NARAYA CAFE のできるまで

歴史あるリゾート、箱根宮ノ下駅前で、古い建物を利用したカフェ&ゲストハウスをオープンするため、改装にはげむ日々を綴る

Shukuko Quilt 展示会

2022-03-08 14:30:39 | 2021シーズン
3月の四畳半は、シュクコさんのキルトの展示会です。

キルトとは、表布と裏布の間に綿をはさみ、3枚を重ねて縫ったもののことです。
シュクコさんが手がけているのはモダンキルト
キルトに魅せられたきっかけとなった本の展示もしてくれました。


今回の展示は、作品の販売にとどまらず、Shukuko Quilt作品が生まれる背景、シュクコさんの想いが伝わってきます。
シュクコさんの15年が詰まった自由研究のような一枚




シュクコさんのキルトに使われる布は、すべて植物で染められています。



この彩りすべてが、自然界のもので染められているとは本当に驚きです。
なんともいえない色合いは、何回も染めることによって作り出されます
時間がかかることだろうな〜と思います。



そうして染めた生地をバランスや色を決めて配置し、作品にします。


シュクコさんが感銘を受けたアフリカン アメリカン キルト


アフリカからアメリカ南部に連れてこられた厳しい生活を強いられた人が生活必需品としてつくられました。
何世代も大切に使われたそうです。


染めた布の切れ端まで大切に使って作品を生み出すシュクコさんの姿勢にその精神が生きているように感じます。
そんな小さな布のかけらを使ったアートフレームもとても良いです





シルクのハンドウォーマー



手を通してみると、優しいものに包まれた気持ちになります

カディコットンのヘアバンド



毎日活躍中
このヘアバンド、長時間つけてもどこも締め付けがなく、大変気に入っております。


クッションの配色も是非見て下さい


メリノウール100%のマフラー
薄手なので、春先も使えそうです


リネンガーゼストール


こちらは柿渋染め


リネンポケットティッスケース
プレゼントに〜




湯たんぽ&湯たんぽカバー
刺し子のほどこしも
こんなに可愛い湯たんぽは初めてみました


ポットマット
使わないときは壁掛けに



こちらは暖簾の色見本


巻きもの好きな私はうっとりしてしまいます

そして、ラッピングまでShukukoスタイル



ワックスペーパーを塗って、タグを付けてあります
自分の作品を購入してくれた方へ、そして作品の素材すべてに対するシュクコさんの気持ちを感じます

最後にシュクコさんが隔月で発行しているShukuko Journal
畑仕事のこと、キルトのこと、草木染めのこと、そして、シュクコさんの人柄が詰まった読み物になっています


この冊子が入れてあるのもキルト


3月末までの展示となります




コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« 2月の展示 はるのあしおと | トップ | 3月のギャラリーは宇宙です »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

2021シーズン」カテゴリの最新記事