NARAYA CAFE のできるまで

歴史あるリゾート、箱根宮ノ下駅前で、古い建物を利用したカフェ&ゲストハウスをオープンするため、改装にはげむ日々を綴る

12月1月の四畳半

2020-12-07 09:32:33 | 2020シーズン
12月に入り、薪ストーブ、ペレットストーブ、ガスファンフィーターなど総動員して、換気をしながらも寒くないよう営業しています。

四畳半の展示は、常設の作家さんでもある赤平千津子さんの『森のかけら展』


町の散歩道、山道、あぜ道、お庭いろんなところで赤平さんの目に留まった材料が、こんなにステキな作品になっています。

このリースに使われているユーカリの葉は・・・・など話を聞いていると、赤平さんの生活が垣間見え、植物を愛おしく思う気持ちが伝わってきます。

水引きも用意して下さったので、年末にリースに結んで頂き、お正月飾りとしても楽しんで頂けます。
カフェにお越しの際は、是非、ご覧下さい。










フライングリースはランプシェイドにもなりそう。
4種類の植物の蔦で出来ています。


こちらのブーケはドライになっていく過程も楽しめます。



定番の瓶入りの作品&ミニブーケ





大好評のとちのみこけし




赤平さんの挨拶文がまた良いのです


家時間を楽しめそうな作品が沢山並んでいます。
多くの方に見て頂きたいです。
コメント   この記事についてブログを書く
« 屋根の上のヴァイオリンコン... | トップ | 12月のNARYACAFEギャラリー »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

2020シーズン」カテゴリの最新記事