一期一会

α7RⅡで写真を撮っています。また、オーディオや車のことにも触れていこうと思います。

CDとレコード

2015-04-29 15:39:43 | 日記
 今日は、中古で買ってきたレコードで、交響曲を初めて聴きました。そこで実感したのは、ボリュームを上げられること、言い換えると、CDと比べて、高音域がうるさいと感じないことでした。
 前に触れたように、今のカートリッジだと、高音域はそんなに強く出ていません。しかし、CDだと、そもそも高音域が耳に突き刺さるような印象で、交響曲のCDは、ボリュームを下げて聴くことが殆どでしたが、レコードでは、音の出方が違うのでしょうか、耳に突き刺さるような感じを受けません。これは、どちらかというとハイレゾに近い感覚なのかもしれません。
 もちろん、それぞれのCDやレコードの、録音状況の差異もあるかと思います。一概には言えないと思いますが、レコードを聴いていて、今日は気持ち良く感じました。レコードに拘って、未だにメインで聴いていらっしゃる方の気持ちが、少し分かったような気がしました。

コメント

CP-1050 ファーストインプレッション

2015-04-28 23:24:53 | 日記
 新規に購入したCP-1050の、現時点での感想です。
 外見は、実売5万円とは思えないくらい、高級感があります。ラックが黒で、色がマッチしていて、落ち着いた印象を与えてくれます。ただ、カートリッジが赤なので、そこは安っぽさを感じさせます。
 使い方は、電源を入れ、ボタンで回転数を選び、スタートボタンを押すだけです。アームの形状や、ボタンの数からして、デノンのDP-500Mと実質的に同じ(OEM?)と思われます。ただ、ターンテーブルとモーターが違う(カートリッジも)ので、出てくる音は違うと思います。また、それらの違いが値段の違いなのかもしれません。
 音ですが、中低音がちょっと厚めに出てきます。「この音は昔聴いてたよな~」と、懐かしむことができるかもしれません。ただ、現状の私のシステムだと、中低音がメチャメチャ厚いという訳ではなく、よくよく聴くと、ちょっと厚いかな~という感じです。中古で買ってきたレコードをCDと聞き比べると、高音や低音が、ちょっと弱いと思います(それで中音域が厚いと感じるのかもしれません)。解像感もそれなり。カートリッジを替えると、良くなると思います。カートリッジは、店員に相談したいと思います。

 
コメント

ONKYO CP-1050

2015-04-25 19:16:25 | 日記
 先日来、ずっと悩んできました。とうとう、手を出しました。
 自分が音楽を聴き始めたのは、中学に入った頃あたりからで、ちょうどその頃、CDが発表・発売されるようになりました。当時、図書館に行けば、レコードは借りることは出来ましたが、CDはまだまだ置いているところは少なく、置いてあったとしても、非常に僅かでした。
 自分がミニコンポを買ってもらった頃、CDがかなり発売されるようになりました。当時のミニコンポは、レコードプレーヤーとCDプレーヤーの両方が付いていて、当時は、シングルはレコードしかなく(8cmCDシングルはまだ発売されていなかった)、KUWATABANDのシングルレコードを買って、少しだけ聴いていました。
 それから、CDがどんどん発売されるようになり、アルバムはおろか、シングルレコードも買うことはなくなりました。

 最近、ハイレゾとともに、レコードの音も見直されるようになりました。ただ、自分には、ミニコンポのレコードの音しか経験がなく、今のシステムでレコードを「聴いてみたい!」という欲求が出てきました。悩んだのは、本格的なレコードプレーヤを使ったことがなかったので、果たして使うことが出来るのかということと、アナログにどこまでお金を掛けるべきかということ。悩んで悩んで、出した答えが、CP-1050でした。
 購入して、配送されてきて、設置。針圧を掛ける段階で説明書を読み間違え、悪戦苦闘して何とか音出し。KUWATABANDのシングルを聴いたとき、当時を思い返していました。
 これから、いろいろ調整して、またカートリッジの交換などもして、楽しみたいと思います。



コメント

白っぽい?

2015-04-19 09:50:12 | 日記
 ここ2日間、ネット接続ができず、原因を調べたら、無線LAN機器(B社)がおかしくなっていたようです。電源を入れなおして、なんとか復活しました。
 日が昇り、公園内をゆっくり回っていましたが、ちょっと違和感がありました。タカトオコヒガンザクラが、以前のときより白っぽい感じがします。10年前、フィルムで撮った写真(プロビアで撮りました)には、これでもかという位のピンク色が・・・でも、今回の満開で見た色は、少しピンクがかってはいますが、基本、白色が中心。う~ん、アジサイでは土壌の性質により色が変わると聞いたことがありますが、タカトオコヒガンザクラでもそうなのでしょうか。
 公園を出て、駐車場に向かう際に、すぐ近くに咲いているタカトウコヒガンザクラを見ると、思いっきりピンク色でした。そうそうこの色、と思い、写真を撮りました。

 公園の外のタカトウコヒガンザクラです。写真を見比べてもらうと、ピンク色が濃いことがお分かりいただけるかと・・・改めて写真を見直すと、日が当たって、ちょっと白っぽくなっていますね。あのピンク色は、現像時に注意しないと、上手く再現できませんね。
コメント

マイナス0.7、マイナス1.0

2015-04-15 21:55:21 | 日記
 桜雲橋に日が当たるのを見ようと、家族で待っていると、私のすぐ脇に三脚を立てる年配の男性が。そんなに混んでいない状況で、そんな近くに三脚を立てるとは思っていなかったので、ちょっとビックリ。いろいろ話しているのを聞いていると、どうやら私が立っていた辺りに三脚を立てたかったのに、私が家族とずっと待っているので、いらついている様子。その男性は、団体で来ている写真グループの先生役のようで、他の人達に、桜雲橋をここから撮れと、私の身体の脇からカメラを出させていました。
 お仲間との会話の中で、男性は、「マイナス0.7かマイナス1.0で撮っておけばいい」と、他の方達に大声で説明されていました。うーん、カメラの機種や測光モードによっても露出は微妙に違うので、単純にその説明でいいのだろうか・・・と悩んでいると、いつの間にか桜雲橋に日が差し始めたので、写真を撮って移動しました。人に説明するのは、難しいですね。

 日が差していない時の方も、また趣があっていいですね。


 広く見ると、こんな感じです。
コメント