NARAYA CAFE のできるまで

歴史あるリゾート、箱根宮ノ下駅前で、古い建物を利用したカフェ&ゲストハウスをオープンするため、改装にはげむ日々を綴る

今年の駅伝は雪かきから

2015-01-06 07:16:49 | 2014シーズン
比較的長めだった年末~正月休みが終わって、ブログ読者のみなさんもいつもの生活に戻っていることでしょうか?

今年も箱根駅伝、ドラマがありましたね。
青学優勝おめでとう。
何年か前、青学の一年生の子たちが足湯に寄っていった気がするけど、その中に「第3代山の神」もいたかなぁ、、、と思い返しています。

さて、いつものように交通規制を見越して早めに店にきて準備をはじめましたが、前日元旦に降った雪が積もり、寒さでバリバリに凍っていました。



今年の箱根駅伝の日は雪かきから始まりました。
雪かき好きの僕としては、今シーズン最初の雪かきやりたいところでしたが、



今日は大学時代のボート仲間が多数手伝いに来てくれる日。
男手はたくさんあるので、助かりました。



女性陣はおにぎりの準備を開始。
ボート部時代、クルーによって発艇時間の異なるレースの日にはおにぎりが付きものでした。
いわば僕らボート部員にとってのソウルフードです。
駅伝選手達を見ながら、大学スポーツに打ち込んでいた頃を思い出しました。




いつものことですが、選手通過時刻になると足湯はすっからかんです。
そこで僕は、この日唯一の「店主らしい仕事」店番をします。
この間に、焼き芋を仕込んで、お客さんがどっと駅へと上がってくるときに焼き上がるようにします。



僕はこのアングルから駅伝観戦しました。




おっ、日大のダニエル




その後、選手が全員通過してからゴールまでの間が最も盛り上がる時間帯なのですが、今年は前日の雪で交通が乱れた影響もあってか、例年と比べて観戦客は少なめでした。



お客さんが切れ始めてからは、足湯で宴会です。
今回はうちの子とボート仲間の子ども達も立派な戦力として手伝ってくれました。
写真は酔っ払ったおじさんが「ワイン飲んでみる?」と子ども達をからかっている図

駅伝選手と仲間達から元気をもらい、今年も頑張れそうです。

新NARAYA計画についても随時、情報発信していきたいと思います。

コメント (2)    この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
goo blogユーザーが出品しています
他の出品作品をマルシェルで見る
« NARAYA pod化計画(&求人の... | トップ | ミャンマー旅行記1(東京編) »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (かつき)
2015-01-06 23:54:54
今年はお手伝いに伺えず残念でしたが、おかげで(?)じっくりテレビ観戦できました。でもやっぱり現場がいいですね。来年はまた伺わせていただきたいと思います。
本年も宜しくお願い致します。
ありがとう (えみ)
2015-01-07 15:48:31
来年も五区は見応えありそうです。
お手伝い組に青学ボート部の子もいて、盛り上がりました。
またお待ちしてます。

コメントを投稿

2014シーズン」カテゴリの最新記事