NARAYA CAFE のできるまで

歴史あるリゾート、箱根宮ノ下駅前で、古い建物を利用したカフェ&ゲストハウスをオープンするため、改装にはげむ日々を綴る

雨降りの9月

2016-10-07 08:06:07 | 2016シーズン
それにしても今年の9月は雨が多かったですね。

夏休みの賑わいも落ち着いたので、9月はスタッフも含め交代で壁塗りをしようということで、だいぶ進みました。
もくもくと壁を塗るには雨もまた良しなのですが、何日も降り続くと気分が落ちてきてしまいます。

とくに定休日の水曜日がことごとく雨なのが辛いです。
7月まで現場の打ち合わせを主に定休日の水曜日にしていたので出掛けられず、「9月になったら定休日は体を動かすぞ!」と思っていた矢先、今度はお天気に阻まれてしまいました。

天気予報サイトによると東京で雨が降らなかったのは9月23日までの23日間で、1日と17日の2日間のみだったとのこと。
異常ですね、、、、
晴れの日(あるいは雨の降らない日)がこんなに貴重で待ち遠しく思えたことは今までありません。

そんな貴重な晴れの日だった17日は子供たちの小学校の運動会が奇跡的に(!)開催されました。
それに合わせて来てくれたえみの両親が、翌日から雨の中、精力的にいろいろな作業をしてくれました。



テラス棟下の入口近く、配管がごちゃごちゃで時に汚水が溜まって異臭を放っていた配水管をまとめてくれたり






こども図書コーナーに設置する本棚を製作するため、普段、岐阜のえみの実家でやっている木工作業を、出張してやってくれました。
いわば、「出張工房あつすけ」です。


完成したドールハウス風本棚がこちら。
この冬の足湯デッキ張り替え作業で生じた廃材を利用しています。
ポイント的に少しペンキで色を付けて、絵本用の本棚として活用する予定です。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



さて、運動会の日ともう1日、晴れた貴重な週末だった25日はまだ完成していないテラス棟でイベントがありました。

宮ノ下駅前の坂「あじさい坂」沿いにはNARAYA CAFEのほかに友人であり設計士のNaotoがはじめた「宮ノ下食堂森メシ」とイタリアン2013年オープンしたイタリアン「ソラアンナ」という2つの飲食店があります。
たまたまオーナーが3人とも同い年ということもあり、「あじさい坂商店会」なんて冗談半分で言っているのですが、テラス棟が出来たらこの2店とコラボしてパーティーなどのイベント活用も出来るのではないかと考えています。

そんなところに、以前、カフェで週末スタッフとして働いてくれていたYukoちゃんから「NARAYAでパーティーできないか?」というオファーがありました。
聞くと仲の良い友人達+その子供たちで、メンバーの1人の結婚を祝うパーティーをやりたいとのこと。
思えばまだ家族労働+αくらいでカフェを運営していた2009年の夏の終わり。
Yukoちゃんら臨時で働いてくれたスタッフ達とともにNARAYA CAFEでパーティーをしました
あの時の楽しさというか空気感を覚えて居てくれたYukoちゃんが、是非NARAYAでやりたい、、、、と直感的に思ったのだそうです。

これは何とも良いタイミングだし、実験的に建設中のテラス棟を使ってしまおう!!ということになりました。
話をもらった時には「これはちょうど壁塗り作業のお尻が決まってよいかも」、、、と思ったのですが、案の定そんなに早くは終わらず、塗り残しの壁が何枚か残り、ロフトに手すりも付いていない状態で当日を迎えました。




当日は雨続きだった9月にあって、これまた奇跡的な快晴の日。
思えばYukoちゃん、スーパー晴れ女で、2009年当時、彼女の手伝いに来る日は決まっていいお天気でした。
今は結婚して姫路に住んでいますが、兵庫県の晴天率を上げているに違いないと思います。



お天気が良かったので、料理はバルコニーに並べました。
ちょっとしたガーデンウエディング風です。
天気の悪いときはどうするか、、、というのが今後の課題ですね。
それから、山なのでトンビやカラスなどの襲撃もあり得るかも、、、、





前菜とパスタはソラアンナさんにお願いしました。
今回のために料理の表示プレートも作ってくれていました。
もっとたくさんあったのですが、最初の時に写真を撮りそびれてしまいました。



続いて、森メシからサラダと揚げ物が届きました。

どちらのお店もランチタイムはとても忙しい日曜日。
その後の休憩時間を削って仕込みをしてくれました。
大感謝です。



食事の後はビデオ上映会。
スクリーンが用意できればいろいろと写せるところはありそうですが、とりあえず今回は白い壁を利用。

今回、ほぼ半数が子供たちだったのですが、子供たちは当たり前のようにロフトがあると登ります。
まだ柵を付けていない建設途中の状態なので、落ちやしないかとヒヤヒヤしましたが、全く大丈夫でした。
というのも、毎年家族でキャンプをしたり富士山に登ったりしているグループの子供たちなので、高さや危なさに対する感覚が自然と身についているのでしょう。
都会でインドアでばかり遊んでいる子供たちだと、この限りではないかもしれません。

NARAYA CAFEをはじめてはや9年。
ときどき電話などで「富士屋ホテルの挙式のあとに2次会をやりたいんですけど」という問い合わせもあります。
結婚式の打ち合わせなどで何度となく足を運んでいると、駅前で足湯のあるNARAYA CAFEが目に入るのも自然なことだと思います。
ただ通り沿いでオープンなスペースである足湯を「本日貸切」としてしまうのは抵抗があって、これまでそういうオファーは断ってきました。

けれど今回のような形であれば、貸切のイベント利用の可能性も開けてきたかなと思います。
現在建設中のテラス棟3Fは「本」が目玉なので、本を閲覧できるコーナーを廊下側に配置して、トイレと同様、貸切利用時にも使えるようにします。
そして足湯はこれまで通りあくまでパブリックスペースで、パーティーの人達の一部が流れてきても良いけれど、一般のお客さんも一緒に利用するという形になります。

あとはわれわれ3店舗で、いかに負担がかかりすぎない形で、時間配分なども含め、コラボする体制を作れるか、、、
「あじさい坂商店会」と称して、飲みながら、今後のあり方を考えていきたいと思います。


コメント   この記事についてブログを書く
« 9月のギャラリー | トップ | 10月の四畳半 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

2016シーズン」カテゴリの最新記事