物造庵 ものつくりあん ナラ(楢崎賢)

ものつくり人「ナラ(楢崎賢)」による
絵や作品の制作過程、自作詩の発表、その他徒然…

ボギー家族ライブ!@東京青山月見る君想ふ 2018.8.9

2018年08月10日 02時02分44秒 | 徒然のこと


に、行ったのだー!ずっとは続かないと分かっているバンドの気合い入った一ヶ月ツアーの最終日。となったらもう見に行くしかないでしょう!ってことで行って来ました。
興奮の中、今中野のネットカフェで書いている。
オープンは16:00で、16:30過ぎに入った。モンド君の似顔絵屋さんの時間にテンちゃんと今ちゃんは気ままに遊びながら似顔絵も描いている。他にも元気な子どもたちがたくさんいて、子どもの社交場にもなっている。タイミングが合ったから、今ちゃんに似顔絵描いてもらった。ライブが始まるまでは時間があったけど、全然退屈じゃなかった。不思議と落ち着くいい空気感が漂っている。初めて行った場所なのになんか落ち着く。
18:00からボギーさんの子育てトーク。主にモンド君のことだけど、ボギーさんの大事にしていることを裏表なく子どもらにも伝える、っていう向き合い方がよく分かった。実はなかなか難しいことだと思う。どうしても親ってカッコつけたがるものだから。特に、世界の色の話をモンド君と話すっていうくだりがとても心に残った。ボギーさんはただ自由にさせるだけじゃない、ほんとに丁寧に子どもたちと関わっていると思う。
そしていよいよボギー家族のライブ!
ボギーさんの弾き語りソロから始まって、ウィーウィルロッキューでタイミングよく加わるメンバー、そして歓声。セットを家族に伝えてないってことは、ボギーさんの歌い始めで子どもらも察知したってことか!マジか!
テンちゃんのカホンは今日もキレてた。モンド君はやる気なさそうに見えるけど、バッチリのパーカッションでマイクのエアーも音量バッチリ。鳩の歌でベイビーさんの歌が聞けたけど、やっぱりいい声だなあと思う。そしてやっぱり今ちゃんは今日もロックンロールクイーンだった。今ちゃんと遊びたくてステージに上がりそうなたくさんの子どもたちを見ながら、でもそれもうまくライブに絡めていくバンドに力強い成長を見た!第1部最後はついに子どもたちを全員ステージの上にあげ、笑いと大盛り上がりのフィナーレ。でもまだ半分だよね!
第2部は最初カバーが多めのセット。そして定番の名曲の数々。今日は最初から最後までずーーーっと顔が緩んだ笑い顔で観てた。たぶん会場にいる人みんな。でもボギーさんが弾き語りで歌った家族のうたで、ステージ前で観てたお母さんが泣いていたのをおれは見逃さなかった。
そしてもちろんカーニバルからボギ八先生の流れ鉄板!
素晴らしかった!本当にすごいなあと思ったのはやっぱりバンドのグルーヴ感。ブレイクで息が合う瞬間!ツアーで場数を踏んで来たからこそ、という部分と、その時の一瞬一瞬を生きている子どもたち、という部分が絶妙なバランスの上で組み合わさった、その時にしかありえないグルーヴ。バンドのメンバー一人一人が個人だ、という話、まさにそうだなあ。つまりバンドって奇跡なんだなあって思った。終わった後に、いつまでもは続かないバンドだって思い返してまた今日のライブがいとおしくなった。
ボギー家族のみなさん、1ヶ月間お疲れさまでした!

写真は物販で買ったのと今ちゃんの似顔絵。

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 東の空にあなたの気配 | トップ | 衣装Tシャツできた »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

徒然のこと」カテゴリの最新記事