アラフォーの「あをによし」ブログ

奈良に住むアラフォーのおっさんの日常をつづります。ほんまにどこにでもいるおっさんです。

復刻/限定ユニフォームへの違和感

2017-05-12 00:01:23 | 考えたこと
 ここ十年ほどのプロ野球を見ていて、いつも拭えない違和感がある。いわゆる「復刻ユニフォーム」「限定ユニフォーム」という企画である。

 「オリックスバファローズ」が、前身である「阪急ブレーブス」や「近鉄バファローズ」のユニフォームを身にまとって戦う3連戦があったり、阪神タイガースが黒や黄色のオールドユニフォームで試合をすることがある。ソフトバンクホークスに至っては、いつもの黄色のユニフォームが「青色」「赤色」など全然違うユニフォームになっていることがある。MLBでは以前から行われていた手法で、日本でも21世紀になったころから少しずつ行われている。
 昔のユニフォームに往年の日々を思い出したり、いつもと違う雰囲気を楽しんだりするのが楽しい人もいるだろうし、球団としてもユニフォームが売れてお互いにWin-Winの関係になるのだろうが、私は以下のような理由で反対である。
 ①色をコロコロ変えるとチームカラーが何色かわからなくなる。チームカラーってもっと大事にするものやと思うねんけどなあ。
 ②昔の思い出は昔のままでそっと取っておきたい。安易に復刻させるのは往年の思い出や誇りを軽くしてしまいかねない。
 ちなみに、始球式とかでチームOBが当時のユニフォームで出てくるのは、球団側の配慮があって好きなんだけどね。
 自分の意見が絶対的少数意見であることは承知の上だが、こういう意見もあることは分ってほしい。(有名人では元オリックス選手のパンチ佐藤氏が同じようなことを言っていた。)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 練習 2017-05-07 | トップ | 止まらない時間 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

考えたこと」カテゴリの最新記事