼でも、もう十分対応可能ですね。あとは撮影者が事前に練習すれば、大丈夫だと思います。

 スポーツの写真は、他人が沢山写り込んでいるので、ここではアップ出来ません。他の写真を・・・Batis85mmの近距離でのボケですが、個人的には、良好なボケ方だと思います。
コメント

久しぶりに燃費の話

2015-11-12 00:23:26 | 日記
 最近、車のことを話題にしていませんでした。
 納車から間もなく2年経ちますが、アクセラは相変わらず調子いいです。パックdeメンテに入っていて、半年ごとにディーラーでチェックしてもらっているので、安心して乗り回して(?)います。
 私の場合、車を通勤には使っていない(といいますか、会社で、原則として車を通勤には使用してはいけないことになっています。)ので、車の用途としては、9割以上が旅行やドライブです。日々のスーパーへの買い物にも使っていないので、1回あたりの走行距離が10kmを下回ることはありません。1日で600km以上走ることもあります。
 で、先日、東北に紅葉を見に行ってきたのですが、MRCCを、高速道路(アップダウンがかなりありました)と一般道(信号は少なかったです)で半分くらい使い、大人3人乗った状態で、16.8km/ℓ(満タン法)いきました。夏の冷房をガンガンきかせた状態で、大人3人で14km/ℓ余り。いつも平均すると、大体15km/ℓくらいですが、17km/ℓ近くいくとは、思ってもみませんでした。ドライビングも楽しめますし、本当にいい車です。

 Batis85mmにて。このくらいの明るさでも、充分使えます。使い勝手のいいレンズです。
コメント

Batis85mmF1.8 その3(描写編)

2015-11-08 10:42:36 | 日記
 暫く空いてしまいました。ごめんなさい。
 Batis85mm、描写についてです。結論から言うと、「良く写ります」となりますが、それでは参考にならないと思いますので、少し個人的な感想を。
 解像感は、私の使用しているα7Ⅱだと、開放から十分過ぎるほどです。ゾナー構成が影響しているのかもしれませんが、開放でもピントの厚さがあり、DMFやMFでも余裕で合わせることが出来ます。そのため、開放のF1.8からF2くらいの絞り値でも、十分な解像感のある写真を撮ることが出来ると思います。
 ボケは、どちらかというと、あっさりというよりは厚みを感じさせますが、ざわつきは余り感じられず、自然な感じにボケていく印象です。ただ、最初の写真でも思いましたが、開放近くの絞りだと、渦状のボケが出るかもしれません。渦状のボケはクラシカルな描写をイメージさせますが、描写自体にはクラシカルな部分は感じられません。その辺りはさすがツァイスだと思います。
 そういえば、絞りは円形絞りではありません。85mmレンズは、ミノルタ・ソニーと使ってきたので、円形絞りが当たり前と思っていましたが、今回は点光源のボケが入る際には、少し気を付けようと思います。
 某家電量販店のレビューでも触れられていた歪曲は、確かに少し感じられる時がありますが、常に感じられるわけでもないので、個人的には余り気にしないようにしています。背景とか配慮すればいいことですし、どうしても気になるなら、RAW現像時に補正すればいいと思っています。
 ソニーのプラナー85mmを使っていた時は、ミノルタの85mmを使っていた時のように、あっさりとした一面を持ちつつも、ツァイスとしての色の厚みを感じていましたが、今回のBatis85mmは、より厚みを感じる印象です。噂ではソニーから85mmレンズが発売されるとのことですが、Batis85mmも、十分魅力的な描写だと個人的には思っています。今購入を検討されている方がいれば、待てるなら、ソニーの85mmが発売されてから比較検討した方がいいと思いますが、行事などで早く購入しなければならない方は、Batis85mmを購入されても、後悔されることはないと思います。

 暗くなってきて、店のライトがいい雰囲気だったので、撮りました。AFは位相差AFセンサーの範囲外の位置でしたが、ほぼ問題なかったです。フォーカスの微調整をDMFでしています。
コメント