NARAYA CAFE のできるまで

歴史あるリゾート、箱根宮ノ下駅前で、古い建物を利用したカフェ&ゲストハウスをオープンするため、改装にはげむ日々を綴る

屋根の上のヴァイオリンコンサート11.21(土)

2020-10-28 09:34:08 | 2020シーズン
久しぶりの投稿です。
NARAYAマスターのあどぅーです。

箱根登山鉄道が台風で不通になってからはや1年。
というかまだ1年。

あれから色々なことがあったので、えらい昔のことのように思います。
ラグビーW杯も盛り上がっていた時期だったので、箱根にもわんさか外国人がやってきて、、、と、あの頃のことは夢の中の出来事のようにさえ思います。

登山鉄道が止まり客足が途絶え、ただただ手をこまねいていてはいけない。
行動しないと、、、、ということで最初にやったのがユースクラシックのメンバーを招いてのチャリティーコンサートでした。


あれからちょうど1年。
その間、コロナウイルスによるパンデミックを経験し、色々なことが今までと変わってしまいました。
とはいえ、7月に箱根登山鉄道が復旧して、10月からはGo To キャンペーンが本格的にスタートして、、、、、、と着実に観光地箱根の日常は戻ってきています。

感染への恐怖や行動の制限で、とかくギスギスしてしまいがちな今日この頃。
山を眺めて温泉に浸かることは、すこしささくれ立ってしまった心も癒します。
観光は「不要」ではないということを、多くの方が身をもって感じてくれていることと思います。
とはいえ、ちょっとしたことで首をもたげてきてしまう恐怖や不信感、我々としてはそれを「拭き取る」べく、店の雰囲気を柔らかくするように勤めています。
(もちろん、物理的な除菌もせっせとやっていますけど)

まだまだ全快とまではいかないけれど、日常が戻った喜びをここらで表現しても良いのではないか、、、ということで、秋空の下、再びNARAYA CAFEにてコンサートを企画いたしました。



コンサートを行うにあたって密を避けるのは鉄則なので、屋外で開催します。
なおかつ、今回のステージは足湯の正面に見える三角の屋根(Naraya tabi Booksの建物)の上に特設します。

まさしく「屋根の上のヴァイオリン弾き」です。


ちょうど写真の白いシートが置かれているあたりです。
(ちゃんと水平にステージを組んで演者が危なくないように手すりも付けます。念の為)

屋外コンサートという性格上、雨天の場合は残念ながら中止となります。

また、足湯からも通りからも見ることができるし、さらには登山鉄道のホームからも見えてしまう会場なので、入場は無料。
ご覧いただいて心意気を感じていただいた方からは投げ銭を受け付けます。
今回、箱根はすでに復興を遂げていると言って良い状況なので、チャリティーは行いません。
コロナ渦で活動が限られているユースクラシックへの活動費とさせていただきます。
いわばストリートミュージックです。


登山鉄道のホームからも聞こえる(そして見える)コンサート。
箱根に、宮ノ下に日常が戻った、その賑わいを少しでも多くの方に感じてもらえたら幸いです。




駅のホームから見ると、、、、




コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 10月の展示 | トップ | 11月の展示 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (桜井ひとみ)
2020-11-11 15:54:24
本当に、なんというかすごい1年でした。
今でも夢じゃないのかと思ってしまうくらいです。
いろんなことが起こりすぎて目が回りっぱなしです。

そんな中でもご家族皆さん変わらぬ笑顔で
過ごしていらっしゃる、あどぅ家は私の憧れです。
カフェがまた一段とすてきになって❤️

遅くなりました。リニューアルオープン
おめでとうございます。

また寄らせていただきますね。
これからもずっとすてきな場所であってください。
ひとみさま (安藤えみ)
2020-12-07 21:17:49
メッセージ嬉しく拝見しました。
本当にジェットコースターのような一年でしたが、変わらずお客さんが来てくれること、有り難い毎日です。
富士屋さんの帰りにでも、ぷらっとお茶しに寄って下さいませ♪

コメントを投稿

2020シーズン」カテゴリの最新記事