NARAYA CAFE のできるまで

歴史あるリゾート、箱根宮ノ下駅前で、古い建物を利用したカフェ&ゲストハウスをオープンするため、改装にはげむ日々を綴る

足湯着々と

2007-07-09 00:02:16 | カフェ棟改修作業
ようやく梅雨らしい天気になってきました。
雨が降ったり止んだりの毎日、テラスから見える山々には霧がかかって壮大です。
通りかかる外人さん達も思わず「Great!!」とか言ってます。
実はこの時期、カフェに座ってゆったりと過ごすには最適の季節なのかも知れません。




足湯の工事も大詰めを迎え、大工さんの手で座面の板が張られてきました。
この足湯、大小2つの浴槽から出来ているのですが、瓢箪型(?)を意識して曲線を使った形になっています。
コンクリートを打つときは、型枠のベニヤをぐにゃっと曲げればよいだけだったのですが、いざ木工事をするとなると、細かい収まりが非常に難しい。
「こりゃ出来ねぇよ~」という大工さんと「そこをなんとか」という設計士のNaoto。
双方、時には折れつつ、譲れないところは譲らず、なんとかここまで形になりました。

これから、トイレの床や足湯の底にタイルを貼ったり、家具もいれなきゃいけないし、看板も作らなくちゃ・・・といろいろやることはありますが、ひとまずこれで、足湯を含めた、カフェのハードについてはおおむね完成したことになります。
ここまで完成させてくれた設計士としてのNaoto(コンサルタントとしてのNaotoにはこれからもずっとお世話になりますが・・・)、材木店の社長と若旦那、人手が足りないのを自ら現場に出て補ってくれた土木屋さんの社長、そして大工さん達に感謝したいです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 昼間っから飲めるおしゃれな店 | トップ | 8月3日よりギャラリーと足湯... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

カフェ棟改修作業」カテゴリの最新記事