NARAYA CAFE のできるまで

歴史あるリゾート、箱根宮ノ下駅前で、古い建物を利用したカフェ&ゲストハウスをオープンするため、改装にはげむ日々を綴る

11月のNARAYA CAFE

2015-11-05 12:59:43 | 2015シーズン
日ごとに寒くなり、木々も色づいてきました。
今年はどうやら紅葉の進みが早そうです。
例年だと11月のあたまは色づきはじめるくらいの時期なのですが、今年はすでに見頃を迎えつつあります。




11月、ギャラリーでは窪田京子展を行っています。
窪田さんには5年前の2010年にもギャラリーで展示を行っていただきましたので2回目の展示になります。







窪田さんの作品の多くは方形のグリッドを基調にした構図で、非常に緻密に描かれています。
なのになぜか、森とか花を見ているような暖かい印象を受けるのです。
僕自身、抽象画にはあまり関心の無いほうなのですが、風景など具象の中の美をこんな風に力強くかつ優しく伝えることができるということを窪田さんの作品から学んだような気がします。

窪田京子展は紅葉シーズンの11月中、ギャラリーで開催していますので、是非ご覧ください。


Terrace棟(仮称:まだとれず、、、)のほうは解体作業がほぼ終わりフレームだけの状態になっています。



3F(眺めのテラス)部分




2F部分





1F(キッチン&ラウンジ)部分


いま一番イマジネーションが湧く状態なので設計作業を進めつつありますが、大工さんの(床などの)仕上げ作業もはじまりつつあり、1~3F同時に(設計の)締め切りに追われています、、、、
NARAYA NOW11月号もすでに入稿期限を迎えつつあり、店も紅葉シーズンで忙しくなってきて、、、、と計画性のない自分の設定した締め切りに後悔しつつ、なんとかギリギリで間に合わせて日々過ごしております。
コメント   この記事についてブログを書く
« NARAYA NOW発刊しました | トップ | “彩織mal” aki koizumi 展 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

2015シーズン」カテゴリの最新記事