NARAYA CAFE のできるまで

歴史あるリゾート、箱根宮ノ下駅前で、古い建物を利用したカフェ&ゲストハウスをオープンするため、改装にはげむ日々を綴る

7.8月のギャラリー

2020-07-09 14:46:38 | 2020シーズン
今月、来月のギャラリーは

もくのすけ(鈴木友子さん)
小林木工(小林じゅんのさん)
の女性2人の木工2人展です

NARAYA CAFE SHOPの常設の作家さんでもある、もくのすけさん
木工のろくろ作品を作られています

回転する機械に木を固定し、自作の刃物で削って作品が生み出されます
お盆のような大きなものから、ピアスのような小さなものまで断面が丸いものがもくのすけさんの作品

木の個々の色、木目が美しい木ままの木


びんしき


一尺たも皿


彫フォトスタンド


お椀 各種


花器


上棟杯


お弁当箱


木の家 中に小物が入ります

その他、アクセサリーも





吹き漆の仕上げまで、自分で行っています
年を重ねてきせいか、漆塗りの作品が良いなあとしみじみ感じます。

小林じゅんのさんは、寄木作品からミニチュアの和家具まで
とても丁寧な仕事ぶりが作品から伝わってきます。


矢羽根盆 矢羽根ミラー


六角小箱 大中小あります


葉っぱの箸置き


スミキリ盆


しずく カードが入ります


名刺ケース
手鏡

こちらは豆家具



引き出しまで気持ちよく開きます

なんて細かい手仕事なのでしょう
うっとりします





小林さんは、東京都出身
鈴木友子さんは、兵庫県出身

江戸から続く小田原、箱根の木工技術に魅了されて、こちらに移り住みました。
技術を習得し、独立され、現在に至ります。

作りたいと思う自分の作品をこうして作れるようになるには、たくさんの積み重ねがあったのだろうと想像します。
2人の女性木工作家さん、かなりカッコいいです。
コメント    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« がま口展〜EMO〜 | トップ | 箱根登山鉄道再開しました »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

2020シーズン」カテゴリの最新記事